スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良6峠×120kmヒルクライムラリー 参戦記3~最善を尽くすとは~

【第6ステージ】芋ケ峠
水越峠から名柄交差点まで下ってきた。
時刻は1時30分。最後の計測区間、芋ケ峠のスタート地点迄は15Kmくらい。
2時40分に到着すればゴールできるかもしれない。

説明し難いが2時40分は目標であって、足きりになっても良いと思っていた。
私の場合ゴールと異なる終了を自分の意思で決める勇気が無いだけ。
足きりによる終了はルールであり自分の意思は介入しない。
だからラリーの完走に向けて全力を尽くした結果のDNFは問題ないのであった。

自分は投げ出していない、力が及ばなかっただけ。
そういう逃げ道を残しておきたかっただけかもしれないけれど。

だだ、DNFは問題ないと言っても完走に向けて全力を尽く事に変わりは無い。

全力を尽くすとはどういう事なのか? ただ踏み続ける事なのか?
違うだろうな。ゴールに向けてできる最大の工夫をする事だ!

落ち着いて考えよう。
ラリーの完走の制限は4時。芋ケ峠の足きりは3時。
芋ケ峠の頂上からゴール地点までは6kmちょっとだが、4km以上は下り。
確実にゴールするには芋ケ峠の山頂を3時30分に出発したい。
水越峠は1km7~8分のペースで登った。
芋ケ峠は5km少々あるから40分程度を要するだろう。
2時50分には計測を開始する必要がある。
10分余裕をもって2時40分に目標を定めた。

70分で残り15Km 平均時速13Kmでギリギリやな。
移動区間には2Kmくらい登り坂があるから平地では時速15Kmが理想的。

しかしもう踏み込まずとも動かすのが痛い。
ペダルを回す回数を減らしたいのでギアを2枚上げた。
極限状態では時速15kmどころか10kmに到達しない。
しかし、下りは時速20kmとか出るので想定の範囲内で歩を進める!

残りの距離と時刻から必要最小限の速度を計算して回転数を決める。
計算は500m毎に行った。

飛鳥駅近くのコンビニで休憩中の皆さんに再び追いついた!
そういえば水分補給をしていなかったな。赤コーラ購入した。
それから撮影に加わろうとしたした時、屈伸できない事に気がついた。
座るという行為がこんなに大変だとは思わなかったW

しばらく一緒に走った後で皆さんとサヨナラする。
到着の設定時刻を2時45分に修正して再計算 間に合いそうだ!

独り旅頑張ろう! 
そう思った刹那、背後からラチェット音が聞こえる。
迷子のローディさんであったW
2人で芋ケ峠を目指す事にした。

目の前に移動区間最大の登り坂が立ちはだかった。
ここを登りきって直進して、突き当たりを右折その先が芋ケ峠。
説明した上で先に行くよう促した 時間に余裕も無いし。
しかしローディさんは自分も限界に近いと言っている。
それじゃ一緒に頑張ろうや!

頂上まで登って振り返るとローディさんは消えていた。
どうやら千切ってしまったようであるW
突き当たりで再度振り返ると遠くにローディさんの姿が見えた。
コッチやぞ!と大きく進行方向を指差した後、先を急いだ。

芋ケ峠に到着したのは2時43分であった。
皆さんに追いついた。
大変お待たせして申し訳ありませんW

ノンビリもしてられないので、早速スタートした。
5分余裕ができたので1km9分のペースで45分かかっても大丈夫。

追い抜く時、頑張れ!と声をかけて下さるのでヤル気が出た!
欲を言えば1回くらいやってみたかった。
もともと6峠のメンバーで私が追い抜ける人など居らんのであるがW

8分ペースで刻んでゴールに到着した。
後はラリーのゴールを目指すのみである。
下山途中すれ違ったローディさんに「あと500m!」と叫んだ。
「ハイ!」と叫んでおられた。
漢達はわかりあったのであった(笑)

制限時間を15分程度残してゴールする事ができた。

悪コンディションで皆さんに迷惑をかけたが、道案内したから差し引きゼロだろうW
いやむしろプラスで

今回は良い経験になったな!
全力でペダルを踏むだけではダメだという事。
DNFはDNSよりずっと難しいという事。
DNFを選択する勇気を持たなければいけない事。

私はもっと速くなれるかもしれない。

おわり


↓ ヒルクライムは楽しいな!ポチっとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

6峠TT+ブログ峠お疲れ様でした~♪
ザクさんでギリギリ完走だったんですね、僕なら道に迷う+断念してたと思います(T-T)
来年は何かのレースに出れるように、頑張ります(^з^)-☆

6峠お疲れさまでした。
ザクさんでギリギリやったんかぁ。
私なら確実足切りですね。
その後膝の調子は大丈夫ですか?あまり無理はなさらないように。
調子が良くなったら、また一緒に走りましょう!

Re: タイトルなし

チョップさん
コメントありがとうございます
負傷していなくてもしっかり休憩できない時間設定でした。
迷子DNFもおられたのではないかと思います。
自転車好きの運動会なのでレースは楽しいですよW
来年はご一緒しましょうW


Re: タイトルなし

ヤス吉さん
コメントありがとうございます
私も絶好調だったら誰かについて行ったらええわ!となっていたので迷子足切りだったと思いますW
まだ登れる感じではありませんが、思った程エライ事にはなってません。
しかし前回失敗したのでしばらく静かにしておきます。
復活したらよろしくお願いします!

今大会はザクさんがいなければ路頭に迷うとこでした。
メンバー全員が完走出来たのはザクさんのおかげですね。
不死鳥のごとく復活してくるザクさんにはちょっと感動しましたよ〜!
膝が完治したらまた来年に向けてがんばっていきましょう(^^)

Re: タイトルなし

novさん
コメントありがとうございます
不死鳥!かっこええですなぁ。
往生際が悪い!も言い換えるとスマートに聞こえますW
治ったら清滝峠11分切りに向けて頑張ります。

No title

お疲れ様でした。。膝の具合はどうですか?結構酷い状態での参戦だったのですね。
そんな中しっかり完走されるのはすごいと思います。。
あまり無理なさらずに。復活お待ちしております!!
そして、いつかご一緒出来る日を楽しみにしております。

No title

お疲れ様です。

登山でやみくもにDNFを避けると遭難しますが、その点ヒルクライムはお気楽ですね、命までは取られない。

ゴールから時間を逆算する点は良く解ります、わたしは廃道峠探索なので迷うと日没時間から逆算して行動時間を決めます、その時間が来ればどんな状態でもキッパリ撤退する事にしています。

れすとまんさん
コメントありがとうございます
自分の状態を把握せずに参加している時点でアカンのでしょうなぁ
簡単と書きましたがDNSも基準が難しいです
逆瀬川は私の15分後スタートでお願いしますW

す~さん
コメントありがとうございます
その場で判断すると突き進むっぽいので事前にルールを決める事にしました。
私は遭難タイプですね。
ヒルクライムなので次から気をつけよう!で済みましたW

6峠TTお疲れ様でした。
来年は自転車好きの漢達の運動会に参加出来るよう頑張っていきます。
自転車楽しいですね*\(^o^)/*

Re: タイトルなし

しんいちさん
コメントありがとうございます
運動会も1等賞を目指さなくてはいけません!
真剣に遊ぶのは楽しいですよね
私もがんばりましょう。

プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。