スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトル・オブ・十三峠 ~前編~


5月28日(日)
自己ベスト連発のツケは翌日に訪れた
抜けない疲労と晴れた休日は組み合わせとして残酷である
だが、ノーライドには至らずフラフラとペダルを回しはじめた
焼け付く陽射しから逃れるようにコンビニに立寄り、モンスターエナジーを手に取ってみる
『カフェインを摂取したら脚が動くようになるかも?』そんな事を考えながらレジに向かった
先ほどから騒がしかったので、モメてるいる事は知っていたが会計に並んでその理由が解った
70歳くらいのジジイが酒を買う際に年齢確認ボタンを押すように言われキレているのだ
『未成年では無い事くらい見ればわかるだろう!馬鹿かお前は!』これがジジイの主張である

何でそんな事くらいでキレちゃうかな?偏屈ジジイってやつは・・・
相手が謝って主張が通ったら満足ってだけで、内容なんてどうでも良いのだろう
年齢確認ボタン押下はバイト君が決めたルールじゃないから怒っても意味がない
バイト君もモジモジしてるだけじゃ解決しないから、融通を利かせりゃ良いのに・・・
レジを待たされるのが嫌だったので『押しましょうか?』と声をかけると、ジジイは自分でボタンを押した
そして私に『兄ちゃん、待たせてスマンかったな』と詫びていた
だったら、なぜ最初から自分で押さねぇ・・・
そう思いながら『いえいえ、お気遣い無く』と答えておいた
モンスターエナジーを飲みながら『謎のポイントでキレるジジイの愚かしさ』を思返した

30分後に自身が『謎のポイントでキレる愚かなクライマー』になるとは露ほども思わずに・・・

コンビニを出発して、フラワーロードへ向かった私は裏十三峠に到着した
来てしまったモノは仕方ないので、展望駐車場を越えて大竹7に向けて下山した
数時間前にFRAT錬は終わっていたけど、多くのローディとすれ違った
大竹7ではローディ2人が談笑していた
人見知りであるザク氏だから『おはよッス』と挨拶をして、すぐにUターンを試みた
だが、信号の都合でそれも叶わずクリートを外してストップウォッチをリセットした
信号を待っていると、2人組みも準備をはじめたようだ
今日はノンビリ登るから道を譲った方が良いか?
少し時間を置いたけど、予想に反して2人組みはスタートしなかった
譲り合いをしていると、また信号が変わってしまうのでスタートする事にした
少し登った後、道を譲るタイミングを計る為にチラっと後ろを見た
しかし、まだスタートしていなかった
片足だけクリートは装着しているし、何かを話しているでも無い
ボーッと見送る事もあるだろうから、ここからは気にせず登る事にした

まだ5月やのに暑すぎるわ 夏になったらどうしたらエエねん・・・
ただでさえ、疲れている時の十三峠は勾配が上がって距離も伸びるんや・・・
暑さが加わったら6kmくらい登るような感覚になってしまうわ・・・

長いヒルクライムになりそうな予感だが、登るしかないw
大学を過ぎて勾配が上がると急コーナーにさしかかった 
ここを越えると橋があって勾配が緩むけど、しばらく進むとセンターラインが消えて地獄が始まる
まだまだ、先は長いぞ・・・ と思っていると先ほどの2人組がスパ~ンと私を追い越していった

なるほど、先行させて追い抜く為にスタートを遅らせたんやなぁw
インパラを追いかけるライオンにでもなった気分かw
『狩りごっこ』をするにしても、追い抜くなら一声かけないと危ないよなぁw
しかし、抜くときのドヤ顔は何なんだろうね 解らんでも無いけどw

・・・

舐めたマネしてくれたな・・・ クソガキが(#゚Д゚) プンスコ!


もう、偏屈ジジイの声が聞こえてくるようである
 老:ノンビリ登ってる時に抜かれて怒るとか意味がわからんぞ・・・
 ザ:泳がされてドヤ顔で抜かれたんやぞ(怒
 老:だったら最初から本気で走れば良いのに・・・
 ザ:そういう問題ではない 今日は回復走の日だ(怒
 老:それなら放っておけば・・・ ちっっちゃいなオマエは・・・
 ザ:黙れ!ジジイ! それがクライマーだ(違うw

このまま気持ちよくゴールできると思うなよ! ピヨガキが(#゚Д゚) プンスコ! 

つづく


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。