関西ヒルクラTTにおける自己分析を試みたけど・・・

どうも、ザク豆腐です

週末も十三峠などを登った関西ヒルクラTTのコース
いい加減にストラバやれば?という声が聞こえてきますけどw
今更セグメントで順位を確認しなくても遅いのはわかってる!放っておいてくれたまへ!
つまり、遅っそいくせに指標ばっかりあってもねぇ・・・ というのがやってない理由なのです

だったら関西ヒルクラTTに限定したら相対的に自分の力が理解はできてるの?という話ですが・・・
これもわかりませんなぁ
私自身、皆様のブログに『スゴイですね!○分台めざして頑張ってください!』みたいなコメント書きこむ事もあります
これは『もんきちさんは私と同じくらいの速さ、大台ヶ原(河合~辻堂山)で10分差をつけているsenさんは異次元の速さ!』という予想で書いています
しかし、これは試走とレースという差であって実力は拮抗していると思われます
ホームコース、遠征先、調子、得手不得手、登録日・・・ 様々な条件のもとでリスト化されたものを順位と言うてもねぇ・・・
でも、各コースで同じ人が自分の少し上にランクしているのも事実なんですよねぇ・・・ どうなっているんだ?
各コースで登録者が違うけど、平均くんの実力って拮抗している気がするし(たまにスゴイのが混じってますけどw

人の事はええから自分の練習をしなさいよ!
これが、正論なんですけど飽きてしまうからゲーム的な要素が欲しいんですよ
『速くなる為にお互い頑張りましょう!』は本心ですが『お互い』が意味する部分が大きいですしね
趣味として速さを求めている今、順位が何?速く登れるからどうした?とは思えないのでどうにも人の速さが気になるのです
羨望に位置する人は気にならんけど、目標に位置する人は特にw

なんだかんだ言っても相対的な速さを知る最も単純な方法は他者との比較
肝心の関西ヒルクラTTはどの程度登っているのかを調べてみました

上段がコース数、下段が登録数
 三重:01 滋賀:05 京都:26 大阪:36 兵庫:24 奈良:15 和歌山:13
 三重:00 滋賀:00 京都:01 大阪:16 兵庫:00 奈良:12 和歌山:05
120コース中、登った事があるのが34です

家から近いところを登っているだけなので、分析にはサンプル数が足りないようですな
そのサンプルを眺めたところで『生駒で中の中、普通、速からず遅からず』程度しかわからないし・・・

そして一周してココに戻ってきましたw
人の事はええから自分の練習をしなさいよ!

 ↓ 気にしてもしょうがないけど他者の速さが気になるお年頃w ポチっとお願いします
にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

分析をしていると早い遅いも傾向がわかってきて楽しいですなぁ。
斜度にかかわらずYOSHIさんは短距離に滅法強い。やまじゅんさんは脚つりさえなければ激坂かつ長距離むきっぽい。コンソメさんはオールラウンダー。カメさんは最近すごい勢いでスタミナついてきてるな、とか。
だからどうした?っていう分析ですがw

No title

私もいろいろ考えたことがありますが、、、結局はパワーが全てという結論になってますwww

No title

サンプル数が足りない?!そしてゲーム的要素…ということは…
ま…まさか7葛では飽き足らず、登録コース全制覇を目論んでいるのですね!!いや~さすが!素晴らしい意気込み!そしてなんという男気!!陰ながら応援してますよ!(笑)
というか、よく見たら兵庫県0じゃないですか!ぜひいらしてくださいませ!

No title

人間はモチベーションで動く動物と思っています。

結局何かのきっかけで、動機が生まれ、そして目を爛々輝かせながら、人からみるとくだらないことでも、必死にやれるわけですねー。

だから自分と近い実力の人がいまどれくらいの調子なのかめちゃくちゃ気になります。でもこれが一つのモチベーションなので良い気もします。

でも気にしてばっかりじゃなくて、練習しないさいよといつも自分につっこんでます(笑)。

トプローさん
コメントありがとうございます
トプ師匠は分析が難しいです
とりあえず試走する→コースが気に要らん→もう行かない
これデータとしてどう扱ったら良いんですか?(笑)
私の場合は路面状況に左右されやすいみたいです
根っからのリゾートクライマーですな!

