スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

れすとまん氏は実在した!!


どうも、ザク豆腐です

前回ヒルクライムは精神力という記事をアップしました
皆様から応援のコメントを頂き感謝しております
 れすとまんさん:真面目に走れ(# ゚Д゚)カス!!
 やまちゃん:気負って空回りがお似合いだな(# ゚Д゚)カス!!
 ぱぱちゃん:しっかり走らんかい(# ゚Д゚)カス!!
 senさん:オマエ最初だけやな(# ゚Д゚)カス!!
 ユキオさん:恥知らず!しょうもないタイムを登録するな(# ゚Д゚)カス!!

厳しくも暖かいお言葉を胸に刻み・・・
・・・
手を抜かずに登ったらええんやろq(゚д゚ )ウルセェ

三郷のスタート地点に立ったのは4時半を過ぎた頃でした
こんな薄暗い時間に必死で登るとかありえんやろ・・・
結果は三郷のゴール通過は11分54秒、のどか村で17分後半くらいでした
朝からしんどすぎるやないか・・・ グラノーラが喉元まで上がってきとるわ・・・
これも『オマエは手を抜くから鳴かず飛ばすなんや』とか言うてびびらすからや
今しんどいのは、れすとまんさんが悪いな!全面的に!

サボる事を決意した2本目、ユルユルと府道合流に到達しました(アカンやないか!
ここはひとつ、足をつかずにのどか村まで登って・・・などと企んでいると上からローディが下ってきました
そして声をかけてくれました
 れ:ザクさんですか?
 ザ:はい、おはようございます
 れ:れすとまんです 1本目ですか?
 ザ:2本目です 1本目はマジメに登りましたんやで(ココ重要!
 れ:?? 下まで行って登ってきます
 き:今の誰?(後から追いついてきた)
 ザ:れすとまんさん 三郷のゴールで折り返すぞ!

こうして府道合流まで戻ったザク夫妻はれすとまんさんのギャラリーとなりました
しばらくして、れすとまんさんは凄い勢いで登ってきました!
実はこのとき『サラ脚でぶち抜いて一瞬でタレたろうか?』と考えました(邪魔すぎる!
でも、折角の機会なので後ろについてペダリングを見せてもらう事にしました
HANAKENさん、nico chanさんとご一緒させて頂いたときは『なるほどなぁ』と感心しました
しかし、れすとまんさんは違いました よくわからんけど、ただただ速いのです!
ソレでここまで登ってきたんか?最後までいけるんか?と思いました(失礼な!
でもいけるんですね! これが走る哲学者の性能というやつか!
見飽きないペダリングだなぁ 最後の直線ではピッタリくっついて観察するぞ!
ボチボチ詰めておこうかな ギアを上げよ(嬉)

カチッ・・・ ビューン・・・
変速音を合図に千切られてしもたやないか(´;ω;`)


でも、ホームコースを最速で登るラストスパート見たんやなぁと思うと感慨深いものがありました

速い事は知ってたので驚きはしなかったけど、想定外なのはさわやかだった事ですね(゚д゚ )
ザクさん〇〇リストに載りました

ザクさん〇〇リスト
 1位:速くて男前 ・・・n〇vさん など (〇の位置・・・
 2位:速くて人気者 ・・・sunzoku1〇さん など
 3位:速くてさわやか(モテモテ含) ・・・れすとまん〇ん など


いつもと少し違う朝錬の風景でした またお会いできたら嬉しいです! 

P.S.
そういえば、今日の三郷(11分54秒)って、れすとまんさんの葡萄坂と同タイムなんですよ
タイムだけ聞いても、どのコースを登ったのかわからない不思議w


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

十三峠および三郷で自己ベストを更新する方法

自己ベスト 十三峠:17分58秒 三郷:11分29秒
速い遅いは見る人によって違うのでそっとしておいて下さいw
今回はこの記録をどうすれば更新できるかというお話です

●どのような状況で自己ベストが出たか?
 十三峠:蕎原できゃのんにきゃーんと言わされた危機感から全力TT
 三郷:金剛山RWできゃのんにきゃーんと言わされた危機感から全力TT

どちらも精神が疲労を凌駕した結果となっております
金剛山RW帰りじゃなかったら、三郷で10~20秒短縮できるのでは?
そんな声も聞こえそうですが、454本のベストが敗北からの奮起なのだから最後は精神力なのですw
だったら金剛山RWで負けた悔しさをもって逆瀬川で更新ができるのか?
それはまず無理でしょう 体調を整えなければならないと思います
この差はコースレイアウト つまり距離と勾配です

●大阪ヒルクライマーの聖地 実は・・・
都会からアクセスが良い場所をテキトーに聖地化するのはよくある事でしょう
あるいは、多くのクライマーの汗で後から聖地になったのかもしれませんw
でも、実は十三峠ってピュアクライマーじゃないほうが好記録を狙えるような気がしています
高速巡航やスプリントが苦手でも重力に逆らい軽快に進む『山岳のスペシャリスト』それがピュアクライマー
私も休みどころの無い急勾配に『ここではクライマーに勝てない』と諦めておりました
しかし、考えてみれば15~20分の短いコースなんです やる気だけでゴールできるんです
どんな脚質でも受け入れてくれる懐の深さが聖地なのかもしれませんねw
個人的には強いオールラウンダーが力を発揮する峠だと思っています

何が言いたいのか?
それはショートコースでペース配分を必要以上に気にする必要が無いということです
先日の三郷は下記のとおりでした
11分29秒 1.0km(スタート~大学)2分38秒~1.4km(大学~府道)5分40秒~0.9km(府道~ゴール)3分11秒
11分を切るにはどうすれば良い?ですが先日までこう考えていたんです
10分59秒 1.0km(スタート~大学)2分50秒~1.4km(大学~府道)5分20秒~0.9km(府道~ゴール)2分49秒
でも、私の場合これじゃ無理ですね コッチが正解w
10分59秒 1.0km(スタート~大学)2分38秒~1.4km(大学~府道)5分30秒~0.9km(府道~ゴール)2分51秒
途中で時計を見て『過去最高の通過タイムやないか!』と奮起できないと更新は難しいです

狙って出るとは限りませんが、狙わないと確実に出ないのが新記録です
参考 今年TTサイトの登録は200回で全力は8回 そのうち更新は5回


●十三峠および三郷で自己ベストを更新する方法
ショートコースはヒルクライムで無いと理解せよ!
突っ込め!タレるな!踏み倒せ!

きゃーん慣れしてきた感もあるのですが『ここでタレたら家でダメ出し』と思って踏み倒します(回せよ・・・
最後は精神力だ!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Racing Zero~インプレ~

どうも、ザク豆腐です!

ターゲットレースに備えて軽くて剛性の高いホイールを用意しよう!
そんな事を考えておられる諸兄! 早くしたほうがよろしいで!
性能の差はタイムの差、これは機材に限定された話です
ホイールに慣れるって思ったより大変なんです 全然なつかない
少なくとも『俺が遅いのはホイールせいだ』とか考えたらアカン!
自分より速くて鉄下駄ホイールの人はナンボでもいますんやでw

大切なのはホイールとの相性です
『細かい違いなんぞわからん』という豪気なお方もおられますがw
強靭な脚が無い私の場合、機材に助けて貰わないと低迷してしまうのは明らか・・・
機材の力を借りるにはどうすれば良いのでしょう?

レーゼロに乗って感じた事 それは『噂以上に硬い』です
すばらしい加速性能と乗り心地の悪さw
レーパンのパットがアカンという噂もありますが、ロングライドに行くと痔になりそうw
でも、1時間くらいガシガシ登った後にダラダラ帰るには申し分無さそうです
そう『申し分無い』ではなく『申し分無さそう』なんですよね いまだにw

それを踏まえて、レーゼロを検討される方の為に解いておかなければならない誤解
それは金剛山RWの低迷です 
35分とか目も当てられんような記録で登っているけど、レーゼロは関係ありません
シートの位置を少し後ろにして低くしている事が最大の要因なのです
ポジションを戻すとタイムも戻るのでソコは良いんです 気にしないで下さいw

大切なのはレーゼロの性能を活かすにはどうすれば良いかです
昨日、金剛山RWで検証を行ってきました
 結果
  1本目:アウター縛り 35分43秒
  2本目:インナー縛り 33分16秒
 所感
  アウターは疲れるなぁ・・・

アウターは進むけど疲れてタレるとか、ホイールの性能には関係ないわw
ですけど、アウターでガツンといった時の加速性能は素晴らしいものがありますね
金剛山RWならガシガシ踏んでも少し更新できそうw しないけどwww
そんな事をして遊んでいるうちに事件は起きました
きゃのんが31分45秒を叩き出し、私のベスト(31分58秒)を追い越したんです 
1本目の後、使用ギアとか通過タイムを基に2本目の乗り方を伝えてありました
いや、そんなので1分更新とかアカンやろ(;゚Д゚)
正直言うと13秒なら更新できます 問題はソコじゃない・・・
2本目である事、何よりキシリウム・エキップ Sである事
伸び代の長さが違う(;゚Д゚)
このままでは休み毎に牽き殺されて、帰宅後にダメ出しされてしまう(;゚Д゚)

速報です ザクさんは詰みました(; ・`ω・´)
レーゼロの可能性を探そうと思ってたけど、悠長な事を言うてるヒマが無くなりました
帰宅後にシートのポジションを戻して、夕方には三郷に立っていました
ホイールがなつかない? 知らんわ!言う事を聞け!
金剛山RWの疲れ? 10分間我慢できん程ヤワな鍛え方をしておらんわ!
目標は11分00秒! 今すぐにホームコースを更新するのだ!
コメント欄は『novさん・カメさん またのお越しをお待ちしております』で良いだろう!

ひさびさのロケットスタートで緩斜面を駆け上がる
大学横で勾配が上がる頃には疲れ果てていたけど、上半身はまだまだ元気
腕を引けばバイクは進む 引け引け引けw
大学の門で時計を見ると2分38秒!
11分切りに届くペースか? 今までに無いペースだから解らんな・・・

行けるトコまで行く!あとは知らん!
このホイールの使い方はコレでええのかもしれんなw


大学からの急勾配はダンシングで、前へ前へ!
この区間の登り方を迷ってたけど、追い込まれたら選択の余地が無い・・・

平地でサボらなかったから、府道合流の手前が急勾配に見える
けど、スタートからここまでの苦しさを無駄にするのは勿体ない(趣旨が変わってきた?
ダンシングで乗り切って、府道は8分18秒!
ここから3分くらい? 11分切りはキツイか?
随分前に走行会でフラっと登っただけのnovさんには先行しないとダメだ!

男前にホームコースを荒らされて黙ってられるか(; ・`ω・´)
人見知りに勝利を! 男前には敗北を!
(やっぱりな・・・

見えてるのに近づいてこないゴール・・・ 三郷ってこんなにしんどかった?
ゴールタイムは11分29秒
4秒更新もnovさんには7秒届かず・・・ 1年以上前の参考記録にさえ及ばないのか・・・

インプレ? 知らんがな!
必死で乗ってりゃそのうち何かに気付くでしょ(゚Д゚ )ムハァ


そんなことよりホームコースでの勝利を奪われたら後には人見知りしか残らんやないか!
どげんかせんといかん


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

我輩はスランプである

どうも、ザク豆腐です!

いや~ビックリするくらい記録が出ませんな!
金剛山RWでは35分を連発するし、朝錬ではきゃのんに千切られるし
レーゼロの扱いに戸惑っていると思ってたけど、Bassoに乗っても記録はボロボロ
停滞を通り越して下降の一途を辿っております

トレーニングの方法が間違ってるのか?

下記の要素は満たしてます
少なくとも現状維持はできるはずですから、金剛山RWで3分遅くなる説明がつきません
 ①過負荷の原則:毎回同じ練習では体力アップしないぞ!
 ②漸進性の原則:極端に負荷を上げると故障するから、ゆっくりと少しずつ!
 ③継続性の原則:それを継続してこそ力になる!

下記も問題無いでしょうね
こういうの考えるの好きですから
 ④個別性の原則:自分に合った練習をしないと効率悪いぞ!
 ⑤意識性の原則:求める成果を理解して意識しながら練習しないとアカン!

スランプの現因はコレでしょうなぁ 全面性が特異性を食ってるんです
現因がわかってるからスランプとは言わないのかもしれませんが・・・
 ⑥特異性の原則:ヒルクライムに強くなる練習をするんや!
 ⑦全面性の原則:特定の筋肉ばっかり鍛えたらアカン バランスやぞ!

平坦があまりにも弱いので、意識的に強化しています
その影響で、筋肉のバランスより先にペダリングが変わってきてます
残念ながら、このペダリングが急勾配に全く対応できてません

コレは・・・ チャンス到来ですな(ΦωΦ)フフフ…
技術的な停滞期 それは越えるべき壁!
目的を目指して進歩しているから課題が発生する それが壁!

腐らず壁に立ち向かうオレって素敵やんwww

勿論、更新ラッシュが一番ですけど長く続けてたら色々ありますよね
実は停滞期って2回目なんです
前回のデータを眺めていると7月2週迄までこんな感じが続く予感です
梅雨明けとともに、更新ラッシュといきたいものですなw


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

来年の富士ヒルについて~シルバーでも良いでしょうw~

最近、世間ではこのような話題で盛り上がっています
『イチローが日米通算安打数でピート・ローズ氏を追い抜いた』

A:プロとして沢山ヒットを打ったんだからすばらしいではないか!
B:日米合算するってどうなの? 野球のレベルが違うでしょう?
A:いやいや、ピート・ローズの時代と比べたら変化球も多種だし!
B:だったら韓国プロ、台湾プロ、独立リーグも入れるんやな?

個人的には『マスコミが煽れば何でも盛り上がるんだな・・・』という興醒め感があります
2001年に新人王を獲った時大きくとりあげて騒いでただろ?
別の野球であるという前提で『新人なのによくやった!』と称えたんだろ?
ヒットの数が増えたから合算だと騒ぐ事に違和感が無いのか?

じゃぁイチローを評価しないのか?というと偉業を達成した!凄い!と思います
プロという世界で長年結果を出し続ける事は予想もできない努力抜きでは語れませんから!
才能があるのに努力するってマネできんな!と感心しちゃったりするのですねw

これらは矛盾しているようですが、それほど違和感はありません
凄いと思うけど興味が無い話に、周りが安っぽい騒ぎ方をしてシラけるのはよくある話ですw
個人的には無責任に盛り上げるマスコミも、踊らされる人もどうかとは思います
でも、こういう事の積み重ねが世の中を動かす力になっていますから否定するべきでは無いのでしょう
否定するとテレビはNHKだけになってしまいますしねw

ただ、ピート・ローズ氏がイチローの記録に否定的なコメントを連発するのを見ると器が小さいと感じますね
『俺の記録を超えたのだからイチローは凄いね!』とコメントしていれば偉人だと尊敬します
自ずと周囲が『野球の種類もレベルも違うのだから貴方の記録は色褪せません!』と称えるでしょう
しかし『日米のレベルは違うから、俺のマイナー時代の記録も数えろ!』といわれるとアカン人だなと思います
『レベルってなぁ・・・ マイナースポーツの世界記録とかどうでもいいだろ・・・』みたいになりますよね

結果を残すのは競技者だけど、評価するのは周囲なんですよね
『評価される為にやってるんじゃない!己の名誉の為だ!』というなら、なおさら安っぽい発言は避けるべきです
下手すれば結果の価値を下げることになりますから


富士ヒルのリングも似たようなものなのかもしれませんね
もっともブロンズに3年かかったからリングの色に固執するのはしょうが無い部分があるんです
だからゴールドは難しい(というより無理)な現実を突きつけられ、モチベーションが低下してたんです
しかし、ひと括りにシルバーと言ったところで、24kmで最大10分の差があるのです
私がやるべき事は来年70分で登る準備をする事です
成功しても失敗してもリングの色は変わらないでしょう
でも、自分が求める結果は70分であり、リングはクライマー仲間から貰う評価です
拘るべきは70分だから、リングの色でモチベーションを下げる必要も無いんだろうと考えを改めました

あとは富士ヒルに出るかどうかですね
KOH富士山にも出てみたいし、富士国際も楽しかった! 別に富士山じゃなくても良いしwww



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ローラー終了のお知らせ


♪苦しさに負けた
いえ ローラーに負けた
コーシローさんにも抜かれた
いっそきれいにやめようか
力の限り 漕いだから
未練などないわ
花さえも咲かぬ 私は枯れすすき


いや、やめへんよw
どうも、ザク豆腐です

残念ながら、ハムスターを継続する精神力はございませんでしたw
ローラーやめるって事もないけど、乗れる時は外で乗ろうと方針転換です
練習メニューが悪いのかもしれませんが順調にタイムが落ちてきたんですよ
おそらく上半身が使えなくなってきたのでしょう
梅雨ですし実走とローラーを上手く組合せられたら良いなぁ などと思っています

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

レーシングゼロ ~ゾンダと比較~

週末に金剛山RWまで試走に行ってきました

結果は以下のとおりです
 ゾンダ
  6月11日(土) RACE A 34分02秒 Basso Laguna
 レーゼロ
  6月12日(日) RACE L 36分11秒 BMC SLR01

自己ベスト(31分58秒)の更新は目指してません
ホイールの癖を知りたかったので、途中いろいろ試してます

レーゼロで出発して最初に気付いたの漕ぎ出しの軽さです
サイコンが無いので細かくわかりませんが、巡航速度に到達する迄が早いです
そして、その速度を維持するのもゾンダと比べて楽です
貧脚でもロングライド30km/hくらいならキープできるでしょう
予想より硬く必要以上に大回りしなくても下山に苦労しないです
下手な人がしなるホイールでビビリながら下っていても上手になりません
バイクのコントロールが上手くなると思います

漕ぎ出しが軽く、楽に巡航、下りのコントロールがし易い!
ええことばっかりやないか!
さては、大金払って買ったから贔屓目での高評価やな!(#゚Д゚)ゴルァ!!

まぁそんなに焦らんでもええです
ここから先は『貧脚が硬いホイールを履くと疲労するか?』について触れていきますからw
ゾンダを基準にするとレーゼロは間違いなく硬いです
『硬い柔らかいの違いがわかるの?』って話ですが、2日連続で乗り比べれば誰でもわかりますw
私が何をもって『硬い』と判断したか?
それはゾンダと比較すると、漕いだ時に伸びないからです
個人的に伸びる感覚とか必要ないのでこれはめでたい事ですw
伸びる感覚は、おそらく漕いでから進むまで時間差です
残念ながら『伸びてるから速く進んでるぜ!』なんて事はありません・・・
力学的に見ても孤立系のエネルギーの総量は変化しないからです
勿論、自分が漕いだ以上の力がペダルに加わる事はありませんw
しなって伸びると感じる分、パワーロスしていると言っても過言ではないのです
つまり、ダイレクトに地面を蹴って『伸びない』レーゼロは硬いホイールと言う事ができます

『硬い=効率的』『柔らかい=無駄が多い』だけを考えれば皆が硬いホイールを選ぶはずです
しかし、現実は様々なホイールが存在して個々に好きな硬さを選びます
作用のエネルギーと反作用のエネルギーは同じ大きさで向きは反対に一直線上で働くからです
強く地面を蹴ったタイヤは、同じ力でペダルを押し返してくるのです
押し返してくるのは、荒れた路面でありペダルを漕いだ力です

ハブの性能が素晴らしいから漕ぎ出しが軽い!
進みだしたら硬さ故のダイレクト感がありコントロール性能も良い!
トルクをかけたらナンボでも進むぞ!
でも、加えた力は全部撥ね返ってきているぞ・・・ 
これが『硬いホイールを履くと疲れる』の現因です

硬いフレームに『奮発してレーゼロ買ったった!』をすると、路面の悪さを拾って直ぐに逝くことになりそうですねw
だったらSLR01にレーゼロはどうなの?というとこれは合ってそうな気がします
まず、今更ながらバイクを説明します
意外にも漕ぎ出しにビックリする程の軽さはありません
試してみた感じではsupersix evoの方が軽いですw
その後のペダリングは高級バイクの軽さです 重量という要素もあるけど漕ぐという動作そのものが軽い!
『それ、Dura-Aceちゃうの?』ですが、おそらく違ってペダルに力が加わりやすいバイクだと思います
3Tのハンドル(Ergonova)の効果もあって、コントロールはできるけど振動は上手に逃がしてくれる乗りやすいバイクです
だから、硬いホイールでも十分対応できるのです
ハンドルやシートに来なくても、脚にはきますがw Dura-Aceも硬いしw

良い組合せなのに私が36分かかった現因は下記のとおりです
 前日の金剛山RWで疲弊している状態でレーゼロを履いた
 それなのに、性能に酔って石川CRを快走し、森屋に着いた頃には疲れてTTどころではない

そんなもん、お前のペダリング次第やろが!(#゚Д゚)ゴルァ!!

そう、私もそんな気がしているのです
 普通に考えてパワーをロスする分を差し引いて軽めに漕げばよいのではないかと・・・
 あるいは硬いホイールに脚を慣らせばよいのではないかと・・・

まとめ(ゾンダ比)
漕ぎ出しが軽く、巡航(+3km/hくらい 石川CRで定点計算)、下りのコントロール性能に優れる
柔らかいホイールと同じ漕ぎ方をするとパワーロスが無い分、ペダルから脚へ伝わるダメージが大きい
この時、漕ぎ方を変えてないので何故か速く進んで、何故かバテる不思議な感覚に陥る
これを解消するには硬いホイールが標準になるよう履きっぱなしで慣れるしかない
1時間程度の短いレースならとんでもない武器になるが、ロングライドなら逝ってしまう
これはペダリング次第な部分もあるが、個人的にはあそび(余裕)がほしいと感じるから


赤ゼロ

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

レーシングゼロ(レッドスポーク)にした理由 ~3~

早速、2016モデルのレッドスポークを調べてみました
前回のレッドスポークと比較すると幾分か落ち着いた印象です
どうやら2way-fitでな無いようです
私にとって『パンク修理が容易である』はホイール選定において重要な要素です
ロングライドの後半にチューブレスタイヤがパンクすると気を失うかもしれませんw
チューブレスを使う事は無い!と断言できるのでクリンチャーが履ければ良いのです
ちょっとだけ軽いしw 何と言っても赤いしw
スポークが赤いだけで値段が上がるってどうなの?
これを気にするくらいならC24を買ってます 赤いから良いんです

高性能で赤いから!

いろいろ考えた割には買う時ってこんなもんですね
ポチって2~3日待つと玄関までもって来てくれるのだから世の中便利になったものですw
そして、そのまま放ったらかしで現在に至っています

今考えている事はタイヤをどうするか?です
現在は下記のとおり
ZONDA:RACE A(練習やTTでは対パンクが最重要)
R20:GP4000S2(最初からついていたし不満も無い)
レースの時はスーパーソニックとソーヨーのラテックスにします
LWCの勝負タイヤをクロノCSとすると2人分のエントリー料を含めてナンボかかるねん・・・
普段から三郷や金剛RWでスーパーソニックをボロボロにする余裕は無いぞ・・・
とりあえずZONDAのGP4000S2を使っとくか・・・ それならブチルチューブでええし・・・
でも、異音の原因がホイールじゃなかったらBassoでR20を使うしなぁ・・・
RACE Lくらい履いとくかな・・・
Rエアー薄いブチルって感じであまりメリットがない気がする
まぁまぁ高いわりにパンクばっかりするし・・・
家に転がってるエアコンプ ウルトラライトでええかな?

まぁ、こんな感じです

アレコレ考えたところで、最後はお財布事情とフィーリングです
これや!というものを買ってみるしか無いというお話でしたw

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

レーシングゼロ(レッドスポーク)にした理由 ~2~

しかし、言われてみれば『人それぞれ』に思い当たる節があります
それはサーキットで遊んでいた頃のスポーツタイヤです
当時、私はADVAN NEOVA(ヨコハマ)というタイヤを好んで使用していました
ところが一度だけPOTENZA RE711(ブリジストン)というタイヤを試した事があります
これが全く合わないんです 良い悪いではなく合わない・・・
NEOVAは熱が入りやすく冷めやすい特性があって、熱い時のコントロールは素晴らしいものがありました
その分、冷めちゃうと喰い付かなくなるんですけどね
対してRE711は平均的に高い性能を発揮する印象でした
その『おとなしいスポーツタイヤ』『漂う高級感』みたいなのが合わなかったんです
最後は強引にNEOVAみたいな乗り方してブロックごと千切れて飛んでいきましたw

ホイールも同じで『そのホイールの性能を発揮する操作方法』みたいなものがあるのでしょう
逆に言うと『自分の操作方法で性能が発揮されるホイール』を探す必要があるのです

『じゃぁザクさんのヒルクライムは?』というと、確立されていないので決まりはありません
細かいようで適当という印象を持たれるのもそのあたりが現因です
シートなどで迷宮入りしないのはその域に達していないからです
迷宮入りの正体は確立されたものに対する違和感です
私の場合、機材にあわせて乗り方を変え性能の活かし方を探します
『この条件でどうやったら速く登れるか?』を楽しんでいる節があるのです
身も蓋もない表現をすると『性能の絶対値さえ高ければ何でも良い』のですw
そうなると話は簡単で、高性能で見た目が好きなホイールを選ぶ事にしました

シャマルミレで良いだろう!
おめでとうございます! ホイールが決定しました!

Wiggleの在庫一掃セールで11万円くらいになっているのは調査済みです
海外通販にカード番号を入力するのが嫌だから、まずはPayPalに登録して!
割引を使うと更に安いぞ! ポチっとな!
あれ?PayPalって10万円超えると本人確認が要るんか?困ったな・・・

購入に失敗していろいろ考えているとDURA-ACE+ミレという組合せが気になってきました
コンソメさんの『気になる人には気になる組合せだ』発言が今頃効いてきたか・・・
Bassoは105+ゾンダのくせにw
だったらシマノのスプロケを非対応にしてくれよ と思いながらナイトを確認します
かっこいいからコッチでも良いかな?

レーゼロナイトで良いだろう!
おめでとうございます! ホイールが決定しました!

でも、富士国際ヒルクライムには間に合わんからじっくり探そう
とりあえずホイールは忘れて富士国際の準備をする事にしました
法隆寺の店に補給食を買いに行きました

補給食の取り方などを質問するついでに、いろいろ聞いてみました
・202をレースの時だけ使うと結果は出るか?
・ヒルクライムレースで結果を残す為に平地練習は必要か?

現時点で202は確実に要らんなぁ・・・
平地練習はローラーとインターバルで補うか・・・
レースではなくTTだけなら平地練習は要らんかもしれんな・・・

そんな中で出てきたのが、レーゼロナイトのブレーキシューの話
もちろん消しゴムやら鰹節やらという噂を知らんでは無いです
また、それに見合った性能であるという事も知っています
しかし、私の乗り方だとDURA-ACEで十分だから黒い事が大切なのです!
黒いだけでホイールどころか消耗部品まで高価になるんやな・・・
でも見た目は大切やしレーゼロナイトで良いよな! 良いよな・・・

そして富士国際を迎えました
実はホイール(だと思う)から異音がしています
スポークのテンションがおかしいような音です
ゾンダを履いてみれば現因確定なんですけどね
『さっさとレーゼロナイトやな、キンキンとうるさいし』と思いながらアザミを登りましたw

レースを終えてひと息ついて周りを見ました
戦闘力の高そうなバイクばっかりやな
黒バイクとレーゼロナイトの組み合わせは無いかな?

赤いレーゼロやん! かっこええ!
真っ赤っ赤と思ってたけど、思ってたより落ち着いてるやん!
黒リムは小っちゃい事やな! コレしか無いで!

レーシングゼロ(レッドスポーク)で良いだろう!
おめでとうございます! ホイールが決定しました!

~3~ へ続く


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

レーシングゼロ(レッドスポーク)にした理由 ~1~

どうも、ザク豆腐です
今日はチョメチョメの続編ですw


きゃのんのSUPERSIX EVOにキシリウムエキップSが付いていた
これがすべてのはじまりでした

非の打ち所が無いバイクなのに何故エキップSなんだろう?
そんな疑問があったので、1号さんに聞いてみると『どうせ好きなのに交換するしね』との事でした
確かにLagnaについてたアクシウムと然程変わらんし交換前提なのだろうと思いました

それで、きゃのんに意向を聞いてみたんです

ザ:SUPERSIX EVOのホイールはアクシウムと変わらんぞ 何を履く?
き:キシリウムは良いって言うてたやん
ザ:エキップSは例外や 決戦仕様にならんわ
き:軽いやつが良い
ザ:軽い方がええけど、軽さだけでも無いで
き:とにかく7kgを切らんあかん
ザ:(聞いとらんな・・・)エリートは?
き:7kgを切る?
ザ:6.95になると思う
き:BMCは?
ザ:6.5kgくらい
き:カーボンホイールやから軽いんか?
ザ:(要らん知恵つけてからに・・・)軽さだけと違うんやって! 剛性とか・・・
き:自分だけ軽いの履いて! 私も同じやつが良い!
ザ:アカン!下りでブレーキ握り締めてホイールを壊す姿が目に浮ぶわ!
き:軽くないと交換する意味が無いんや
ザ:それなら、つるみんさんホイールを履けば良いわ 6.7kgくらいになるやろ

言うても聞かんので、LWCでカーボンホイールの扱い・軽いホイールの進め方を勉強して貰う事にしましたw
シナプスから2.5kg減なので違いを理解せずに更新するような気がしますが・・・
結線などはきゃのんが登る様子を見てから追々対処しましょう

こうして私の決戦ホイールが無くなりました
早々に選定しなくてはなりません!
この時、頭にあったのは『ZIPP 202』でした
202には男の夢と希望が詰まっています
しかし、今年に入ってSLR01、SUPERSIX EVOを購入しているザク家には先立つものがございません
私は悩みました 
夢と希望で202に手を出して良いものだろうか?
『何で202やねん?』って事は無いと思うけど詳しい人に聞いてみるのもアリやな
これに対して有効な回答をくれたのがトリカイさんでした
『決戦用カーボンとか年に何度も使うものじゃないし、使い勝手が良いものを選んだ方が良いんじゃないかな?』

なるほど、確かにそうかもしれんなぁ
それにしても、そこまでカーボンホイールが欲しいって事でもないのに惹かれるのは何故だろう?
やっぱり見た目8割ってトコやろうなぁ
202を即買いしなかったのも今のモデルではZIPPのロゴが黒いからやし(白なら買ってた
そもそも自分が求める性能はC24で満たされているしコスパも素晴らしい
期間限定で特別色とかが出たら飛びつくんやけどな・・・
今更、シマノの地味さを語ったところでどうにかなるモノでは無いし・・・
逆に性能以外を切り捨てた潔さを良しとする人には高評価なんだろうな

とにかく、使い勝手と見た目で絞れば黒いアルミが良いって事になる
シャマルミレ、レーゼロナイト、R-SYS SLRあたりかな
登りに特化するのだから、R-SYS SLRで良いだろう!

おめでとうございます! ホイールが決定しました!

『R-SYS SLRってお幾ら万円やねん・・・』って話ですが、ザクさんはビビりません!
もともと202や303で検討していたので恐るに足らずです!
SLR01やSUPERSIX EVOと比べたら安いもの(どこか壊れてるな
無理してSLR01を買って、ホイールを妥協するとか意味がわかりません(ザクさん、しっかりせぇ

SLRやPROなどにも範囲を広げつつインターネットを検索する日が続きました
そして、ポチるにポチれないままあの日を迎えました
グラフォンド吉野の試走会です
この日に、novさんのMAVIC KSYRIUM SLRを拝見しました

黒い! 黒いで! やっぱりコレやで!

そうだ!SLRの素晴らしさを聞いてみよう!近々オーナー仲間になる事やし!
ザ:どんな感じですか?
n:俺の好みやないねん
ザ:?
n:ええホイールやし、SLRを絶賛している人も沢山いる
ザ:それでもnovさんには合わないと・・・
n:合う合わんは人それぞれやから、乗ってみんとわからんな

合わんってどういう事や・・・
KSYRIUMの上位グレードは誰が乗っても素晴らしいものじゃないのか・・・
へなちょこが言うてるなら『オマエの脚が足らんのだ!鍛え直せ!』と無視できるのだが・・・
試しに買ってみる程安い買い物でも無いし・・・
ホイールってどうやって決めたらええんや・・・

~2~ へ続く

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

チョメチョメ買ったぜ( ^ω^ )

チョメチョメ

諸兄がいやらしい事を想像しちゃう妖艶な響き!
まぁ、艶っぽいという点では間違ってはおりませぬがなwww
何を隠そう買ったんですよ! チョメチョメを!

完璧に美しいものだけがオレに所有される資格がある!
勿論、チョメチョメはこの世で最も気高くそして美しい!
これを手に入れたからには、コレがこうなって!
くぅ~ たまらん(*´д`*)エクスタシィー

今日届いちゃうチョメチョメは噂どおり美しいのか?
将又、噂以上に美しいのか?

(;^ω^) 落ち着け、おっさん チョメチョメって何やねん?
m9っ`Д´) ビシッ!! チョメチョメはチョメチョメに決まっておるわ!
(;^ω^) だから、チョメチョメって・・・
m9っ`Д´) ビシッ!! もしかして知らんの? 教えて下さい は?
(;^ω^) チョメチョメってなんですか? 教えて下さい・・・
m9っ`Д´) ビシッ!! お願いします は?
(;^ω^) 教えて下さい・・・ お願いします・・・
m9っ`Д´) ビシッ!! 伏せ字を音声化した表現やでwww
(;^ω^) いや、そういう意味じゃなくて・・・
m9っ`Д´) ビシッ!! アイ・アイゲームで山城新伍が流行させたんやでwww

まぁチョメチョメはそのうち記事にせんとダメですな!
気が向けば(゚Д゚ )ムハァ


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

山岳グランフォンドin吉野 試走

どうも、ザク豆腐です!

6月4日(土)
7月3日に参加を予定している『山岳グランフォンドin吉野』の試走に行ってきました
試走の為に用意したのはコマ図ですw
一応、ナビゲーション世代の若者にコマ図を説明しておきましょう(ジジ臭い・・・
街中で『駅はどこですか?』と聞かれた時の答え方を図にしたものです
・直進すると信号のある交差点があるから右折してください
・更に100mほど進んだら郵便局の角を左折すると駅が見えてきます
交差点・建物などを目印になる場所を図にして辿るという簡易的な地図ですな!
交差点毎に止まって図を確認するとか面倒くさいわ・・・ 
そんな方はガーミンに地図を放り込む事をオススメしますw
『コマ図って必要か?』と言う話ですが、私からすればロングライドの醍醐味なのですw

ところが・・・
スタートして10分程でちょっとした問題に気付きました
サイコン付けて無いから距離がわからない(´;ω;`)
コマ図には目印の他にスタートからの距離を書き込んでいます
これにより『そろそろ分岐だな』と注意深く標識を確認できるのです
これは距離がわからないと突然分岐が現われ、見逃すと迷子になる事を意味します
 ザ:きゃのん、ガーミンに距離でてる?
 き:経過時間と消費カロリーしか出てない
 ザ:あぁそう・・・

ペースを抑えて十分確認しながら進む事にしました
しかし『山岳グランフォンド』とは名ばかりの緩い道が延々と続くよなぁ・・・
富貴でちょっと登ったけどこんなので済むワケないし・・・

