スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢志摩スカイラインヒルクライム その2


実は、きゃのんが2位に7分差をつけると思っていました
今年はコースもメンバーも違うので単純比較できませんが、少しくらいのスタート遅れは問題無いでしょう

私はレースに集中です(`・ω・´)ゞビシッ!!
今回は『レースで軽ギア高ケイデンスを試す』というテーマを持って伊勢志摩スカイラインに来ています
ところがフタを開ければ、緩勾配に緩い下りをはさむパンチャーが泣いて喜ぶレイアウト
アウターで攻めて下りで休むインターバルアタックが頭を過ぎりました
しかし、同じ事を繰り返しても同じ結果しか出ないので『インナーくるくる作戦』を続行します
登りで追いつき下りで離され、同じ人の背中をずーっと見る展開が続きました

前でウロウロされると見通しが悪いな・・・ 一気に追い抜くか?
いや、それで何度失敗してきたことか! ケイデンスやぞ!
下見したのに残距離がさっぱりわからんなぁ(アカンやないか!
もう、アウターでええんとちゃうかなぁ
タレないと不安やなぁ・・・ 頑張ってないような気がする・・・
おぉ残り2kmの看板がみえてきた!
もう10分くらい同じ2人の背中しか見てないなぁ・・・
残り1kmの看板から2人は追いぬくとして、レース展開としてはどうなんやろ?
何と!オッサンが棒を振って誘導しとるやないか!
もうすぐゴールと気がついてアウター解禁しました
予定どおり追いぬいてゴール
随分脚が余っているようだが、これは正しいのか?
タレて失速しながらゴールするようなレースを改める為にインナーで登ってきたんです
でも、タレるまで追い込まないとベストを尽くしたような気がしないのです
いやいや、それは自己満足であって、タレない方が速いのでは・・・ 
う~ん、こんなに楽して良いものか?

とりあえず、きゃのんとタイムを比較して考えるか・・・
そういえばスタートに間に合ったのかな?
そんな事を考えていると、きゃのんが登ってきました

スタート前に計測チップが無いから、わき腹のゼッケンが見えるようにゴールするよう伝えてあります
わかってたけど、本当に優勝とはおそれいったな
軽く腕を上げるだろうか? いや、忘れてるだろうなw
ん?ハンドルから左手離したな 
スゲー 拳を握り締めて天に突き上げながらゴールしたwww
まるでラオウやwww

結果
 ザク豆腐 28分35秒 (23位 完走87人)
 きゃのん 28分08秒 (優勝 完走13人)

おそらくレース展開としてはこれで良かったのだろう
今はそんな気がしています

表彰式でチャンピオンジャージに袖を通すきゃのんを見て思い出しました
先日、シルベストに行った時に『上はレースで貰うから下だけで良いわ』とレーパンを買っていた事を・・・

予定どおり優勝するってどんな気分なんだろう?
想像すらできんな・・・
『おめでとう』を言いながらそんな事を考えて家路につきました

『きゃのんさんの旦那も自転車に乗るらしいで!』
そんな声も聞こえてきそうなこの頃です
置いていかれないようにがんばらなければ!

NEXTザク家! 高取ヒルクライムを目指して(お楽しみにね!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

伊勢志摩スカイラインヒルクライム その1

7月24日(日)
伊勢志摩スカイラインヒルクライムに参加してきました

このレースは少し特徴があって去年から興味がありました
しかし、スケジュールが合わず初エントリーとなりました

特徴とは・・・
●カテゴリーを自分で選ぶ
多くのヒルクライムレースでは年齢・性別でカテゴリーが区切られています
対して伊勢志摩は自分の実力に合わせてカテゴリーを自分で選んでエントリーします
 カテゴリー:エリート、スポーツ、ビギナー、レディース

私はスポーツでエントリーしました
来年参加を検討されている方は十三峠で下記を基準にすると丁度良いです
エリート(~16分59秒) スポーツ(~19分59秒) ビギナー(20分00秒~)

カマトトエントリーをすると人数が多くて走り難くなります
今年は エリート(十数名) スポーツ(150名ほど) ビギナー(250名ほど)

●順位は、ゴール順位優劣により3位まで
ローリングスタート、グロスタイム方式です
計測タグを使用しません
バイク先導でスタートして、クラクションが鳴るとガチ踏み開始です
集団がバラけて安全が確保できるまでクラクションが鳴りません
人数の多いカテゴリだとタイム的には不利でしょう
しかし、計測タグが無く順位を競うというグロスタイム方式!
7時2分にスタートして、ゴールした順番で表彰されるのだからタイムに意味はありません
当日はリザルトも出ませんので4位以降は『登っただけ』という事になりますw


機材の準備は金曜日に行いました
きゃのんのホイール交換(エキップS→LWC)コンポの掃除や調整などです
ホイール交換の予定が無かったのでギリギリになってしまいました
土曜日は調整で竜田川コースを流して機材に問題が無い事を確認しました

当日は5時前に会場入りしましたが、既に多くの人が集まっていました
ローラーを回しておられる方などを見ると『レースに来たなぁ』って感じがしますw
わが家は軽自動車にロードバイク2台を積んでいるのでローラーを積むスペースはありません
駐車場付近でアップするのですが、今回は砂利なので敷地内の舗装道路を往復しました
アップ渋滞とか初めての経験w

間もなく集合がかかりました
このレースは受付が山の頂上なので、集団下山の後でスタートとなります
コースを下見できる、疲れた後の集団下山というリスクが無いなどのメリットがありました
今年は昨年までと違って鳥羽側から登るので過去の情報は参考になりません
下見した結果『これは大変マズイぞ・・・』と気付きました
緩斜面は得意ですが、下りが3~4ヶ所混じっているのがよろしくない・・・
超絶に下りが下手なので登りのアドバンテージを一気に吐き出す展開が予想されます

スタートの整列位置に自転車を置いて、きゃのんと話してヒムロックさんが声をかけてくださいました
勿論、お名前は存じ上げておりますが、お話するのははじめてです
エリートで参加されているようで青いゼッケンが光っています
人見知りを発動させて奇怪な受答えをしてしまいましたが、私は怪しいものではありません!
いや、怪しい奴ですが悪い奴ではありません がんばって生きています( ;∀;)
それに対するヒムロックさんのさわやかな対応! キリノさん級にさわやか好青年でした!
実力も申し分なく今日のレースも結果が期待できます! 頑張ってください!

ただ『さわやか』なのはいかがなものか? 
『男前』や『人気者』だけでなく『さわやか』も私の〇〇リストに載りますのんや!
『葛城山のぴんから兄弟』を見習って欲しいものです!(誰の事やねん・・・

『さわやか』とはけしからん!と怒っていると、『ザクさんですか?』とまた1人声をかけてくださいました
ブログ『50歳~のランニング&ロードバイク(ヒルクライム) 』を掲載しておられるナオトさんでした
お話させて頂くと『十三峠16分台は普通でしょ?』の方でしたw
追い込むトレーニングにはランニングって効率が良いよ!なんて事をフムフムと聞かせていただきました
速い人はちゃんとトレーニングしてるよなぁ などと納得してしまいました
『同じカテゴリですね!がんばりましょう!』と健闘を誓い、さわやかに去っていかれました
ええ、がんばりましょう! 私もベストを尽くします!
ただ『さわやか』なのはいかがなものか? 
『葛城山のぴんからトリオ』を見習って欲しいものです!(増えたな・・・

時計に目をやると6時56分!レース開始まで後4分です!
カテゴリー(スポーツ)のスタートまで後6分!
インナーである事など最終確認を済ませ、静かにその時を待ちました
そんな時です きゃのんが『トイレに行ってくる』と言いだしたのは!
レディースのスタートは7時7分です

スタートはエリート → スポーツ → レディース → ビギナーの順です
今からビギナーの人に混じってトイレ行列に並ぶの?
下山後、30分くらいあったのにバカなやつめ!

7時02分 スポーツスタート
スタート直後、トイレが見える位置を通るので目をやると、きゃのんはあと2人くらいの位置で並んでいました
哀れきゃのん・・・ 終ったな・・・ 仮設トイレで号砲を聞く事になるぞ・・・

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

魁!!きゃのん塾

最近速くなって調子に乗っておるな!きゃのん奴め!
きゃーんと言わさんとアカンけど生駒系や金剛系では無理だ・・・

東紀寺のコンビニを背に鉢伏峠80号を登りはじめたのは16日(土)の朝
先行スタートさせて追い抜き千切る そして言うのだ!
『緩斜面ではマダマダやな』と
作戦は奇を以ってよしとすべし!

春日病院前で予定通りパス!
ほう、粘るか・・・ 往生際の悪い( ̄ー ̄)
ダム横で再度加速して再度パス!
気にするな、きゃのん お前が弱いのではなくオレが強すぎるだけだ(-。-)y-゜゜゜

結果(1本目)
ザ:18分55秒
き:18分05秒

あれ?調子は良かったはず・・・
日笠からの峠で水間トンネルで折り返したきゃのんとスライド
『まだこんなトコにおったんか?』という顔をヤメロ(# ゚Д゚)

2本目をスタートする前に東紀寺のコンビニで対策会議?をした

き:あんたがチョロチョロするから18分切りできんかったやないか(# ゚Д゚)
ザ:TTの結果を人のせいにするな(# ゚Д゚)
き:だいたい前半が速すぎるねん 抜かして道をふさいで、車が来てるのにタレるから抜かされへんやろ(# ゚Д゚)
ザ:遅い人を否定するのはクライマーとしてアカンやろが! 抑えても後半タレるから突っ込むしか無いんじゃ(# ゚Д゚)
き:何故その2択やねん ペース配分ってもんがあるやろ(# ゚Д゚)
ザ:(# ゚Д゚)

心の声
まぁ確かに自分より速い奴を先行させて追い抜くという設定にはムリがあった
腹立たしい事に、きゃのんが正しいしこのままでは確実に勝てない
優れたクライマーと認め、盗めるものは盗んだ方が得策か・・・ 実に不本意ではあるが・・・

ザ:ちょっと練習するわ 牽いてくれたまへ(-_-メ)
き:心拍を意識するんやで
ザ:(# ゚Д゚) わかった・・・

きゃのんに続いてスタートして悶々としながら2本目の鉢伏80号を登った

心の声
何が『心拍を意識するんやで』じゃ エラそうに(# ゚Д゚)
叩くつもりが更に調子に乗せてしもうたやないか・・・ 
このままやと『ヒルクライムとは何ぞや・・・? ロードバイクとは何ぞや・・・? 返答せい!』とか言い出しそうやw
しかし遅いな こんなペースで大丈夫か?
それにしても、圧力がスゲーな 江田島平八みたいやw
きゃのんは上半身がブレなくなってペダリングが安定してきたな
ふーん ダム過ぎてからペースが上がるんか・・・
これ、レイアウトに合わせてペダリング変えてないな
残距離が少なくなったからペース上げてるだけや
『勝手について来い』ってだけで、牽く気は無いようだなw
さんさいの里まで追いかけて後は粘ろう

結果(2本目)
ザ:18分39秒
き:18分15秒

1本目のダメージが残っているのに更新できてしまった
めでたい事だが『ホラ、ごらん』みたいに言われてしまうやないか・・・

例の如く、3本目をスタートする前に東紀寺のコンビニで反省会をした

き:どうやった?
ザ:更新した
き:後半まで頑張ってついて来てたもんなぁ
ザ:(# ゚Д゚) おかげさまで・・・

心の声
何が『頑張ってついて来てたもんなぁ』じゃ 上から目線で(# ゚Д゚)
でも、牽いてもらってイメージを覚えるってのも悪くない
復習でもう1本ついて行くかな 
って、オイ! もうスタートしてるやないか!

結果(3本目) ※2秒はスタートの遅れを詰めた分
ザ:19分13秒
き:19分15秒

残念ながら、現在きゃのんに勝てるのはペース配分無用でゴールできる短コースだけ・・・
嫁に牽き殺されるオッサンは少数派なので切ないけど、しばらくサポートしていただこう
思いの他、伸び代がたくさんありそうなので噛み付くのはその後でも遅くは無いしw
恩を仇で返す? いや、切磋琢磨ということでw


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Racing Zero~インプレ2回目~

●記録
金剛山RW 10.2km 5.3%
 2016/06/26 33分16秒 レーゼロ
 2016/04/06 31分58秒 LWC
  →78秒遅れ

十三峠 4.0km 9.2%
 2016/07/02 17分58秒 レーゼロ
 2016/05/15 17分58秒 DT SWISS R20
  →変わらず

三郷 3.3km 6.8%
 2016/07/02 11分19秒 レーゼロ
 2016/05/23 11分33秒 DT SWISS R20
  →14秒更新


●練習に向いているか?
ペダリングが下手な人に硬いホイールでの練習は不向きだと思う
そもそも何故レーゼロを購入したのか?
それは柔らかいホイールが進まないからである
進まなくてイライラするが、それでも進む踏み方がある
それに比べて硬いホイールはとにかく進む!
どんなふうに踏んでもグイグイ進む!
ガシガシ踏み倒しても気持ち良いくらいに進む!
そしてダメージは脚に跳ね返る
これは後半にタレるとかに限らず、練習後の疲労という意味を含む
ペダリングの効率を無視して記録を意識すると蓄積疲労はエライ事になる

●TTで記録は出るか?
間違いなく記録は更新できる
いやいや、金剛山RWで78秒遅れてるやないか!
さてはガシガシ踏んで後半タレまくってるんやな 馬鹿なヤツめ!
ってそんな事で1分以上遅れるワケが無いw
普段から硬いホイールを非効率に踏み倒しているので疲労が抜けていないのだ
スタート前から脚が重く『ダメだろうな・・・』と予想できてしまう
三郷は11~12分なので覚悟を決めて踏み倒し、益々疲労を重ねているw
毎日有酸素と無酸素の境目をウロウロして最後はタレるを繰り返しているのだ
十三峠17分58秒の時は第一ヘアピンを3分37秒で突っ込んだ
コンディションを整えれば粘って更新も可能だろう
でも、練習の為に2~3日休脚とか有り得ない
だったら回すペダリングを意識してパフォーマンスを安定させれば・・・
正にそのとおりだwww
今回は『TTで会心の一撃があるか?』に限定すれば『ある』というコトでw

●レーゼロってどうなの?
ペダリングが上手い人は普段履きして良いだろう
下手でも意識すれば・・・だけど、柔らかいホイールと比べてポイントがわかり難い
どう踏んでも進むからw パンチャーだからか?
でも、適当に踏んだダメージは日々蓄積されていくのがわかる
柔らかいホイールで練習してレース時にコンデションを作って履くべきか?
単発では結果が期待できるから

ただ、普段履きにもメリットがある
ペダリングのポイントがわかり難い分、他で何とかしようとするのだ
レーゼロを抑え込む為に上半身を使うようになってきた
抑え込まずに仲良くできれば良いのだけどwww
三郷11分切りまで踏み倒して、それから再考してみよう
今までと違う部位が鍛えられている感覚があるのでもう少し様子を見よう
来月から対策しても大台ヶ原には間に合うだろう


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

山岳グランフォンドin吉野 ~ロングコース~

7月3日(日)
吉野にも朝が訪れ、太陽が白々と深緑を映し出している
ロードバイクにゼッケンプレートを固定しながらローディ達を見渡した
『今日は暑くなりそうだね』などと談笑しながら、それぞれの準備を進めている
そう、今日は『山岳グランフォンドin吉野』
SUNZOKUからは、YAMADAさん、maCさん、ちょしさん、カメさん、ザク豆腐が参加した

スーパーロング、ロングの順で、2名ずつ10秒毎にスタートする
我々は早く会場入りしたのにグズグズしていたので、ほとんど最後尾になってしまった
6時にスタートが始まっていたけど、号砲を聞く頃には6時半が迫っている
マイクで『いってらっしゃい』と盛り上げてくれるお姉さんの声も枯れてきたw
エイドで用意されている柿の葉ずしがなくなってしまう(; ・`ω・´)
そんな事を考えながら走りはじめた

最初は分岐が続くので、試走してコースを覚えている私が先頭を走った
39号に入ると15kmほど1本道が続くのでカメさんと先頭を交代した
SUNZOKUトレインは一気にペースが上がった!
けど、YAMADAさんが『速すぎる』と言ってくれたのでペースが落ち着いたw
危うく開始5kmでひとり旅になるところだった YAMADAさん b(゚Д゚)グッジョブ

平坦を黙々と走って20kmを少し越えたあたりで、給水ポイントが見えてきた
たぶんココは水しかないな 通過して柿の葉ずしまで走れ(; ・`ω・´)
意志が通じて給水ポイントは止まらず通過 カメさん b(゚Д゚)グッジョブ

火打町を過ぎて732号に入ると山岳区間に入る
『ここからしばらく登りますで』とメンバーにお知らせした
その合図を聞くや否や、スルスルっと先頭に踊りだす影・・・
先程まで大人しく走っていたmaCさんがオーラを発して我々を抑えにきている!
下がってろ お前達( ゚д゚)、ペッ
その横をすり抜け、ダンシングで駆け上がるカメさん!
今日はバックパックに石が入っていないから調子が良いのか?

その姿を『若いねぇ』と見送り、坦々と登る姿に貫禄さえ漂う YAMADAさん、ちょしさん
いやいやいや、ちょしさんも若いだろう! それなのに何と言う落ち着き!
登り進めるとペースを落としたカメさんに追いついた
すると、チラっと私を見て『ザクさん』と言うとビューンと行ってしまった
振り返ってチラっと確認した後、猛スピードで走り去る姿にネコを思い出した( ^ω^ )

頂上の給水ポイントで水分を補給の図
エイド

ここからしばらく下ると今日一番というか、唯一の急勾配に入る
しかし、下りが下手くそなので急勾配に入る頃にはひとり旅になっていた
ちょっと急ぐか・・・ アウターに入れてガーっと進むとちょしさんを発見した
丁度良いペースで登っておられたのでついて行く事にした
ペースを作ってもらうって楽ですなぁ( ^ω^ )
頂上でボトルを手にしていると間もなく皆が揃った
ここから野迫川エイドまでは下りなので、ゆっくりひとり旅であるw
実は、無理してついて行かなくても迷子にならないように試走をしたのだ
『遅い人が無理をしてケガをするから速い人が気を使わなくてはいけない』これは半分正解だ
遅い人は遅れた時に焦らなくても良いように準備をしなくてはいけない

野迫川エイドで通過チェックを受け、一息ついてから天川村を目指した
今日のイベントで唯一気に留めていた事がある それは天川村に足を残した状態で到着する事だ
山岳グランフォンドと聞くと、勾配に苦しみそうなイメージだがそうではない
勾配ではなく、悪路に足を削られるのだ
天川村で足が残ってれば、行者環トンネルまで飛ばしていけるし、残りは下るだけだ
天川村の2km手前で待ってくれていた皆に追い付き天川村エイドでチェックをうけた
柿の葉ずしを食べなくてはイケナイ(; ・`ω・´)

心行くまで柿の葉ずしを食べると眠くなってきた
ここで、メンバーの様子を紹介
YAMADAさんは足の重りを外してスッキリした様子でひと息ついている
ちょしさんはサプリメントで今後に備えている
maCさんは熱いと良いながらカキ氷を食べている
カメさんはパンを手にとり日焼けを気にしている
ザクさんは6個目の柿の葉ずしを食べている

ここから行者環トンネルまで15kmの悪路が続く事になる
天川村から7km程進むと柿の葉ずしで満タンになったお腹が落ちついてきた
突然『行者環まで頑張るスイッチ』が入ったw

アディオスアミーゴ(さよなら友よ)
『何故ここでスイッチが?』というメンバーの不思議そうな顔を横目にペースを上げた
基本的にひとり旅だな!景色を楽しんでいると後ろでギアを変える音が!
どうせアナタなのでしょう と振り返ると期待どおりのカメさんw
そしてビューンと行ってしまった(2回目)
何とか見える差くらいで行者環に到着して最後の通過チェックを受けた
時刻は11時40分を過ぎた頃

あんパンを食べながら待っていると皆が揃った
行者環
真っ暗な行者環トンネルを抜けると悪路を10kmほど下ることになる
ここで無理して落車もあほらしいし、どうせ抜いてもらうのだからと最後方からついて行く事にした
トンネルに入ってすぐにギアがとても軽い事に気がついた
『行者環の最後が急勾配だったから軽くしすぎたな』とアウターに入れた
カチッ・・・ ガキッ・・・
電灯すら無いトンネルでのチェーン落ち(´;ω;`)
とりあえず、横に寄せて停止して、チェーンをって・・・ 見えないし(´;ω;`)
ライトを外して位置を確認すると、勘でチェーンをかけた
困ったのはその後で、ライトがホルダーに戻せない
手探りで何とか戻して出発したけどチェーンオイルで手が滑る(´;ω;`)
暗闇で作業したからエライ事になっているだろうけど暗くて見えなし(´;ω;`)
ゆっくりトンネルを出て、その辺の葉っぱで手をふいて悪路を下ったw
169号の合流まで下って『お待たせしました』と挨拶を・・・ 
誰もいない・・・ 待っとらんがな( ゚Д゚)ゴルァ!!

行者環で元気だったから、ボチボチ登ってたら追いついて来るだろうと考えたのだな・・・
となると、大台ヶ原ドライブウェーの入口で待ってくれているかも?
『大台ヶ原ドライブウェーまで頑張るスイッチ』が入ったw
50×23T渾身のアタックで進むと予想より手前のトンネルで待ってくれていた
次のエイドまでは下り基調なので、ペースを抑えてもらった
私からすれば、それでも速かったけど(´;ω;`)

最後のエイドにはレッドブルの宣伝カーが停まっていた
あの車には冷蔵庫がついていて、キンキンに冷えたレッドブルが入っていた!
そして、レッドブルのお姉さんに嬉しそうに話しかけるオッサン発見
ここまで走って疲れてるだろうに男ってやつはwww

39号に戻ると、カメさんが『脚残ってます?』と聞いてきた
何という恐ろしいフリだ・・・ そう思いながらの勇気ある返答をした
『15号を頑張る程度には』

これ、最後の登りで勝負するってコトやな! 受けて立とう(; ・`ω・´)
ジャムパンでバックパックを膨らませているような男には負けんぞ!
15号に入るとバレないようにそっと前に出て、一気に加速!
しかし、あっさり捕まりビューンと行ってしまった(3回目)

そして何故か、ちょしさんもビューンと行ってしまった!
さっきまで『オマエ達よくやるわ・・・』と落ち着いて見ていたクセにヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
スーパーロングから帰って来た人には『ホラ、しっかり付いていかんとw』って笑われるしヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

アホな争いには参加しない YAMADAさん、maCさんはペースを乱さずゴール
これが大人の判断というやつだな(; ・`ω・´)

炎天下で8時間近く走るという厳しいイベントだったけど、やっぱり外を走るのは楽しいw
何より峠のタイムを気にしなくても良いのが素晴らしいwww
楽しいのは、皆が無事にゴールできたから! 本当に楽しい1日になった!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。