長いだけで実の無い練習 の効果!

どうも、ザク豆腐です!

最近、長いだけで実の無い練習にハマっており少しベストを更新したので記事にしてみますw

先月、葡萄坂で15分を切りました。
富士ヒルブロンズ、十三峠19分切り、三郷12分切りと合わせて2015年の目標を全て達成した事になります。

褒められる程の目標ではありませんが、努力を重ねた結果です。
ヒルクライムに偶然は無いのでよく頑張ったと思います(自画自賛やなw
その練習を振り返って思うのですが、頑張ったら更新できるというものでもないですねぇ・・・
形だけ速い人のマネをすれば良いというものでもないけど、見習うべき点も多くあります。
好きな方法で頑張れば良いのですが何を基準にすれば良いものか?
個々のレベルや環境、目的によって取捨選択すると思いますがやはり基準が難しいw
私の場合は性格を考慮して選択するのが一番良いという結論に達しました。
最善の方法を選択しようとも、興味を無くすとやめてしまう困った性格。
裏を返すと興味さえあれば継続する事ができる性格。

朝4時に起きて気温や天候に左右されながら山に登るより、冬場はローラーの方が強くなる事は知っています。
しかし、私がローラーに乗ると数値に追い回されてやめてしまうのです。

本格的にヒルクライムを始めたのは平均くんを倒すためでした。
平均くんの圧倒的な速さに心を折られながらも、乗っているだけで自己新を重ねる事ができました。
ロケットスタートや、怪しげな引き足などいろいろな事を試しました。
しかし、速くなるのに近道は無いと気付いて何度も挑戦を繰り返しました。
どんな方法でも続けてさえいれば平均くんに勝つことはできます。
私の場合はただの『我慢』でした。

平均くんを倒して『オレは速いぜ!の儀』を通過した後、全然速くなかった事に気付きます。
それまでもレースで速い人は見ていましたが、ヨソの人だったので『オレは速い』に支障はありませんでした。
1号さんやnovさんの登場で疑いを持って、O.H.C.で決定的となりました。
自分が『速い』とか『遅い』は比較対象との差であって、速くも遅くも無かったのです。
ただ、速い人は幾らでも存在する 今の自分と比較して速くなりたい と思うようになりました。

ここから少し判断を誤り、我慢の度合いを強める練習をしました。
全力で駆け上がり、呼吸が乱れても歯を食いしばってゴールに到達する練習を重ねました。
2秒、3秒と更新を繰り返し『それでも20~30回更新したら1分更新だから良い』と思っていました。
今にして思うと打倒!平均くんと同じ練習を続けることが成長の妨げになってしまいました。
生駒のTTコースばっかり登っていたから3~4kmでオールアウトする登り方が身についてしまったのです。
2kmくらいまで全力で登ってタレないように我慢すれば良い 我慢できた分だけタイムが更新できる。

短距離を速く登ると何とかなる生駒では、それなりに更新を重ねました。
そのあたりの筋力はつきやすい体質のようです。
しかし、富士ヒル対策で根本的に無理がある事に気付きました。
4kmでオールアウトしたら残りの20kmはどうするんや・・・

長距離に慣れるべく金剛山RWに通っている最中、そのヒントを頂くことになります。
それまでもO.H.C.の走行会で皆さんの剛脚は何度も見ていました。 
モノが違うというという感想しかありませんでしたw
金剛山RWでご一緒して頂いたメンバーにちょしさんがいました。
剛脚とは違う軽いペダリング! 
失礼な話ですが、圧倒的な速さを感じる事なく何とかなるのではないかとついていきました。
やはり圧倒的に速いという事もなく、しばらくついて行くと序盤で抜かれたトプローさんに追い付きました。
私の足は終わり、ちょしさんトプローさんは見えなくなりました。
ゴールしてタイムを伺うと、ちょしさんは圧倒的でした。

それから全力で登る事をやめました。
常に7~8割で、でも絶対にタレない練習です。
『峠で速くなりたければ峠で練習する』『長距離に強くなりたければ長距離で練習する』
実地訓練が思想の根底にある私は、ダラダラと距離だけを伸ばすようになりました。
一般的に言う『長いだけで実の無い練習』というやつですw
ところがコレがハマリました。

軽いギアでタレずにクルクルまわすと心肺は苦しくなりますが、翌日に疲労を引きずらなくなりました。
意識的に休脚日を入れる必要がなくなったのです。
短距離のスピードは落ちましたが、長距離で大きくタレる事もなくなりました。
ゆっくり走っているからタレないのか?と葡萄坂を全力で登った結果の15分切り!
芽は出ているようですねwww

来年の上期までに強い心肺を完成させる。
来年の下期は落ちてしまったスピードを強化して心肺につなげる。

シルバーリングは再来年になるかもしれないけど確実に強くなれるならそれもアリかw
他に短期的で強く速くなる方法がありますが、自分が楽しく自転車と向き合える練習が一番だと思います。

なに?そんな事ばっかり言うてるから『何時までたっても鳴かず飛ばず』ですと!
返す言葉もございませんな(;゚Д゚)


 ↓ 来年も目指すぜシルバーリング! ノルマはタレない78分! ポチっとお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちょうど良かった!
僕の来年のレースはたぶん富士か鈴鹿のエンデューロなので、再来年一緒にシルバーゲットしましょう。
あきませんで先にシルバーゲットはw

トプローさん
コメントありがとうございます
是非とも再来年ご一緒せねばなりませんな!
うっかりシルバーもいけませんので来年はアザミ姉さんにお相手願うのもまた一考w
まぁまぁ真剣に一考(笑)

No title

速くなるための方法は色々あって面白いですね。
最近の流行りはローラー台+パワーメーターかもしれませんがそんなの全く無しでも、とんでもなく速い方もおられますからね。
結局自分に向いているトレーニング方法を見つけてそれをしっかりやり込むことが大事って事なのでしょうか。
私も今のやり方で少しずつ成果が出てきていますので自分に合っているのだと信じて頑張ってみようと思ってます。
まだまだザクさんとの差は大きいですが私も「目指せシルバーリング」の心意気で頑張りますよ!まあ来年はまだちょっと厳しいかもしれませんがw

No title

こんにちは!!やはり同じ所ばっか登ってると偏りが出ますよね。コースに合わせた変な癖もつきそうですし。
距離の長短、勾配の緩急、色んなコース登った方が対応力はつきますよね。次回はシルバーゲットしてくださいね!

Re: No title

やまちゃん
コメントありがとうございます
狙いが定まったトレーニングで成長を続けておられますよね!
異なる方法で練習して、お互い速くなれると面白いです
既に平地やアップダウンでは敵いませんので、大台ヶ原などは影も踏めませんよ!
来年は富士山国際ヒルクライムに挑戦したい気もするし、シルバー狙いたい気もするしw
トプさんが怒るから国際ですかねぇ(いろんな意味で心配ないで・・・

Re: No title

れすとまんさん
コメントありがとうございます
『秋名の86』みたいにスペシャリストっぽいと恰好良いですけど、ヒルクライムだと変な癖としか言い様が無いですからねw
まだ決めていませんが、富士ヒルに参加したらシルバー狙ってみます
トプ師匠には秘密にしておいて下さいwww

こんにちはー!
ザクさん、全くローラーやらないんですよね。
僕はローラーオンリーなんで真逆ですね(笑)
しかし、目指す方向は同じなはず!
地道な練習も、その先に成長の匂いがするなら頑張れますよね(^o^)/

タクヤさん
コメントありがとうございます
私と同じ?
ナルシストに負けず嫌いをこじらせているのですか(笑)

速くなる為に練習している人は皆さん同じですね
だから負けたくないです
タクヤさんにも!
頑張って練習しましょうね

No title

うーん、勉強になります・・・

スタートで頑張って貯金を作って、それを使いきらないよう我慢する走り方をしてしまいます。特に初めてのコースだと。。

でも、7~8割の感覚ってどうやったら掴めるのでしょうか?

Re: No title

きゃべつさん
コメントありがとうございます。
勝尾寺の場合、分岐09分00秒そこから05分00秒が一般に言われる14分ペースです。
そこから1秒粘って13分台に放りこむワケですなw
私の自己ベストは13分18秒で、分岐08分10秒です。
単純に分岐を1.56倍した値がゴールタイムだと考えると12分43秒でゴールしなくてはいけない。
35秒遅いから前半飛ばしすぎて極端に失速していると判断しています。
勝尾寺で記録を更新するなら分岐8分切りを目指しますが、これを繰り返すと4.4kmで使い切るクセがついてしまいます。
時計を見ながらゴールタイムを合わせた時は分岐09分04秒でゴールは13分58秒です。
分岐まで8分(21.8km/h)ならタレるけど9分(19.9km/h)ならゴールタイムを調整できる。
分岐まで19km/hくらいの疲労感を覚えて、これくらいのしんどさなら6kmのコースでも最後までタレないなぁ。
と判断しています。
私は漠然とした『しんどさ』ですが本来はパワーとか心拍数とかで判断するのでしょうね???

No title

ザクさん、丁寧な返信ありがとうございます!

>4kmでオールアウトしたら残りの20kmはどうするんや・・・
>常に7~8割で、でも絶対にタレない練習です。

この2つが響きますわ~

勝尾寺で全力でギリ12分出しても、それが直接、富士ヒルシルバーに繋がるかというと、意味は違うわけですね。

いや~この時期にこの記事を読んでおいてよかった・・・

Re: No title

きゃべつさん
私は短い区間で鋭い足を使う事を得意とするタイプなのでこんな練習をしています。(鋭くないで・・・
ルーラーとかクライマー脚質ならまた違ってくるのでしょうかね?
奥が深いですねぇwww
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR