【ランキング】更新したい峠 ベスト10

0502_TL.jpg

●難易度

難易度:S
どうやって更新して良いかわからないレベル
過去に自分としては満足な自己ベストを記録しているコース
遅いと自覚しながら『登れるオレ』を捨てきれない元凶でもある

難易度:A
5~6月にしっかり練習すれば更新できるレベル
好調時にイメージどおりの自己ベストを記録しているコース
ここで満足したら、クライマーとしてポンコツで終る

難易度:B
準備を整えれば今すぐ更新を狙えるレベル
風向き・気温などの運も必要で、今最も熱いコース
前日にビールに留める(焼酎禁止)など、一定の対策をすれば更新可能である

難易度:C
TTすれば必ず更新できるレベル
長期間未挑戦で大幅更新が確実なコース
『強くなったオレ』という幻を見る可能性があるので挑戦を禁止している



●ランキング

10位:多武峰
ベスト10と書いたけど9コースしか思いつかないのでとりあえず選んだ
直線が長くて路面がキレイなコースが好きであるが、9位までとの温度差がある
ぶっちゃけ10位は多武峰じゃなくても良い

09位:清滝峠
ヒルクライムの能力が低くてもパワーで何とかなるところが素晴らしい
登るだけで記録も順位も大きく更新する可能性がある魅惑のコース
ベスト10で最も私をダメにするであろう峠なので、現在はTT禁止

08位:葡萄坂
金剛RWの帰り道、三郷から足を伸ばすなど『ついでに登る』コース
13分57秒を記録しているが、155回の登録で15分を切ったのは2回だけである
ブログのネタ『葡萄坂攻略マップ』を書き換える為に更新を望んでいる
だが、調子が良いと十三峠に行くのでガチTTの予定は無い

07位:勝尾寺
私のヒルクライムはここから始まっている 初登録は妙見山だけどw
練習を重ねて記録を更新しようと思ったはじめてのコースなので思い入れがある
思い入れはあるが、わざわざTTに行く程でもない

06位:大正池
毎回同じ記録が出る謎のコース
過去に3回挑戦しているが最大で7秒の差しかない
成長を確かめる意味で登ってみたいと思っているが、挑戦は2年に1回で良い

05位:金剛山ロープウェイ
32分を切って有頂天になっていたが、最近『それほどでも無い記録』と気がついた
空騒ぎに気がつくと、まぁまぁ恥ずかしいので更新しても騒ぐ事はないだろう

04位:十三峠
16分台を記録した瞬間から興味が無くなったような気がする
しかし、生駒のヒルクライムブログと十三峠はセットである
クライマーの聖地って誰が決めたんだろ?迷惑な話である

03位:鉢伏峠(80号)
この峠は自分の課題を見つけ易いレイアウト
メンタルがタイムに現われ易く、張り切りすぎてもビビってもダメ
更新の秘訣は『賢者の走り』である

02位:大台ヶ原(河合~辻堂山)
ここで大風呂敷を広げたから、こんなにも苦労しているのだ
既に『更新したい峠』ではなく『更新しなくちゃいけない峠』である
85分とか無理な宣言しちゃうと大変だw
ホント、85分にしとけば良かったわ・・・

01位:信貴山(三郷ルート)
ヒルクライムの最終目標は三郷9分台


考察
能動的に挑戦したいのは金剛山RWと鉢伏峠(80号)だけのようである
この連休にどちらか一方でも更新できれば良いのだがw


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

鉢伏峠(80号)を登ってみた

日々の練習に比例して、タイムが更新できればヤル気が出る
しかし、思い通りにいかないのがヒルクライムだと思う

三郷のみを登り続けた場合、5月に58本登ると6月に更新ラッシュが来る
これは過去のログを分析した結果、導き出された答えである
先日のどか村まで50本しっかり回すと書いたけど、実は最低60本だった・・・
速くなるってたいへんだなΣ(=ω= ;)ゲッ

色々な場所を走って、経験値を上げた方が良いというのもわかる
だが、やはり遅い奴はドコを走っても遅いと思っている
私の場合『今日はドコを走ろっかな♪』と考えているヒマがあるなら練習した方が良い
ドコを走っても遅いのだから、グダグダ言ってないで登れというのが持論
だから4月は三郷にこもった

でも、速くなった経験が無いから確証は無いし、誤りを修正するなら早い方が良い
たまには、少し距離のある峠を登ってみる事にした
現在、更新確実な峠を登って速い気分を満喫する事を禁止している
だから、近くで要件を満たす峠は、金剛RWと鉢伏峠(80号)しかなかった

