ProjectDJTP_016(ダンシングを考える)

通過タイム
【記録】17分58秒
 Sec1 04分15秒(04分15秒)
 Sec2 09分28秒(05分13秒)
 Sec3 13分30秒(04分02秒)
 Sec4 17分58秒(04分28秒)

Sec3で追風に背中を押してもらって3秒更新できた
更新しないとDJTPは無いので嬉しく思うが、18分切り達成という喜びは無い
現在の目標は17分41秒を上回る事で、トプローさんが更新すればこの数値は変化する
今回、注目したいのはその登り方である

前日の話になるが、葛城山の塔原・蕎原を登っていた
簡潔に説明すれば下記の内容であった
7葛の応援に行った時に塔原できゃのんに100秒差をつけられた
Bassoでリベンジに成功して小躍りしているところに、蕎原からきゃのんが凄いスピードで登ってきた
即にリベンジを!と蕎原に向かったが返り討ちにあった

いや、疲れているのに十三峠を更新した立派なオレ!という話じゃなくてw(褒めてもええけど!
塔原・蕎原という激坂を100秒以上更新したその登坂方法を十三峠に取り入れたらハマったという点がポイント!

葛城山挑戦を目前にした水曜日・木曜日の2日間ローラー練習を行った
嫌いなローラーを2日も頑張って気付く事が無ければやめようと思っていた
しかし、いつもと違う練習をすれば気付く事などあって当然である
葛城山ならどのコースでも1分は更新できると確信していた
フル装備でサラ脚の場合、葡萄坂14分30秒・十三峠17分45秒くらいで登れると思っている

結論から言うと、塔原・蕎原・十三峠でダンシングを使っていない
蕎原で要らんのだから塔原・十三峠でも要らんという事になる
個人的には勾配が20%以下ならシッティングの方が登りやすい
もともと、疲れて回せない時に体重で踏みつける下手くそなダンシングしかできない
負荷分散の観点から取り入れていたが、余計に疲れるだけだからやらんほうがマシだと気付いた

勿論、ローラー練習にそこまでの即効性は無い
2日でダンシングを捨てるほど急激なパワーアップはしないw
では、何故そのような結果に至ったのか?
ローラーでは心拍数150~160を継続するという練習をしている
150が近づけば頑張り160を越せばサボるというだけの練習である
パワーメーターもケイデンスメーターもスピードメーターも無い
つまり、心拍数さえ150に保てれば何でも良いのだ!
私がとった方法は重心を前に置いてハンドルを強く握るという方法だったw
面白いように心拍が上がって150を保つに役立った
ペダリングは何も変わってないのに(笑)
心拍が上がるとハンドルから加重を減らして下がると増やす
これを30分繰り返した
私の場合、心拍を上げずペダリングを継続する為には下記を心がけると良さそうだ
 ①ハンドルに加重をかけない(体幹で支える)
 ②ハンドルを強く握らない
 ③体幹が疲れると腕で体重を支えたくなるので無駄に体幹を消耗する動きはしない

こうして、私のヒルクライムからダンシングが消えたw
負荷分散は座る位置の変更とペダリングで分散できる
また、心拍150~160くらいのしんどさで30分は我慢できるのだから、それくらいの強度で蕎原を登れば良い
ギアを余らせてダンシングする必要など無く、シッティングで28Tを回せば良い
28Tで回せないのは、稼ぎどころ!とばかりにパン屋の前をぶっ飛ばすからだw
150くらいのしんどさで回せるギアを選べば良い!
私にとって、ダンシングは150を乱す要素でしかない

いや、違うだろう!というのもわかるが、PDCAのPが『心拍数150で30分』だから今はこれで良い
余談だが『次は40分を目指す』とかにはならないだろうw 
十三峠という20分弱のコースに目標を絞ると、40分継続する練習は最優先じゃない
30分の中に解決すべき課題はたくさん残っているから!

勿論、武器は多い方が良いから、ダンシングを練習するのもひとつの手だとは思う
でも、今は『どうすれば心拍数を上げ過ぎずにゴールできるか』が課題だからダンシングは要らない


ProjectDJTP_000(まとめ)

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ProjectDJTP_015(ハイケイデンス発動)

水越東のコンビニには大勢の悪ノリ軍団が集結していた
これから戦いをはじめる私よりずーっと速いギャラリー達である!
はじめましてのメンバーとご挨拶する事もできた
規格外のクランクを扱うマッドエンジニア senさん
激坂ハンターの名を欲しいままにする コーシローさん

そして、お話をさせて頂く中である情報を得る事ができた!
senさんは十三峠の頂上にある駐車場までニュートラルサポートカーで移動された
十三峠を下って、集合場所のコンビニに移動する途中でトプローさんを見たと言うのだ!
ほう、アップか・・・ 
だが今日のSLR01は一味違うんだよ・・・ 体調の良い時に出直すんだな(_´Д`) アイーン
煽るだけ煽った後で3名を残して悪ノリ軍団は十三峠に消えた
見えない場所まで移動した後でニヤけているのだか 笑っているのだかヽ(`Д´#)ノ
おまけに、ヤツラの思惑どおり緊張してきたやないかヽ(`Д´#)ノ

緊張ついでの対戦相手を観察してみるとするか・・・
トプローさんは体調不良らしいけど、妙に勝負強いトコがあるから要注意やな・・・
おやじ転車さんはオーラが既に速いし・・・
穏やかな人柄の奥にある凛とした存在感がビリビリと伝わってくる
このオーラはしんいちさんと同じ種類やし勝負にならんな
中間ヘアピンまでぶっ飛ばして見せ場を作るかwww
考えが纏まらないまま大竹7までゆっくり移動して、静かなスタートを切った!

そして、ジェラート店を通過する頃に勝負はついた(+_+)
そもそも無理! 無理なものは無理! ムリムリムリ!

ついて行ったら損しかせーへんスピードやないか( ゚Д゚)
おや自転車さんは行ってしまった・・・


しかし、それは大きな問題ではない!
体調不良のトプローさんをしっかり叩いて苦手意識を植え付ける事が今日の命題である!
勝負に合わせて体調を管理するのもクライマーの実力ってものだぜ!
気の毒だが戦いは非情なものさ・・・ 先に行くぜ ボーイ

ここで奥義を発動する事にした!
ハイケイデンスで突き放す作戦である!!!
勝機は我に有り(`・ω・´)シャキーン
勿論、自信と根拠があっての事だ! 
根拠!それはSLR01のポジション変更であるw
実はこれまでシート位置が高すぎるまま放置していた
踵が全くペダルに届かない高さであるためペダリングの度に重心が左右にブレていた
それをカバーする為にシートの前のほうに座っていた
またそれを支える腕に無駄な力が入っていた
適正なポジションに戻すことで、上半身を安定させてハイケイデンスを実現する事ができるという理論である!
具体的にはシートポストを5mm下げ、シートの移動に合わせてハンドルを1cm下げた
前日の夜に( `ー´)ノ

賢明なる諸兄はお気付きの事だと思いますが、ザクさんにフラグが立ちました
結論から言うとポジションは簡単に変更できるけど、フォームは簡単に治らないというお話・・・
よく考えたら前のり用にシートを前方に設定したままだしw
フォーム以前にギアの選択もそのままだしw
シートを下げた状態で、前のりになって重いめのギアを選択するとどうなるか?

太ももの表側だけで登らんとアカンのかいな( ゚Д゚)
トプローさんは行ってしまった・・・


アカンなコレ・・・ 疲れる登りしかできないし下山して帰ったろうか?
いやいや、ホラッチョ豆腐を凌駕する改名が必要になってしまうな・・・
そして私はゴールまでたどり着いた! 19分36秒という記録と共に!
こうして三つ巴の戦いは、競い合う事すら無く幕を閉じたのであった!