つるみんさん
コメントありがとうございます
なんという説得力!
かっけーですな!
私は高ケイデンスを身につけて『難しく考えなくても回せば進むでしょ?』とか言うてみたいです
くぅ~たまらんw

れすとまんさん
コメントありがとうございます
全部は無理でも奈良のコース制覇しとくか!残り3つやし!って考えたんですけど、大台ヶ原が2つ残ってたんですよw
兵庫にも参上致しますのでお相手下さい(相手になら…(T_T) いや、お相手下さいませ(-_-#)

こんにちは。ザクさんくらい実走でたくさん走っているとやっぱり飽きてきてしまうのも仕方ないかもしれませんね。だから7葛とか凄いことに挑みたくなっちゃうんでしょうね(^^) 人のことが気になるというより、気になる人がいてお互いに刺激しあえるというのは素敵なことだと思うんですが(о´∀`о) それはともかく、ザクさんがさらに速くなるためのプロジェクトがすでに構想されているとみました。楽しみにしてます。

もんきちさん
コメントありがとうございます
TTでも影響があって、近い人に抜かれると抜き返す事ができます
限界だからギアを落としたいと思った土木から踏み込んで15分を切れたのは、もんきちさんのおかげですねw
ヒルクライムは思ったより単純にできているようです(笑)

パパちゃん
コメントありがとうございます
仰るとおりライバルの存在はありがたいですね
自分を速くしてくれますからw
ほぅ、私が何か企んでいると…
お目が高いですな!
作戦とかプロジェクトとか好きなので考えている事はありますよ
7葛ヨロシク、ホンマは速くなる気無いやろ!みたいなネタですけど(笑)

No title

Stravaについては基本無料でザクさんの場合既にGPSサイコンもあって即始められる環境ですから過去データの参照用にとりあえずやってみては?と思います。
「あのコース走行会走った時何分くらいで走っていたかな?」と思った時、直ぐに調べられるのは結構便利ですよ。
あまり見られたくないというのであればプライベート設定も出来ますし。
ちなみに私の場合最近どのコースを走っても平均くんのちょっと上って感じになってきました。色々走っているつもりですが意外とバラけない物ですね。

No title

関西ヒルクライムTTやStravaなどで人のタイムを一切見ずに黙々と自分ひとりでヒルクライムTTしてたら変態ですやんっ!w
実力の近そうな人のタイムはめっちゃ気になりますよ。
今年の伊吹山のタイムはザクさんともんきちさんの間やったのでお二人のことはめっちゃ気にしてますよw。

やまちゃん
コメントありがとうございます
残念ながらガーミンはきゃのんが使っていて、私のサイコンはケイデンスすら見れません(T_T)
なのでスピードセンサーはフロントフォークについていますw
せめてタイムと距離が同時に見れるサイコンを買おうかとも思いましたが、ストップウォッチがあれば良いと考え距離すら出していません
意外と集中して走れますよ(精一杯の強がり(T_T)

senさん
コメントありがとうございます
人の記録を気にせずヒルクライムの真を求める!
そう、菩提樹の下でさとりをひらいたゴータマ・ブッダのようにw
そんな事をしたら今日から禁酒せんとアカンようになってしまう(-_-#)
皆さんの記録に一喜一憂しながら楽しく練習しようと思います(`∇´ゞ

みなさんあちこちの峠でタイム計測してはるのですね。
いろいろな峠を走りますが、計測するのはたまに十三峠と鍋谷峠(大阪側)くらいですかね。
いかに自分のタイムを更新するかしか気にしていないので、複数の測定ポイントを設けていてもあまり意味がないんじゃないかな、という考えなので。
あとタイムに縛られて走っていても楽しくないし走り方も何か制限されそうですしね。

でもいつかあのサイトに登録されているコースを全て走ってみたいですね。
そのときはタイムを登録しようかな(笑)

こなまずさん
コメントありがとうございます
仰るとおり走り方は制限されていますね
景色や季節を感じながら楽しむ余裕なんてありません(^_^;)
しかしヒルクライムレースで少しでも上位を狙う為なので仕方ないのです
ガシガシ登りますで(笑)

こんにちは!僕はSTRAVA派です。勝手にタイム計ってくれるし、登録も勝手にしてくれて何もかも過保護に甘やかしてくれるSTRVAが向いてます^_^
タイムの比較がないヒルクライムなんて、点数の表示されないインベーダーゲーム(古すぎるかf^_^;)…じゃなくてゼビウス(くらいかな?)みたいなもんで、ひたすら苦行でしかないです(>_<)

100太郎さん
コメントありがとうございます
私、計測区間と判断したらスピードを上げないと気が済まないタイプです
ストラバの計測区間を全部加速していたら大変な事になってしまいますw
昭和のオッサンなので知らないところで管理される事を良しとしないのかもしれません(笑)
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR