スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシングゼロ ~ゾンダと比較~

週末に金剛山RWまで試走に行ってきました

結果は以下のとおりです
 ゾンダ
  6月11日(土) RACE A 34分02秒 Basso Laguna
 レーゼロ
  6月12日(日) RACE L 36分11秒 BMC SLR01

自己ベスト(31分58秒)の更新は目指してません
ホイールの癖を知りたかったので、途中いろいろ試してます

レーゼロで出発して最初に気付いたの漕ぎ出しの軽さです
サイコンが無いので細かくわかりませんが、巡航速度に到達する迄が早いです
そして、その速度を維持するのもゾンダと比べて楽です
貧脚でもロングライド30km/hくらいならキープできるでしょう
予想より硬く必要以上に大回りしなくても下山に苦労しないです
下手な人がしなるホイールでビビリながら下っていても上手になりません
バイクのコントロールが上手くなると思います

漕ぎ出しが軽く、楽に巡航、下りのコントロールがし易い!
ええことばっかりやないか!
さては、大金払って買ったから贔屓目での高評価やな!(#゚Д゚)ゴルァ!!

まぁそんなに焦らんでもええです
ここから先は『貧脚が硬いホイールを履くと疲労するか?』について触れていきますからw
ゾンダを基準にするとレーゼロは間違いなく硬いです
『硬い柔らかいの違いがわかるの?』って話ですが、2日連続で乗り比べれば誰でもわかりますw
私が何をもって『硬い』と判断したか?
それはゾンダと比較すると、漕いだ時に伸びないからです
個人的に伸びる感覚とか必要ないのでこれはめでたい事ですw
伸びる感覚は、おそらく漕いでから進むまで時間差です
残念ながら『伸びてるから速く進んでるぜ!』なんて事はありません・・・
力学的に見ても孤立系のエネルギーの総量は変化しないからです
勿論、自分が漕いだ以上の力がペダルに加わる事はありませんw
しなって伸びると感じる分、パワーロスしていると言っても過言ではないのです
つまり、ダイレクトに地面を蹴って『伸びない』レーゼロは硬いホイールと言う事ができます

『硬い=効率的』『柔らかい=無駄が多い』だけを考えれば皆が硬いホイールを選ぶはずです
しかし、現実は様々なホイールが存在して個々に好きな硬さを選びます
作用のエネルギーと反作用のエネルギーは同じ大きさで向きは反対に一直線上で働くからです
強く地面を蹴ったタイヤは、同じ力でペダルを押し返してくるのです
押し返してくるのは、荒れた路面でありペダルを漕いだ力です

ハブの性能が素晴らしいから漕ぎ出しが軽い!
進みだしたら硬さ故のダイレクト感がありコントロール性能も良い!
トルクをかけたらナンボでも進むぞ!
でも、加えた力は全部撥ね返ってきているぞ・・・ 
これが『硬いホイールを履くと疲れる』の現因です

硬いフレームに『奮発してレーゼロ買ったった!』をすると、路面の悪さを拾って直ぐに逝くことになりそうですねw
だったらSLR01にレーゼロはどうなの?というとこれは合ってそうな気がします
まず、今更ながらバイクを説明します
意外にも漕ぎ出しにビックリする程の軽さはありません
試してみた感じではsupersix evoの方が軽いですw
その後のペダリングは高級バイクの軽さです 重量という要素もあるけど漕ぐという動作そのものが軽い!
『それ、Dura-Aceちゃうの?』ですが、おそらく違ってペダルに力が加わりやすいバイクだと思います
3Tのハンドル(Ergonova)の効果もあって、コントロールはできるけど振動は上手に逃がしてくれる乗りやすいバイクです
だから、硬いホイールでも十分対応できるのです
ハンドルやシートに来なくても、脚にはきますがw Dura-Aceも硬いしw

良い組合せなのに私が36分かかった現因は下記のとおりです
 前日の金剛山RWで疲弊している状態でレーゼロを履いた
 それなのに、性能に酔って石川CRを快走し、森屋に着いた頃には疲れてTTどころではない

そんなもん、お前のペダリング次第やろが!(#゚Д゚)ゴルァ!!

そう、私もそんな気がしているのです
 普通に考えてパワーをロスする分を差し引いて軽めに漕げばよいのではないかと・・・
 あるいは硬いホイールに脚を慣らせばよいのではないかと・・・

まとめ(ゾンダ比)
漕ぎ出しが軽く、巡航(+3km/hくらい 石川CRで定点計算)、下りのコントロール性能に優れる
柔らかいホイールと同じ漕ぎ方をするとパワーロスが無い分、ペダルから脚へ伝わるダメージが大きい
この時、漕ぎ方を変えてないので何故か速く進んで、何故かバテる不思議な感覚に陥る
これを解消するには硬いホイールが標準になるよう履きっぱなしで慣れるしかない
1時間程度の短いレースならとんでもない武器になるが、ロングライドなら逝ってしまう
これはペダリング次第な部分もあるが、個人的にはあそび(余裕)がほしいと感じるから


赤ゼロ

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

硬いかどうかは鈍い僕には良く分かりませんでしたがダイレクトな感じやパワーロスがない感じはわかったような気がします。踏んだ分だけ遅れなくグイグイ進む感じです。それで逆瀬川を割りといいペースで走ってたら脚がつりました(笑)信号停車で脚を止めたせいだと思ってましたがペダリングのせいだったかも(´・ω・`)

ぱぱちゃん
既に馴染んでるとは!やりますな(笑)
買って良かった素晴らしいホイールです
しかし、素晴らしいが故に『このホイールで本気出したらしんどいやろな~』と思ってゆるゆる登ってしまいました
頑張って練習しましょうねw

No title

同じくZONDAからレーゼロに履き替えた身として、興味深く読ませて頂きました(^^)
僕が何となく感じていたことが文章化されたようで面白かったです。
確かに僕もレーゼロはグイグイ踏めちゃうぶん、早々にバテるパターンを繰り返していたように思います。
レーゼロは確かに良いホイールだと思いますが、同時に僕が感じたのはZONDAのコスパと汎用性の高さでした。

merulaさん
山岳グラフォンド吉野はゾンダで参加してきますw
コスパや汎用性で言えばバイパーもかなりのものですよね
バイパーとゾンダの組み合わせって自転車を知っている選択ですよね
レーゼロにも期待ができそうですw

まさにタイムリーで興味深い記事です。ホイールではないけど585で同じようなことを感じてます。踏んだら速いのはわかるけど、同時に凄くバテる。FCRでは3、4本行けてたのが585ではTT2本でヘトヘトになります。
理由が納得です。

100太郎さん
進むぜ(  ̄▽ ̄)ってオーバーペースで回して早々に力尽きるという点では同じですなw
でも葡萄坂なら15分我慢するだけなので、やれない事もないような気がします
たいへんですけど頑張りましょう!

No title

こんにちは!!さすが違いのわかる男ですね!ホイールも色々特性があるんですね。そんなこと聞くと高い買い物なんだから気になるヤツは買う前に試乗させてくれよ!!って思いますね…
買った後でなんか合わないぞ…とかなったら辛すぎますし…

2日連続で乗り比べれば誰でもわかります?いやいやMr.鈍感の僕を舐めてもらっては困りますぞ!←じゃあ試乗とかいらんやんけ(笑)

Re: No title

れすとまんさん
こんにちは!違いがわかっても活かす脚がない漢ですが何か問題でも?
私も『要はエンジン!機材なんて関係ないね!』とか言うてみたいものですw
・・・
ちきしょー!今に見ておれ!←何時から言うてるねん(笑)
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。