今度は悪ノリ軍団に混じりたいものですなw
誰か対決しないかなwww

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ProjectDJTP_014(敗者なき戦い)

『人間にとって成功とはいったいなんだろう?結局のところ、自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、努力したか、ではないだろうか』
これは岡本太郎が残した名言である

自分の力不足を知る事がトップクライマーへの一歩目であると私は信じる
夢という名の頂きへと続く峠道を進む姿に勝ちも負けも無い
そう、これは敗者なき戦いの記録なのだ( ゚Д゚)ムハァ

4時30分にセットしたアラームを待たずに目を覚ました
カーテンの隙間から確認した道路は所々乾きはじめていた
そして少し考えてみる

う~ん 何故このような展開になっているのだろう?
FRAT錬におやじ転車さんが参加にされるので行ってみよう(^^)/
それだけの事だったはずである・・・
何故、おやじ転車さん VS トプローさん VS ザク豆腐の対決みたいな事になっているのだ?
まぁ構図は理解できる
おやじ転車さんとトプローさんがライバル
トプローさんを目標にするザク豆腐
しかし、コレで三つ巴の争いが成立するかと言えば否である
裏で『これは戦いである』と吹聴する悪ぅ~~~い仕掛け人が必要なはず(-_-メ)
私が思うに諸悪の根源は、幇助犯がヤス吉会長とれすとまんさん、そして影の主犯がはるさんなのだ!
れ:伊吹山も終わったし直接対決に行けばw
ヤ:おやじ転車さんがFRAT錬に来るよ 対決やなw
これを周りが面白がって騒ぎ立てた
しかも、あおった2名が不参加とか笑わせるなw
多くの人がこのように解釈している事だろう・・・

しかし、これくらいの噂なら何とでも対処するのがザクさんである!
今回それが出来なかったのは何故か? 時は先月に遡る
葡萄坂のゴール地点で私ははるさんとお話していた
 は:SLR01軽いですねぇ 明日のFRAT錬に来て下さいよw
 ザ:はい、起きれたら行きますねw
しかし布団峠を越えられなかった私はDNSをしてしまう・・・
これが『ザク豆腐 イクイク詐欺』と認定されてしまったのである
更に伊吹山対策でFRAT錬に参加したsenさんが『待ってたのに!』と援護射撃!
次にDNSすると『ホラッチョ豆腐』に改名を迫られる状況に追い込まれていたのである!
おやじ転車さんも『ライバルに挑戦する若い芽を摘んでおこう』などと企んでいるはずがない
皆で楽しく登って十三峠を更新するくらいの気持ちだったと思う
トプローさんに至っては毎週開催している朝練がいつの間にやら戦場と化している状況なのだw

成り行きとはいえ、勝負するなら一太刀浴びせないといかんな・・・
妙な闘争心が沸いているが、実力が及ばない上に寒いと調子が出ないのは目に見えている(´;ω;`)
だが心配は要らない!
SLR01はには18分を切る為の秘策が仕掛けられているのだ!
5時を迎えようとする頃、SLR01は決戦の地を目指して静かに動き出したのである
つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ProjectDJTP_013(返り討ち)

伊吹山も終わったことだしホイールを元に戻す事にしました
でも、その前に行っておきたい峠がありました
そう、みなまで言うな!十三峠でございますw
さては、全力で登ると17分40秒という予想を証明するつもりやな!
いえ、違います!
追い抜かれないと本気を出さないトプ師匠のお尻に火をつける為だけにw
私が17分40秒を達成すれば『ホーム過ぎて挑戦しない』とか言うてられんようになるはずです!
金曜日は休脚したし、ビールも2本しか飲んでません! 土曜日の好調は確定しています!
金剛山RWを2本目で追い抜かれた借りを返さないといけません! お釣りをつけてw

しかし、過信は禁物です
フラワーロードで足を使わないように25号線から向かいました
水越東のコンビニでレッドブルでドーピングを済ませ大竹7に移動して時計をリセットしました
34×19Tくらいでスタートしたと思います
登りはじめると調子も良く無理に抑える必要も無さそうです
Sec1の通過は4分15秒 ちょっとハイペースですが随分余裕があるように感じました
飛ばしすぎに注意して慎重に中間ヘアピンを目指します
9分40秒くらいで通過できると最後までタレずに登れるでしょう
オーバーペースは厳禁やぞ!
焦らなくても記録は出させるさ!  
自分をコントロールできてる クレバーな俺w
見る迄も無いけど、中間ヘアピンのグレーチングで時計に目を落としました
ほら、9分05秒・・・ あれ?

