スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロジェクト大台ヶ原_012(ここからが正念場)


この日2本目の鉢伏峠80号で念願の18分切りを達成した私は疲れていた
1本目で確かな感触を掴んだので、2本目の更新は登る前から予想できていた
好調な脚を鉢伏峠80号の更新に使うか、三郷の更新に使うかを悩んだ末の更新だった
2本登ったし、自己ベストも出たし今日はもう十分だろう
のんびり走る帰り道ではクロスバイクやママチャリに追い抜かれたりもした
ゆっくり帰ったものだから、法隆寺まで戻ってきた頃には回復の兆しが見え始めた
明日は疲労感で今日みたいな走り方はできないから、今日のうちに三郷も更新しておこう
そう思って三郷もアタックすることにした


0529_WT.jpg


自己ベストは狙って達成できるものではないが、狙わないと絶対に達成できない
ゴールまでのレイアウトを考えてペダルを回した鉢伏峠80号とは逆に突っ込んでスタートした
長距離を効率良く登る練習と、短距離で使い切る練習を平行してやった方が良い
三郷を指標にしている理由はココにあるので、コチラの更新も喜ばしいことだ
当初の計画ではプロジェクト始動段階では10分20秒で大台ヶ原を迎える予定だった
これは来月に到達するつもりだけど、1秒の更新がキビシイ物になっていくだろう
去年の自分を越えたココからが、真のプロジェクト大台ヶ原だ

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

金剛山RW ~検証結果~


●検証内容
 軽いギアを回せば同じ速度で登っても脚が残るのではないか?

●検証結果
 残らないw 

下記が、今週の金剛山RWの結果です
0522_RW.jpg

自己ベストを4秒更新できましたけど、昼食直後に登った前回との体重差でしょう
『ペダルは回すモノだぜ』みたいなブログを書く予定だったので予想外ですが・・・
振っても叩いても実力以上の結果は出ないので、ギア選択だけで好記録とか無理です
感覚と違うギアを使うとストレスが溜まるだけです 自転車は気持ちよく走る事を推奨しますw

●検証
森屋をスタートしてしばらく緩斜面が続きます
息ひとつ乱さないつもりで50×15Tで慎重にスタートしましたが、簡単に乱れて21Tまで落としました
消防所を過ぎて斜度が上がり始めると34×23Tでクルクル回しました
しかし、進まない事にイライラして、少し勾配が緩んだところでアウターに変速して一気に加速します
ソレ止めろよ・・・ だと思いますが、自分としてはよく我慢したほうです
8分55秒で橋を通過しました これは5月14日のTTより7秒先行しています
余裕があったし、目標より20秒早い通過だったから31分30秒でゴールできると思いました

そして、今日の課題であるトンネル分岐までのギア選択にも注意を払いました
軽いギアを選択して、それはもう大層なケイデンスで回しました
トンネル分岐は20分10秒だったので、目標より10秒先行に変わりました
でも、橋からトンネルの区間に落ちる事は想定済みなので焦りはありませんでした
32分03秒の時より30秒も先行しているし、ケイデンスで登ってきたからここから伸びるはずです
この先、勾配が緩んだところでアウターを解禁して残り4kmほど我慢すれば脅威の新記録が約束されています
もちろん疲弊しているけど、重ギアを封印しているのだから後半は良い脚が使えるはずです

しかし、それは幻想でした・・・
キッチリ回して登ればキッチリ疲労するので、息が整ったところで完全回復はいたしません
重ギアで攻めた時のように急激な失速はありませんが、軽ギアなら何とかなるという類の話でもないです
釣り場を通過する頃にはアドバンテージを全て吐き出し、脚も残っていませんでした

これが、家の近くの峠なら足をゆるめていたと思います
しかし、ここは千早赤阪村!
暑い中を1時間以上かけて移動して、 森屋から9.0kmも精一杯ペダルを回しているんです
残り1km少々で心が折たから次回に再挑戦とかやってられません
今日、更新するんだよ オレは(゚Д゚)ゴルァ

こうなると軽ギアもへったくれも無く、ペダリング効率もどうでも良くなってきました
ガチャ踏みで小さな蛇行をしながら、2回くらい『しんどいやないか!』ってつぶやきました
偽ゴールを通りすぎると、ゴールは目前です
50mが我慢できないでヒルクライムがやってられるか(゚Д゚)ゴルァ
渾身のダンシングでゴールに飛び込んで、この日の挑戦は終りました

我慢比べみたいな更新だったので、ケイデンスと疲労の関係を体感できませんでした
個人的には『失速しない範囲で好きなギアを選んで楽しく乗れば良い』という結論に至っています


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

恥ずかしっ『素直に嬉しいです』というコメントw

どうも、ザク豆腐です

通勤電車、大きな声で会話する2人組に遭遇しました
うるさいなぁ・・・と思っていた矢先、耳を疑う言葉が飛び込んできました
私って尽くすタイプだから
公共の場で声のボリュームが調整できないだけの事はあると、妙に納得しましたw
私は『私って〇〇な人・俺って〇〇な性格やん』という発言をする奴がキライです
言うまでも無く、〇〇には『キレイ好き・大雑把』など、自己分析が入ります
しかし、この分析は間違っている事が多いです
理由は〇〇の部分が分析ではなくて、願望である事が多いからです
これは『私はキレイ好き』『俺は細かい事を気にしない』と相手にアピールする為です
アピールの理由は評価と防衛です
私は家事得意な素敵な女! 汚れる仕事は嫌ですから他の人がやって下さい
俺は細かいことを気にしない大きな男! 資料作成は他の人がやって下さい
一方的に〇〇を押し付ける傲慢さと、正当化する横柄さにイラっとするんですよ
『アナタの性格はどうでもエエから、キッチリ資料を仕上げて下さい』って思います
イラっとすると同時に、願望を含めた自己評価の押し売りは聞いていて恥ずかしいです

その中でも〇〇が『尽くす』 これはいけません!
ザクさんの地雷を踏んでしまいました(笑
彼氏は苦労されている事でしょう 存在しないような気もしますが・・・
まず、献身的な人は自分で尽くすと言いませんw
『尽くす』アピールする人は、相手の都合を無視して好きな事だけ尽くします
 ・お腹が空いてるだろうから、御飯を作ってあげた
 ・部屋が汚れているから、片付けてあげた
『××してあげているのだから、感謝されて更に見返りがあってしかるべきである』
それだけなので、今後の為に内容や方法に意見しようものならエライ事になります
 ・ヒルクライムの為に炭水化物を制限しているから考慮したメニューにして欲しい
 ・スプロケをバラして掃除中だからこの辺りはさわらないでほしい
気に入らないなら自分でやれば良い!ってキレる声が聞こえてきますなw
先にも述べたとおり『私って〇〇な人』は、自分勝手な願望を相手に強要します
若人よ!よく聞いて下さい!!
自分で『私って尽くすタイプだから』とか言う女性と付き合うと大変な事になります
もし、彼女が好きな事だけを不可解な基準で尽くして、反応が悪いと機嫌を損ねる人だとしたら・・・
『彼女もいろいろやってくれてるからと意見せず、彼女がやりたく無い家事はオレが引き受けるよ』
そのくらい寛大な心があるなら止めはしませんけどwww

本題に戻りますがアスリートがよく使う『素直に嬉しいです』の『素直に』がイラっとするんですよね
〇〇って程うがった捕らえ方はしませんけど、無駄に多い文字数に『それ要るか?』って思います
『素直』は『願望』ではなく『それ以上でも以下でも無い結果』という意味かもしれません
だったら尚、要らないでしょう
結果に喜んでいる事くらいわかるので、二重に説明して貰わなくても結構です
『頭痛が痛い』って言わなくても、頭痛だけで解かるのと同じですw
『素直』は『飾り気が無くまっすぐである』という意味かもしれません
それなら、冒頭で述べた自己評価の押し売りそのものです
あるいは意味などなく、金メダルを口で銜えるのと同じで、流行りに乗っているだけなのかもしれません
それなら納得できますが、随分と安っぽい言葉に聞こえます
何にしても大台ヶ原で80分を切った時『素直に嬉しいです』という発言は避けようと思いますw

何ですと?
何故『素直に』がそこまで気になるねん? 気にした事もない?

何故って・・・
こう見えて、オレって日本語の乱れが気になるタイプやん( ̄ー+ ̄)

ほら!
知らんがな! どうでもええわ! こう見えてって何やねん! ってイラついたでしょw
そういう事です(笑

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

追伸
 ※『尽くす』押し売り女の見分け方
   『部屋を片付けといたから』と自ら言ってくる ウザ―(゚Д゚)―ッ!! 

来週、金剛山RWを更新するには?

05/14 金剛山RW 32分03秒(あと5秒)
『金剛山RWなんてたいした事ないから準備を整えれば今すぐ更新できる』
そう発言してから3回目のTTでしたが、またアカンかったです

前言を撤回して謝罪し、驕らず真摯にヒルクライムに取組みます
と、白旗を揚げる前に、ちょっと試してみたい事ができました

仮に、31分50秒(7秒更新)を狙う場合、下記のペースが理想的です
 ①03.5km 09分15秒(09分15秒) ~旧道合流(橋)
 ②06.9km 20分20秒(11分05秒) ~214号分岐(トンネル)
 ③09.0km 27分00秒(06分40秒) ~釣り場
 ④10.2km 31分50秒(04分50秒) ~ゴール

前回のペースはこんな感じです
 ①03.5km 09分02秒(09分02秒) ~旧道合流(橋)
 ②06.9km 20分40秒(11分38秒) ~214号分岐(トンネル)
 ③09.0km 27分22秒(06分42秒) ~釣り場
 ④10.2km 32分03秒(04分41秒) ~ゴール

これを見る限りでは、旧道との合流する橋までは良いペースで走れています
サボらず無理せず走ると、いつも9分くらいだから、ココはこれで良いのでしょう
14日は略インナーだけで橋まで進みましたが、アウター多用と同じ9分でした

ここから214号分岐まで登りが続くのですが、これが次回の課題区間です
前回05/05に登った時も20分40秒くらいで通過しています
しかし『ここから上げて行くか!』みたいな覇気が無く32分32秒に沈みました

残念ながら旧道合流から214号分岐をキッチリ回せる脚なんてありません
ここの登り方は、5日も14日も同じようなものです
違いと言えば、旧道合流(橋)までのフロントギアの選択くらいです
アウターはボディブローのように後からジワジワ効いてくるのでしょうか?

次回は旧道合流(橋)から214号分岐までを1枚軽いギアで登ってみます
通過タイムは20分40秒のままで良いから、軽いギアで多めに回します
自分が思うより軽いギアの選択は、進みが悪い分だけ不安になりますがw
でも、成功したら偽ゴールからゴールまで良い脚を使う事ができるかもしれません
失敗しても『我慢とド根性』で何とかしてきます

大丈夫!金剛山RWなんてたいした事ないぜ(笑

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロジェクト大台ヶ原_011(ラップ表)

昨年のレース経験を踏まえてラップ表を見直した
区間の別け方は去年と同じ
0509_SC.jpg

80分・85分・90分の3種類を作ってみた
去年より現実的な数値になっている(知らんけど
0509_LP.jpg


試走のお供に(笑

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロジェクト大台ヶ原_010(覚醒 1回目)

0508_2_WT.jpg



大台ヶ原80分切り挑戦までに2回を予定している急成長
その1回目は5月末あたりと予想していたので嬉しい誤算と言える
トリガーは4月末の2日間であった

私はサイコンが無いので、自分の走行距離を知らない
月に500km走ったから良かった 400kmだからダメだった
私の性格だと走行距離累計だけを合わせて満足してしまう
数合わせを目的とした情報はマイナスにしかならないのでサイコンを外した
自分のイメージと計測タイムから、その差を補う練習をする事にしたのだ
思い通りに走れたら練習量が減り、走れなければ増えるというワケだ
先月はイメージどおりに走れず練習量が増えた
TTサイトに記録していたので、その距離は増えていった
そして4月28日 私は見てはイケナイものを見てしまった
出来心でサイト内にある月間の累積情報を開いてしまったのである
あと2日で2,500m登ったら今月の獲得標高20,000m行きますやん( ̄▽ ̄)ニヤッ
獲得標高に踊らされて身の無い練習をするなんて、おバカさんだ
しかし、私はキリが良いという理由だけで2,500mを登ってしまった
標高が目的だったのでゆっくり長時間 飽きないようにコースを移動しながら
その結果、2日で体重が落ちて最速体重の圏内に入ってしまったのである
そして、仕事や天候で2日の休脚を挟んだ5月3日
私は仕上がったw

ゴールデンウィークの暴飲暴食で体重はもとに戻る予定である
むしろ、戻さないと2回目の急成長は来ない
理由はいろいろある
・体重がある方が、疲れが抜けやすく練習しやすい
・飲食を制限しすぎると2ヶ月で練習が嫌になる
しかし、最大の理由は『TTで様々なコースを更新したくなる』こと!
冒頭で『大台ヶ原までに2回の急成長』と書いたが、これまで2回目が無かった理由がコレだ

覚醒(1回目)
何かの思いつきで練習を開始する
2ヶ月もマジメに練習していれば、誰でも少しは力がつく
だが、継続して練習しているから疲れを引きずっている
慢性化してるから、疲れに気付く事も無い
そんな時、天候など2日ほど休脚するとイキナリとんでもないタイムが出る

5月3日がこの状態であった 
この時期、自己ベストまで4秒差は悪くないが、本当は更新を狙っていたのである
更新できなかった理由はギアの選択ミス というか整備のミスだ
ココってタイミングでインナーに落ちなくて、そのミス引きずった
府道合流手前の傾斜が上がりはじめる場所でアウターのまま減速してしまった 無念だw

これまでの私なら『ココ修正して新記録狙うぞ!』と思っていただろう
最後に踏んばる為に練習の強度を上げ、最速体重を維持し、しっかり2日休脚して次の週末を迎える
実際、そのような対策で更新してきたし、今回も達成できた確率が高い
でも、コレやっちゃうと休脚日は増えるし、飲食の制限で練習が嫌になるしw
ギリギリまで絞った状態で好調をキープできるはずが無いのだから、もう少し先を見ないとアカンのだな
体重はちょっと戻しすぎたかもしれないけど(笑

覚醒(2回目)については、6~7月に記事にできれば良いだろう
その為には覚醒(1回目)の感覚を練習に組み込む必要があったので、今回は幸運だったと思う


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

【ランキング】更新したい峠 ベスト10

0502_TL.jpg

●難易度

難易度:S
どうやって更新して良いかわからないレベル
過去に自分としては満足な自己ベストを記録しているコース
遅いと自覚しながら『登れるオレ』を捨てきれない元凶でもある

難易度:A
5~6月にしっかり練習すれば更新できるレベル
好調時にイメージどおりの自己ベストを記録しているコース
ここで満足したら、クライマーとしてポンコツで終る

難易度:B
準備を整えれば今すぐ更新を狙えるレベル
風向き・気温などの運も必要で、今最も熱いコース
前日にビールに留める(焼酎禁止)など、一定の対策をすれば更新可能である

難易度:C
TTすれば必ず更新できるレベル
長期間未挑戦で大幅更新が確実なコース
『強くなったオレ』という幻を見る可能性があるので挑戦を禁止している



●ランキング

10位:多武峰
ベスト10と書いたけど9コースしか思いつかないのでとりあえず選んだ
直線が長くて路面がキレイなコースが好きであるが、9位までとの温度差がある
ぶっちゃけ10位は多武峰じゃなくても良い

09位:清滝峠
ヒルクライムの能力が低くてもパワーで何とかなるところが素晴らしい
登るだけで記録も順位も大きく更新する可能性がある魅惑のコース
ベスト10で最も私をダメにするであろう峠なので、現在はTT禁止

08位:葡萄坂
金剛RWの帰り道、三郷から足を伸ばすなど『ついでに登る』コース
13分57秒を記録しているが、155回の登録で15分を切ったのは2回だけである
ブログのネタ『葡萄坂攻略マップ』を書き換える為に更新を望んでいる
だが、調子が良いと十三峠に行くのでガチTTの予定は無い

07位:勝尾寺
私のヒルクライムはここから始まっている 初登録は妙見山だけどw
練習を重ねて記録を更新しようと思ったはじめてのコースなので思い入れがある
思い入れはあるが、わざわざTTに行く程でもない

06位:大正池
毎回同じ記録が出る謎のコース
過去に3回挑戦しているが最大で7秒の差しかない
成長を確かめる意味で登ってみたいと思っているが、挑戦は2年に1回で良い

05位:金剛山ロープウェイ
32分を切って有頂天になっていたが、最近『それほどでも無い記録』と気がついた
空騒ぎに気がつくと、まぁまぁ恥ずかしいので更新しても騒ぐ事はないだろう

04位:十三峠
16分台を記録した瞬間から興味が無くなったような気がする
しかし、生駒のヒルクライムブログと十三峠はセットである
クライマーの聖地って誰が決めたんだろ?迷惑な話である

03位:鉢伏峠(80号)
この峠は自分の課題を見つけ易いレイアウト
メンタルがタイムに現われ易く、張り切りすぎてもビビってもダメ
更新の秘訣は『賢者の走り』である

02位:大台ヶ原(河合~辻堂山)
ここで大風呂敷を広げたから、こんなにも苦労しているのだ
既に『更新したい峠』ではなく『更新しなくちゃいけない峠』である
85分とか無理な宣言しちゃうと大変だw
ホント、85分にしとけば良かったわ・・・

01位:信貴山(三郷ルート)
ヒルクライムの最終目標は三郷9分台


考察
能動的に挑戦したいのは金剛山RWと鉢伏峠(80号)だけのようである
この連休にどちらか一方でも更新できれば良いのだがw


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

鉢伏峠(80号)を登ってみた

日々の練習に比例して、タイムが更新できればヤル気が出る
しかし、思い通りにいかないのがヒルクライムだと思う

三郷のみを登り続けた場合、5月に58本登ると6月に更新ラッシュが来る
これは過去のログを分析した結果、導き出された答えである
先日のどか村まで50本しっかり回すと書いたけど、実は最低60本だった・・・
速くなるってたいへんだなΣ(=ω= ;)ゲッ

色々な場所を走って、経験値を上げた方が良いというのもわかる
だが、やはり遅い奴はドコを走っても遅いと思っている
私の場合『今日はドコを走ろっかな♪』と考えているヒマがあるなら練習した方が良い
ドコを走っても遅いのだから、グダグダ言ってないで登れというのが持論
だから4月は三郷にこもった

でも、速くなった経験が無いから確証は無いし、誤りを修正するなら早い方が良い
たまには、少し距離のある峠を登ってみる事にした
現在、更新確実な峠を登って速い気分を満喫する事を禁止している
だから、近くで要件を満たす峠は、金剛RWと鉢伏峠(80号)しかなかった

鉢伏峠(80号)を18分台で登れなかったら、長距離を増やすかな・・・
東紀寺3交差点をスタートして、しばらくは緩い勾配が続く
奥山ドライブウェーの入口までは50T×17~21Tくらいで様子を見る
息を乱さなくても進むギアで一番重いのを選べば良い 50T×23Tを使う日もある

とにかく岩井川ダムの勾配にビビッて『前半に稼いどこう』と考えると後半失速する
岩井川ダムの登りにしたって直線だからインパクトがデカイだけで3分登ればピークに到達する
スタートからぶっ飛ばして、気合で岩井川ダムを乗り切ると後半は盛大にタレる
それより、岩井川ダムを下り終わった後に50Tを使える足が残っているか否かがポイント
後半の九十九折れに入るまでの緩斜面区間で伸びるか止まるかで結果は大きく変わる
そういうコースなのだ

疲労が蓄積している時は、春日病院までの緩斜面で50T×23Tが重いと思う事がある
こういう日は足掻いても20分オーバーだから、記録を気にせずインナーでしっかり回せば良い
幸運にも29日は休脚日明けで足が軽かった
ドライブウェーあたりからは追い風まで吹いて私をピークまで運んでくれた
通過タイムは8分くらい 息は少し乱れているがゼェハァには至っていない
ポイントとなる緩斜面区間は50T×23Tで通過した
さんさいの里くらいでタレはじめ、ドコモの電波塔で力つき最後の平坦で追い込めなかった
ラスト500mの平坦で1分かかってしまったが、5月にしっかり練習すれば改善されるだろう
結果は18分34秒で、追い風の分だけ更新できた
でも速い人は皆17分だよな・・・ と考えながら帰路についた
ただ、疑問については一定の答えが出たから三郷を中心に練習を続けようと思っている


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。