鉢伏峠(80号)を18分台で登れなかったら、長距離を増やすかな・・・
東紀寺3交差点をスタートして、しばらくは緩い勾配が続く
奥山ドライブウェーの入口までは50T×17~21Tくらいで様子を見る
息を乱さなくても進むギアで一番重いのを選べば良い 50T×23Tを使う日もある

とにかく岩井川ダムの勾配にビビッて『前半に稼いどこう』と考えると後半失速する
岩井川ダムの登りにしたって直線だからインパクトがデカイだけで3分登ればピークに到達する
スタートからぶっ飛ばして、気合で岩井川ダムを乗り切ると後半は盛大にタレる
それより、岩井川ダムを下り終わった後に50Tを使える足が残っているか否かがポイント
後半の九十九折れに入るまでの緩斜面区間で伸びるか止まるかで結果は大きく変わる
そういうコースなのだ

疲労が蓄積している時は、春日病院までの緩斜面で50T×23Tが重いと思う事がある
こういう日は足掻いても20分オーバーだから、記録を気にせずインナーでしっかり回せば良い
幸運にも29日は休脚日明けで足が軽かった
ドライブウェーあたりからは追い風まで吹いて私をピークまで運んでくれた
通過タイムは8分くらい 息は少し乱れているがゼェハァには至っていない
ポイントとなる緩斜面区間は50T×23Tで通過した
さんさいの里くらいでタレはじめ、ドコモの電波塔で力つき最後の平坦で追い込めなかった
ラスト500mの平坦で1分かかってしまったが、5月にしっかり練習すれば改善されるだろう
結果は18分34秒で、追い風の分だけ更新できた
でも速い人は皆17分だよな・・・ と考えながら帰路についた
ただ、疑問については一定の答えが出たから三郷を中心に練習を続けようと思っている


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロジェクト大台ヶ原_009(練習メニューを変える時期だ)

次は5月末までに11分切りを目指す事になる
でも『5月に三郷を100本登ると11分を切れるか?』と言うと難しい
同じ練習をしていても、同じタイムしか出ないのでw

三郷とは別の長いコースを走らんとアカンという事でもない
長距離を混ぜた方が効率的だろうけど6月以降で十分だ
50~60本でも良いから、のどか村までしっかり回す練習をしよう

達成すると嬉しいだろうが、三郷コース10分20秒は副次的な物だ
長時間回すという主目的を達成した上で、短期で出し切る集中力が欲しい

何にしても『乗ってれば、そのうち速くなるだろう』という時期は終った
そろそろ練習を変えないと11分前後で滞留するのは、経験則でわかっている

『2~3ヶ月に振り返れば少し更新している』などはレベルの高い人の話
悠長に同じような事を言ってると、何時までたっても追いつけない
遅いローディにはデッカイ伸び代があるのだから、削れるタイムはサッと削ってしまおう
大台ヶ原まで4ヶ月しか残ってないので、ノンビリしてられないわ

0428_WT.jpg

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロジェクト大台ヶ原_008(なかなか更新できない)

0424_WT.jpg

このプロジェクトを立ち上げて42日が経過した
更新のペースは最初の想定どおりだから、遅れて焦っているワケでは無い
進捗に合わせて計画を調整している程度だから順調と言っても良いだろう
低レベルではあるがグラフは右肩上がりだし、このままいけば80分切り!
やったねザクさん!

でも無いんだなコレが・・・

何故なら当初の予定より随分多く練習しているからだ
先に進捗に合わせて計画を調整と書いたけど、それも正確ではない
計画に合わせて練習量を調整しているという表現が正しい
11分30秒は楽に到達できる通過点としか思ってなかったのだ
ところが蓋を開けてみると思ったほど記録が伸びない
例えば三郷11分20秒 計画では4月に三郷50本で到達できるはずだった
しかし、既に68本登っても5秒足りていない
練習するのが嫌って意味では無く『どんだけ乗らんとアカンのや?』とビビッっているのだ
大台ヶ原の時に10分20秒を記録するのだから、今から65秒更新しなくてはいけない
逆算すると11分を切るくらいまでは何の苦労もしたく無かったというのが本音である

思い通りにいかないものだな・・・ ヒルライムって・・・


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

パワーメーターを考える


先日のブログに、ちょしさんから『パワーメーター付けたら効率的に練習できるぞ』というコメントを頂いた
今年の伊吹山ヒルで入賞した猛者の金言を無視するワケにはいかんよな! 
ザクさんは長いものに巻かれる主義だからm9( ゚Д゚) ドーン!
そのような事情で今回は、パワーメーターについて書いてみようと思う