いや・・・オレ抑えたよな・・・
このペースだと17分切ってしまうぞ!
不覚・・・このザクの目を持ってしても己の成長を見抜けなんだか!
ふっ、オレの予想もアテにならんな・・・ 
目標にしてたけど追い越す時はあっさりしたものやな・・・
今日のブログは『ありがとうトプローさん あなたのおかげで速くなれました』で決定かw
ここから先は景色に惑わされずペースを刻む事が大切です
そう、確実に・・・ あれ? しんどいぞ?
これはマズイ・・・ 
うわ・・・ 水?地蔵までにアドバンテージを全部使い切ってしまったぞ・・・
使い切ったというより『ザクさん終了のお知らせ』やないか・・・
でも、ここまで頑張ったんやから18分だけでも切りたいよな・・・
でもSec3だけで35秒も吐き出す状態でペースアップできるはずがありません
府民の杜から18分を切りを狙う為にを貯める事にしました
全然クレバーなクライマーやあらへんな・・・
スプリントに向けて府民の杜で確認すると、16分45秒でした
これは・・・ 届く!
ギアを2枚あげて全力で進みました
駐車場が見えてからは更に1枚上げてダンシングでゴールを狙いました
ゴールに飛び込むと同時に時計を止めました
18分01秒
う~ん、あと2秒くらい何とかならんかったんか?
誰が見てもそう思う記録ですが、府民の杜からは限界ですし水?地蔵から貯めが無いと18分切りを狙う事すらできません
前半のペース配分とSec3の失速が全てでしょう
毎回同じ事を申しておりますがw
しかし、17分40秒を狙ってて、あと2秒がどうのと考えるのもアホらしい話です
ここは真摯に記録を受け止め次回挑戦に備えましょう
チラっとパワーメーターが頭をかすめましたが、メーターに残念な数値が表示されればやる気を無くしてしまいそうです
やっぱりトプ師匠は速いなぁ などと妙に納得して腹癒せに暗峠(奈良)、三郷、信貴山を更新して家路につきましたw


そして翌日の日曜日!
前日に『真摯に記録を受け止め』とか言うてたけど、どうにも納得がいかない私はリベンジの為、十三峠に向かいました
中間ヘアピンを9分45秒で通過したものの、やはりタレまくって残念な記録に終わりました
記録は出ませんでしたが、頂上でチョップさんとお話できて良かったです
うん、やっぱり鍛え直さないとダメですな!
こうしてSLR01はDT SWISS R20に戻ったのであります
ProjectDJTP_000(まとめ)


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ProjectDJTP_012(伊吹山も終った事だし・・・)

まずは下記を御覧下さい

ゴトーさん
 2015/10/03 14:45(葡萄坂)
 2015/10/31 16:45(十三峠)
コンソメさん
 2015/04/19 14:54(葡萄坂)
 2015/05/06 17:39(十三峠)
ザク豆腐
 2016/04/03 14:46(葡萄坂)
 2016/03/12 18:29(十三峠)

ストラバがメインだと思うし登録時期も違うから、これを基に実力云々を分析しても意味がありません
注目すべきは1ヶ月の間に2つのコースを登録している事とその内容です

十三峠の記録
ゴトーさん
 2015/10/31 16:45(葡萄坂比: 1.14倍)
コンソメさん
 2015/10/31 17:39(葡萄坂比: 1.18倍)
ザク豆腐
 2016/03/12 18:29(葡萄坂比: 1.25倍)

十三峠は4.0Kmしか無いショートコースなので、脚質は決定的な差とならないでしょう
全力で登ったら、葡萄坂比:1.2倍くらいで登れるような気がするんですよね

14分46秒 × 1.2倍 = 17分43秒

トプローさんが17分42秒で登録しておられるので近い記録が出ると思います
勿論、トプローさんのは去年の記録なので私が先にフル装備で登ればの話ですがw

現実的なところで、DT SWISS R20に戻して18分を切れるかが基準になりますね
本当のチャンスは私の調子が最も上がる真夏に来ると思っているので!

現在のフル装備ガチTTはトプローさん17分15秒、私が17分40秒くらいではないかと予想しております

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR