スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーボンホイールを検証する

どうも、ザク豆腐です!

SLR01にLWCを履いてタイムを計測してみました
DT SWISS R20(1520g) → LWC(1120g)
400g軽くなるとどれだけ更新できるか?というお話です


4月2日(土)

金剛山ロープウェイ
過去の主な記録
 2016/03/20 33:45(Lagna + ZONDA) Bassoでデータをとる
 2016/03/05 33:16(SLR01 + DT SWISS R20) SUNZOKUチーム錬
 2015/05/31 33:57(Lagna + ZONDA) 富士ヒル追い込み
  グリーンロードで疲弊していてもSLR01の方が30秒程速い
  同じ装備でも昨年の富士ヒル前より現在の方が少し速い

今回の記録
 2016/04/02 32:39(SLR01 + LWC)

ケガ予防の為、3月迄は追い込んだTTをしていませんでした
気候の良い中、高性能のバイクでしっかり登ると更新できるのは予定どおりです
比較するデータが曖昧なので検証にはならず、今回の記録が今後の指標になるでしょう


4月3日(日)
FRAT錬に参加して十三峠で大幅更新を狙うべく4時に起床!
しかし次の瞬間5時半になっていました 不思議な事もあるものです
目的地を葡萄坂に変更しての移動中にFRAT軍団とすれ違いました
重役出勤の気分でございましたw

葡萄坂
過去の主な記録
 2015/09/13 14:59(Lagna + ZONDA)

今回の記録
 2016/04/03 14:46(SLR01 + LWC)

この時はゴルフ場を7分41秒で通過して最後まで粘るという前半型のTTでした
葡萄坂は15分切りを達成してからほとんどTTしていません
以前は地図まで書いて攻略方法を検討していたのにw
先日『パンチャーは似非クライマーである』と言ったとおり、脚の使いどころがキモになります
しかし、使いどころを決めるでもなくフワっと登りはじめましたw
サイコンが無いのでわかりませんが『ソコソコの速度を維持するのに脚を削らなくて良い』という感覚です
ゴルフ場で通過タイムを見ると8分05秒 そりゃ楽だわw
遅れを取り戻すべくスパート!みたいな事はせず脚を休めてパターゴルフを通過しました
直線の登りで一気にペースを上げカーブミラーあたりで24秒の遅れを取り戻しました
疲れたので土木の看板まで脚を休めて、そこから2回目のペースアップをしました
ピークでは自己ベストを16秒程更新してたけど、その後は少し疲れてゴールでは13秒になっていました
バイクかホイールかわからんけど、とにかく反応が良いです
ここで行こうと思ったタイミングでスッと前に進む感覚です
更新はできたけど、ペース配分という点ではどうなんだろう?と思いました
15分足らずの短いコースでは突込み過ぎに注意さえすれば、配分などはそれほど重要ではないのかもしれません


のどか村で休憩している時、ホイールの検証をしていない事に気付きました
金剛山ロープウェイは地獄のグリーンロード後のデータと比較
葡萄坂では比較データすら無かったしw
こうなると、便りになるのは三郷でございますwww


三郷
過去の主な記録
 2016/02/23 11:45(SLR01 + DT SWISS R20)

今回の記録
 2016/04/03 11:39(SLR01 + LWC)

これはSLR01 + DT SWISS R20で真剣に登った良いデータです
少し疲れが出ていますが、前回は寒かったので丁度良いでしょう(何が?
前回は大学2分48秒でしたが、今回は3分03秒でした
15秒の遅れですね
疲れもあるけど、そもそも軽いホイールってスピードが出ないようですね
でも、そのスピードが維持できるというかタレにくいというか
葡萄坂で感じた『速度を維持するのに脚を削らなくて良い』という感覚が三郷にも当てはまりました
維持できている感覚があるので無理しなくても良いんです 
だから後半まで元気なのですね

検証:軽いホイールを履くと速く登れるか?
結果:速度は上がらない 平均速度は上がる


 ↓ 記事を書く時の参考にします 良い内容の時だけでお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ザクさんに会えると思って水越東セブンイレブンでドキドキしながら待ってたのに!待ってたのにっ!

伊吹山でお会いできるのを楽しみにしておりますw。

senさん
コメントありがとうございます
空白の1.5時間に何があったのか( ̄○ ̄;)
イクイク詐欺、申し訳ございませんでした
伊吹山でお会いできる事を楽しみにしております!

No title

私も一応伊吹山にはカーボンホイール履いていく予定なのですが私の場合、全然検証していないので本当に有利になるのか全く不明ですw
私の場合でも200g以上は軽くなるので理論上は結構差がでると思うんですけどね。
目標の60分は険しい道程ですがカーボンホイールの軽さが後半のタレを少しでも軽減してくれればなぁと期待しております。
週末はお互い(カーボンホイールの力を借りつつ)頑張りましょう!

軽いホイールってスピードが出なくてそのスピードが維持できるというタイプなんですね、
なんか納得しました^_^
それで超軽量タイヤR1Sだど
スピードが乗らない=遅い気がする
になってたんですね
なるほど!
僕も飛ばしたりタレたり?を繰り返す擬似パンチャーの走りなんでザクさんの記事が参考になります、、
最も僕の場合は緩斜面で飛ばして急勾配で休む?たれる?のペースです(^^;;

Re: No title

やまちゃん
コメントありがとうございます
私の場合レースのテンションも影響して『軽いぜ!』と調子に乗ってアルミより早く脚が終わる姿が目に浮びます
スピードを維持しつつ消耗を抑える事ができれば我々にも飛躍の芽があると思います
頑張りましょう!

Re: タイトルなし

100太郎さん
コメントありがとうございます
個人的には、スイスイ登るけどグングン進む感じはしないです
進まないから焦ると一瞬で終りますw
短距離とか揺斜面の登坂ならカーボンにする必要すら無いような気さえします
ディープリムは未経験なのでわかりませんがw

みんながカーボンホイールってどうなんやろう?とワクワク読んだであろう記事ですが、僕はいよいよケツに火がついてきたと焦りました。つるみんさんの真似をして、もはやステージスを導入するしかないかw

トプローさん
コメントありがとうございます
鋭いですな!
カーボンホイールの検証に行ったという事は、それをどう使うかを確認しに行ったという事なのです!
見抜かれておりましたかwww
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。