よく解からんモノに大枚を叩いてられんわ(´ω`)
これが、現状である・・・
周りでも付けている人は大勢いるし、価格に見合った効果もあるのだろう
でも『だろう』で購入できるほど安いものじゃないんだよな・・・
『解からん』と言っても、『それ美味いんか?』というレベルではない
数値を見る必要性は理解しているし、そもそも数字が大好きだw

●パワーメーターを装備すると、記録が更新するか?
これは間違いなく更新するだろう
私はパワーメーターを、自己分析ツールだと思っている
十三峠17分切りの時にペース配分について一生懸命考えた
短期で実力が上がったのではなく、更新のコツをつかんでの達成だった
おそらく、このコツを数値化してくれるのがパワーメーターなのだと思う
通過タイムを秒単位で分析して登り直せば、しばらくは更新ラッシュ確定だw
だが、現段階でそれが必要か?といえば否である
それは、十三峠17分切りの正直な感想が、肯定的では無かったからである
ちょっとしか無い地力を薄く引き伸ばしただけだ・・・
このままペース配分を煮詰めても伸び代はしれてるから練習方法を変えないとダメだ
高い金を払って目先の10~20秒は要らんわ 実力が欲しいんだ!オレは!


●パワーメーターを装備すると、実力がアップするか?
アップするような気がする こちらは重要!力が欲しいw
『180bpmで30分走ったった!』これは、心拍計を装備していていればわかる事だ
ちょしさんが言う『パワトレもどき』がコレに相当するのではないだろうか?
腕時計から心拍計&サイコンになるだけで随分違う事だろうw
あまり金がかからなのがメリットだ!
しかし、弱点があるから『もどき』なのだ
弱点は、たとえ180bpmで30分という結果が出てもその理由がわからない事だと思う
減量によるものか?ペース配分による効果なのか?
パワーメーターなら、データを積み重ねる事で、理由を数値で表現できるのだろう
理由が数値化されれば、やるべき練習がハッキリするから効率が良いのだ
これは大変魅力的である!


腕時計だけじゃ限界があるだろう?買っちゃえよ!
そう簡単にいかないのがパワーメーターである
冒頭で記したとおり、高価である事が1つ目の理由である
ニューバイクは購入するだけで速くなる 
単純に軽いとか物理的な理由で、簡単にベストを更新できた
だが、パワーメーターは使いこなさなくては意味が無い
猫に小判・豚に真珠・ザク豆腐にパワーメーター
何とも残念な組合せである・・・ 
高機能を使いこなせないような気がしてならない
文章を読み返すと『だろう』とか『思う』が多いしw
年賀状印刷の為にハイスペックなパソコンを買うオッサンと同じ臭いがする
使ってれば何となく理解できるような気がしないではない
しかし、お試しで購入するには勇気が要る価格なのだ


まぁ、ここまでは知識不足で括って良い内容である
解からんのなら勉強しろよ!という声が聞こえてきそうだw
それより、問題はコチラである

0417_PW.jpg

これは、三郷の登坂回数を表にしたもの
登っているのは三郷だけではないが、私のモチベーションが見てとれるようだ

 2014年:平均くんに勝利するまで練習 後サボる
 2015年:富士ヒル・熊野古道ヒル後サボる
 2016年:富士国際・大台ヶ原後サボる
 2017年:菰野ヒル後練習開始

レース前に焦って練習して、終ると乗らないの繰り返し
これが、アスリートとオタクの違いという奴だ
オタクにとってレースはRPGみたいなものだ
労力を惜しまずレベル上げをするが、ラスボスを倒すと嘘のように止めてしまう
目的が『向上心』なら続くだろうが『クリア』だから続かないのだな おそらくは・・・

私の課題は『練習の継続』であって『練習の効率』の域に到達していないのではないか?
今までも2ヶ月経過したら極端に登坂本数が落ちてるよなぁ そっちの対策が先だろ?
そんな気がするのだ
実際は更新が滞る前に練習が嫌になるというヘタレっぷりを対策しないとアカンよなぁ

ただ『継続』と『効率』は別タスクで考えても良いだろうな
『効率』的な練習を『継続』すれば良いのだから

どちらにしても、パワーメーターを検討するには知識が乏しすぎる
勢いでポチれる価格でも無いし、ゆっくり調べてみようと思う

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR