スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士国際ヒルクライム~じゃじゃ馬馴らし~

レース当日は不思議な気分だった
この『あざみライン』というコースが曲者なのだ
ウワサ程ではなく『坂バカなら1度は挑戦すべし!』というほどのスペックではない
登れるか?登れないか?で言うとヒルクライムをかじっている人なら殆どが登れるだろう
ただし、レースとなると過酷すぎるスペックである
『富士国際』の『国際』という響きに魅せられてフワっと参加した私に残酷な現実が迫っていた
前日の試走で疲労が残っていた
でも、試走して無ければ5kmまで突っ込んで後半に悲劇が待っていた事は明かである
良くも悪くも『あざみライン』を知った事で予想できるの苦しさもあるのだ!

それを踏まえてレース直前の叫びを聞いてくれ!
登りたくない 今すぐ帰りたい(ノД`)シクシク

こんな事を考える私は超絶にヘタレなのか?
そう思ったけど、やまじゅんさんも腰が退けていた
大丈夫や!ここにもヘタレがいる!
(言い方・・・

試走を経験した漢達はわかりあったのだったw
『はぁ・・・ レースがはじまる・・・』足取りが重い人も多数おられたのだろう
どちらかと言うと、嬉々としている1号さんが少数派なのかもしれないw
ペース配分を含め、気持ちの整理がつかないままスタート位置に移動した

ここまで来たら登るしか無いだろう!
覚悟が決まったというより、諦めた・開き直ったという表現がシックリくる
登る以外に選択肢が無いのだから、気に病む事はムダでしか無いのだ!
あざみ姉さん こりゃまた気の強いお嬢さんだ
でも、元気な女性は嫌いじゃない(`・ω・´)


ここで始めて試走結果を分析した
富士国際では2ヶ所の給水ポイントがある
1ヶ所目(5.6km)を過ぎると急勾配が牙をむく
最大の激坂区間が終った2ヶ所目(7.6km)でどのくらい疲れているか

つまり、どのような状態で給水ポイントを迎えるかがカギとなる
1ヶ所目通過時点で、ゼェゼェハァハァだとその先どうなるか?これは説明不要w
しかし、セーブしすぎるとタイムと順位が残念な事になる
私の選択は『サラ足で1ヶ所目を通過する』だった
かなりセーブしているやまじゅんさんにスタート直後から千切られるペースでw
あざみラインのスペックと実力を考えた時、最速でゴールするにはコレしか方法がない
周りに引っ張られてオーバーペースで進んで良いほど優しいコースではないのだ

スタートから1km程で参加者のレベルが高い事を改めて認識した
これまでのレースでは1kmを過ぎた頃に肩で息をする人が必ずいた
『まだ残り距離があるけど大丈夫か?』と心配になる人もチラホラとw
ところが、今回は皆がシレっと登ってる
下山の集合時間が早そうだな~ などボンヤリ考えていた
道の横には登山口からの距離を示す小さい標識が一定の間隔で距離を知らせてくれる
これが5.6kmを指した位置が賽の河原というわけだ・・・
六文銭を払って川を渉らずとも地獄の一丁目へと繋がっているのだけど・・・

サラ足とはいかなかったが、息を乱さない状態で給水ポイントを迎える事ができた
紙コップの水を受け取り、半分ほど飲んでから投げ捨てた
ここから地獄が始まると予想していたが、試走と違って楽しかった!
前半の緩勾配で頑張りすぎた人を1人づつ追い抜いていくのだから楽しいに決まっているw
涼しい顔をして余裕を見せる芝居も忘れてはならない( ノ゚Д゚)ヨッ!

2kmほど進むと一度勾配が緩んで、再びキツくなる
この頃になると、道幅いっぱいに蛇行する人やら押して歩いている人やらが現われた
この辺りが最大勾配22%なのかもしれないけど、実感が無かった
道幅や風景などで勾配がわかりにくくなってるからだと思う
未だに22%の位置はわからないままであるw

レースも終盤にさしかかり、残り4kmの看板が見えた
一瞬『もう少しだ!』と思ったけど『十三峠が残ってる』と考え直してペースを維持した

どんな草レースに出ても表彰台や入賞に縁が無いのに遠征して、脚質も合わんコース必死で登ってるんやなぁ
富士ヒルでシルバー狙う方が、評価に値する結果が出るんだろうなぁ
十三峠じゃなくて金剛RWでプロジェクト上げたほうがマシな結果が出るんだろうなぁ

このあたりの漠然とした疑問があざみラインに追い込まれた状況でようやく理解できた
楽しいから!
シンプルだけど解り易いw
結果が出るともっと楽しいだろうから頑張って練習しよう!
いや、その前に今日のゴールだなw どこからペースを上げようか?

そんな事を考えていると1号さんがやってきた
2ヶ所目の給水ポイントくらいで捕まると思ってたから、ちょっと抑えてきてるのかな?
それにしても、チームジャージが目立つ色だから声を掛け合うには都合が良いw
さぁもう少しだ!

残り2kmの看板を見てペースを上げる事にした
『中間ヘアピンが以降が残ってる』と考えたら、ペースアップも躊躇われるがレースなのでしょうがない
十三峠で後半追い込まないのは、やりすぎると嫌になってやめてしまう性格だからである
普段は府民の森から追いこむけど、今日は中間ヘアピンから追いこむぜ! というレベルの出血大サービス!
あざみラインを嫌いになるには十分な理由だw
まぁ1年は近付かないコースだから嫌いになっても影響は無いだろうとペースを上げた!
うぅ・・・ 2kmって長いぞ・・・
まだ1kmもあるやないか(´;ω;`)

水呑地蔵で使い切ってるのに、ペースを上げてゴールヘ向かうようなものだな・・・
普段なら絶対できないけど、できてしまうのがレースの面白いところである!

前半にサボった分、後半は頑張らないワケにはいかない!
間違ってもきゃのんが試走で登った66分を下回るワケにはいかない!
このコースだと負けるような気がするけど、試走に負けるワケにはいかない!
『ワケにはいかない縛り』を設けてケイデンスを落とさずに!

富士国際ゴール

ゴールも普段のレースとは異なる感覚だった
普段は『出し切った』『ペース配分を間違えた』など、レースに対する評価を思い浮かべる
しかし、今回は『やっと終った』『もう登らなくても良い』という完走に対するねぎらいだった

その後、撮影したりダベったりした後で下山
富士国際下山前

きゃのんを回収して御殿場アウトレットで遊んで帰宅
朝の憂鬱は何だったのか?と思う程とても楽しい1日になった!

64分35秒(順位19 出走34 完走32)

来年、富士ヒルと富士国際のどちらかに出ようと思っている人がいるなら、私は富士国際をオススメする
富士ヒルの良いところでもあるけど、個人的には人数が多すぎて何でも取り合いになるという見方もできる
 取り合い(エントリー・宿・駐車場・スタート位置・レース中のポジション など)
それに比べて、富士国際は良い準備をして登るのみ!となかなか潔いので!
相対的に速い人が多いので、ゴールから下山までの待ち時間が少ないしw


PS
長くブログにお付き合い下さっている方の中には疑問をもっておられる方もいる事でしょう
あんなにブロンズリング欲しがってたのにシルバーリングに興味を示さず富士国際に流れたのは何故か?
要因は幾つかあるのですが、主な理由は予想タイムの精度が上がってきたからです
富士国際の予想は64分30秒でした 
5秒差は出来すぎだけど1分とかズレる事は無いと思います
去年のデータが残っている富士ヒルなどは誤差30秒以内に収まったと思います
あぁ獲れるなコレ・・・と思ったら、富士国際を優先したくなったのです
狙ってこそのシルバーリング! というワケですなw



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!!レースお疲れ様でした。名の通った大会なのに参加者も少なくてエントリーや宿、駐車場などの取り合いがないのは良いですね♪まあ、それを差し引いてもこの勾配がヤですけどね(苦笑)

登りたくない…しかし、ここまで来たら登るしか無いだろう!
覚悟が決まったというより、諦めた・開き直る。←僕の場合どこ登る時も毎回ソレですからね…

楽しいから!…登ってる時にそんなこと感じたことは一度もありませんが、もっと追い込まれたら悟りを開けるのでしょうか?(笑)
いや、違う。追い込んでさらに登りが嫌になってしまってるんだった…

お疲れ様でした!これは来年も国際のほうへ出るというフラグなわけですね。
富士ヒルシルバーでテンション上がらん気持ちはわかります。正確無比なザクさん予測で金剛RW2本で65分目安なら、僕ももう確実にゲットした気分ですし。
でもあざみ姉さんはイヤなので、ターゲットにするなら乗鞍かなぁ。

れすとまんさん
気持ちが少し理解できましたでw
頼まれもしないのにスタート位置に立って、憂鬱になって、開き直る謎のスパイラルがw
私の場合、登り全般ではなくコースと疲労が頭で一致すると嫌になります
頑張る程にキライなコースが増えるというシステムですね(笑)
レースが楽しいのは、その局面で同じように追い込まれている人と力比べができるからです
1位になったら興味を無くすような気がします⬅心配無い

トプローさん
来年は富士山スカイラインの可能性が高いですね

はい、今年獲るシルバーより去年獲ったブロンズの方に価値を感じました
当分は十三峠のシルバーを目指して頑張ります(笑)

最近のザクさんの予想は超能力者か預言者と思うほど凄いですね。

でも本物の預言者とかは自分のことになるとわからないそうです。本命レースでは予想以上ってことですね!

ぱぱちゃん
データを解析すると近いタイムは誰でも予想できると思います そんな面倒な事をしないだけで(笑)
そういえば、私の本命レースって何でしょうね?
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。