奈良6峠×120kmヒルクライムラリー 参戦記2~DNFをする勇気~

急斜面と緩斜面を判断する基準は何だろうか?
私の場合はホームコースとの比較が基準となっている。
信貴山と比較して勾配がキツイと急斜面、ユルイと緩斜面という事になる。
前半に突っ込んで力尽きる事が多いのは信貴山より緩い傾斜は全てスピードアップ区間である為。
イメージと体力が合わず途中で力つきるのである。
最近は前半抑えて後半飛ばすという術を覚えた。
一定のペースで登った方が速いと思けど、どこかでガーッとまわすのが趣味なのでW

そんなマネージメントをしているので、ラリー後半も全て緩斜面である。
膝痛になるのも当たり前かもしれない 今後の課題であるな!

【第4ステージ】金剛トンネル
コースマップにはリタイアする際の連絡先をメモしておいた。
後はココに電話すれば良いだけだ。
悪化する前にリタイアして次に頑張れば良いだけではないか!
ちょっと前に自分でもそう言ってるし、数時間前は24号迄頑張ろうと決めたはずではないか!

レースやイベントにおいてゴールと異なる終了を自分の意思で決める。
出来ないものであるW(その先を経験したので次からDNFできそう

意思が強い?根性がある?否
DNFを宣言する判断力が無かっただけである。

コース中盤では左膝も痛くなってきた。
寝違えた朝に頭突き瓦割りとか、ギックリ腰でフラフープとかのレベルで!
逃げ道がなくなり意外とフォームが安定してきたなとか考えていた。

ゴール地点時計を見ると、想定より30分程遅れている。
一緒に移動している皆さんの脚力と残り距離を考えると1時間くらい余裕がある。
パンクや計測前の休憩を考えると頃合である。
ここからだと迷子にもならないしなW
後からゆっくり行く事を告げ一人旅が始まった。
ヤムヤムから先の登り坂で完全に皆さんの姿が見えなくなった。
ゴール迄見る事は無いだろうな…

【第5ステージ】水越峠
皆さんに追いついたった!
計測前の休憩 遅い私を気にして下さった 両方あると思う。
けど、たぶん30号線で名柄交差点まで行ってから左折したんだろうW
水越峠はTTサイトとは異なり旧道から計測なので手前の郵便局を左折すると近道なのだ!

このあたりになると痛くてクリートを着けられなかった。
シューズの上から手で押し込むとカチッと音がした。
休みの日に金まで払って何をしているんだろうと考えるとすこし可笑しくなったW

皆さんが頑張れ!と声をかけて追い抜いていく。
一定間隔で後続からスタートするので順番に追い抜かれる。
第2ステージからそんな感じなので、盗める部分が無いかと目で追っていた。
しかし、一瞬で千切られるので観察とまではいかなかった。
印象に残っているのはひがしさんの勢い!見てるだけで楽しくなるわW


つづく
参戦記は3部作にせんとアカンってモンでも無いんやけどW 


↓ ザク豆腐のモチベーションが上がるボタンです。押したってくだされ m(- -)m

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

6峠お疲れ様でしたm(__)m

ザクさんの人気ブログに登場させていただきありがとうございます(≧∇≦)
しかし、膝の痛みがそんなにひどかったとは∑(゚Д゚) そんな中、完走するとはさすがですね!ヒルクラシーズンも終わりですのでゆっくり休養して早く膝治してくださいね^_−☆

ひがしさん
コメントありがとうございます
6峠お疲れ様でした。
聞きしに勝る剛脚でしたW
ラリー楽しかったですね。
自転車が好きな人達が競争するんだから楽しいに決まってるんですけどね(笑)
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR