スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新フォーム模索中 ~その1~

どうも、ザク豆腐です!

最初に言い訳しておくが、これは平均くんに到達するにはどうすれば良いかを自分なりに考えた経緯である。
速い登り方は知らないし、私が教えて頂きたい!
ザクさんもいろいろ考えてるね!そういうの好きなんだね!という広い心で読んで頂きたいW


ヒルクライムで強くなるには練習が必要である。
ローラー・実走・体幹トレ、など方法は様々で、環境や目標によって自分で計画を管理する。
私にとってのヒルクライムの楽しさは計画を遂行する普段の練習で速さはその証明。
つまり相対的な順位が指標ではなく現在からどれだけ速くなるか?が重要という事になる。

そしてどのような計画をたてても自転車に乗るという練習をしなくてはならない。
ローラーを中心に練習する人は天候や気温に左右されず安定した条件で練習する事ができる。
空き時間を有効に利用しながら正確なデータを検証つつ確実に計画を遂行する。
正しい計画と実行する強い思いがあれば確実に速くなるので最も効率の良い練習方法と言っても良いと思う。
おそらくローラーと実走の併用が最強で、効率的な練習の成果を確認しつつ次の計画を立てる事ができる。

対して私は実走派である。というか早朝や深夜にローラーを回せない環境なので実走しかない。
事故、怪我、天候、気温 不安定な要素を抱えつつ日も昇らないうちから山に出向く。
風が強いとか、道が凍ってるとか、その時にならなくては練習の負荷が決まらない。
ローラーと比べると準備にも時間がかかり効率が悪い、ただ外を走るのは楽しい。

楽しいのは歓迎だけど、不確定要素が多い分ローラー組や併用組に遅れをとってしまう。
だったら実走組にアドバンテージは無いのかを考えてみた。
たどり着いたのが上半身の使い方である。

もともと、上半身の使い方がどうとか言う前から自分に合ったフォームは模索していた。
昨年夏にはペダリングの矯正を行ってみた。
引き足と巻き足を意識する事で一定の成果を得た。 
引き足を上手く使う事で踏み足が軽くなるという単純な発想だった。
しかし疲れてくるとフォームが乱れグダグダになる しかも直ぐに疲れてしまう・・・

原因は大腿四頭筋(ふともも表)で踏み脚を、ハムストリング(ふともも裏)で引き足をみたいな乗り方になっていたからである。
そんな乗り方をしていると、大腿四頭筋がすぐにパンパンになる。

ハムストリングで踏み脚を、引き足は部位を意識せずお腹にむかって引き上げるようにした。
踏みつけていたものを、引き込む感じに変えてみたのである。
これは、踏むと疲れるから踏まないという発想からきているW
少しタイムが落ちたけど、本数登ってもタイムにバラツキがなくなってきた。
この登り方は遅いけど疲れにくいようである。
去年の秋くらいには安定して平均くんに勝てるようになってきた。

上半身がどうとか書き出すと長くなりそうですな・・・


続く・・・


 ↓ 独自理論全開WWW お手数ですがポチっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはー、疲れにくいフォームって難しいですねー。
でも何かの雑誌に踏み込む時には大臀筋を収縮させて大腿部を伸ばし、腸骨筋という筋肉を収縮させて大腿部を引き上げるイメージでするのが一番つかれにくいらしいですねー。大腿四頭筋やハムストリングは股関節と膝関節に跨がる2関節筋なのに対して、大臀筋や腸骨筋は股関節のみの1関節筋だからのようです。股関節と膝関節が逆の方向の曲がり方をするので、ペダルを回すときにはこの二つの関節を跨ぐ筋肉が収縮するときには干渉しあってしまい、効率が悪いというのが簡単な理由のようです。

また自分のブログでもこの点についてはもうすこし実践してみたらなんかメモとして書き残しておこうかなと思っています。

もんきちさん
コメントありがとうございます

むぅ…難しい話ですな!
腸骨筋って骨盤の裏から巻いてきてるやつですよね。
背中を使って乗ると楽であるという感覚があるのですが、理由がわからないんです。
今、肩甲骨の下を押し込むような乗り方を試しているのですが、実は反対側の肩甲骨を引っ張っ上げているという事でしょうか?
マニアックな記事をお待ちしております!

もんきちさんの尻筋理論、発売中のLUMINAに詳しく書いてまで。いろいろ興味深い記事になっとりますので、僕からもおすすめしときます。

一昨日から尻の神経を活性化させる練習で踏み台昇降をはじめましたが、あまりにも地味すぎてもう挫けそうです。

トプローさん
コメントありがとうございます
タイムリーなご紹介ありがとうございます
機材のカタログばかり見てないで勉強もしてみます(汗)
私は暗い事が好きなので地味な練習は得意ですよW

皆さん色々考えながら登っておられるのですね。
引き足を意識して漕ぐのが効率が良いと言うのは分かるのですがハムストリングスは意識して使うのが難しい筋肉なので中々意識と筋肉を連動させることが出来ず、斜度が上がるとついつい使い易い大腿四頭筋頼りになってしまっています。後半で疲れて頑張りきれないのはその辺りも原因なんでしょうね。
ハムストリングスや大殿筋、少しずつ使えるようにしていきたいです。

>トプロ-さん

あ、そうです。LUMINAっていう雑誌の今月号でした。

トライアスロン雑誌とか読んだことなかったんですが、今月はバイク中心の話だったので、読んでみたら、おもしろしくて当たりでした。

やまちゃん
コメントありがとうございます
皆さん理論的に登られていていてすごいです
私はいろいろ試すのが好きなだけで殆どがハズレですね
でも、誰かが教えてくれるので助かってます(笑)

やっぱりローラーいりますよね
夏のボーナスでかえるように
今から大蔵省にオデコこすっておきます

こんばんはー。。
フォームとか身体の使い方って難しいですよね。。色んな考え方や方法があるし、合う合わないもあるでしょうしね。。
しっくり来る乗り方が見つかるとやはり楽に速度を維持できたりするんでしょうかね?!

BENさん
コメントありがとうございます
ローラー買うとレーゼロが遠ざかるし、一気に両方買うと自転車は金がかかるという話に昇格するし悩ましいところですなぁ…
私ならレーゼロ買ってしまいそうですが、何せ先立つものが(涙)

れすとまんさん
コメントありがとうございます
未だにしっくりくるフォームが無くて、時々変えています
葡萄坂にカメラをしかけて皆さんのフォームを分析したいくらいですw
あるいはポジション?
いや、自転車のサイズがひとつ大きい事が問題でしょう!ここはひとつニューバイ…(涙)

No title

ハムで踏むってやつですね(^-^)
自分も表(ふともも)を使うとすぐに動けなくなってしまうので、なるべく裏の筋肉ばかりを使うようにしています。
それで大分マシになりましたが、自分の場合は
基本となる軸あが出来ていないのですぐに振れてしまいますね(^_^;)
ヒルクライムのペダリングは難しいです><
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。