天川村へ向かう前におにぎりを食べて覚悟を決めました!
ところが、たいして登らないまま天川村役場が見えてきましたw
コースプロフィールには22%とか書いてあったので、どこかで登るはずだが・・・
コマ図には勾配が書いてないので無理はあかんよな・・・
そんな事を考えていると、きゃのんが飛び出しました

しかし、追わず!
この先に22%が待っているのだw 愚かなヤツめwww
行者環トンネルに到着した時には予定時間を30分くらい押していました
結果から言うと、気をつけるべきは行者環トンネルを出てからの下り10Kmですね
グレーチングがズレていたり、路面が悪かったり、砂が浮いていたり

169を大台ケ原ドライブウェイの分岐まで進んでちょっとビビリはじめます・・・
どこから登るんや・・・ 22%はどこなんや・・・
わかった! 試走で登ったトコやで! 川上村からエライとこ登った記憶がある!
急いでコマ図を確認すると、大滝ダムの先まで進むっぽいです
この道はずっと下りです
22%はどこなんや(´;ω;`)

疑心暗鬼になりながら進んでいると、吉野まで6kmの看板が見えてきました
もう少しだと油断させてから勾配を上げる作戦か! 騙されへんぞ!
22%はどこなんや(´;ω;`)

そんな事を考えていると、知ってる道に出てきました
いや、もう登るようなトコありませんやん(ノД`)シクシク

100km近く22%に備えてビビっていたのでエライ損な話です(´;ω;`)

ゴールして時刻を確かめるとスタートから9時間が経過していました
ともあれ、千切られて迷子になる心配が無くなりましたw
ザクさん千切れる気満々やん・・・ ローディとしてどうなの・・・
言わんとすることは理解できますがロングライドは無事に帰ってナンボですw
当日は確実にゴールして、スーパーロングへの挑戦権をいただきます!

それにしても、22%ってどこなんでしょう・・・
15%すら存在しなかったと思うのですが・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

SUNZOKU23号の定義

どうも、ザク豆腐です
ようやく自転車に乗れる体調になったザク夫妻!
いざ乗ってみると『1週間でこんなに落ちるかね?』と驚くばかりです
乗っても速くならんのに、遅くなるのは一瞬ですな・・・
しかしザクさんが速くても遅くても、周りからすればどうでも良い話です
某お師匠さんや某おやじさんが『挑戦者の風上にも置けない』とため息をつくかもしれませんがw
いや、某おやじさんに挑戦状は出していないはずw

ところがSUNZOKU23号という目で見ると遅さ(地力の無さ)は罪なのです
この差は、たま~に述べているチームと同好会の差です
この差は目的の違いであって、優劣ではありません
個人的には『チーム=プロジェクト』『同好会=コミュニティ』と位置付けています

プロジェクトは結果を出す為の集団です
レースに参戦する集団の結果といえば、表彰台であり入賞でもあります
その為に励まし合い競争し合って、共に向上したくて嫌いなローラーを嫌々まわしてます
しかし遅い・・・ リュックに石や草を詰めているメンバーにもアッサリ千切られてしまう・・・
結果を出す為の集団において、この遅さがチームにどのような効果を齎しているのか?
はっきり言うと邪魔だと思うんですよね
チーム戦では役に立たず、練習ではついていけないという現実(´;ω;`)
レースに取り組む姿勢とか、共に戦う志とか存在の理由は後付けできると思います
しかし、速さ抜きでレースを語ると歪が生じます
勿論、メンバーから『オマエ遅い・・・居ても居なくても同じだな・・・』とは言われてません
言われて無いというより、そんなゲスい事は考えていないでしょう
でも『オレなりに頑張っている ちょっとずつ速くなってる』に意味は無いんですよ
入賞の条件は努力ではなく記録なのですから!

じゃぁSUNZOKU23号は何の為にチームに存在するの?
頑張ったら入賞できるとでも思ってるの?
メンバーと遜色ない速さに成長すると思ってるの?

はい、思ってます(`・ω・´)+

プロジェクトが求めるものは結果であって過程ではないのです
求める結果は速さであり、必要な工程は練習である!
あとは工程を進める精神力のみ! なんというシンプルさ!
俺は速くなりたいんだ! 妙な同情は要らんのだ!

速さは正義 遅さは罪(`・ω・´)+

『おっさん、無理するなよ』というご心配ありがとうw
ついでに『でも、ザクさん?そんな乗り方で疲れないの?』という質問にも回答を!

はい、疲れません 根がオタクですから(`・ω・´)+

もともと特定の分野を極める為の労力は惜しまない性格なのです
模型なら『キモイ』ロードバイクなら『スゴイ』と評価されるだけです

懸念材料があるとすれば、速く登りたすぎて視野が狭くなることです
先日、ユーロワークスの店長にも『登りばっかり練習しても、登りは速くならんぞ』と言われましたしw
そんな時に、多角的な視点で自分を見直すヒントがコミュニティに存在すると思っています
コミュニティは自転車好きの集まりです
登りや平坦だけではなく、年齢・職業・家庭など環境は様々です
私は同好会に入っているから頑張って練習しないといけないと思ってません
個人的にはスポーツアロマを教えてもらった事、外通とか言う要らん知識を得てしまった事がデカイです
スポーツアロマに関してはケガの予防に繋がっているので、くにさんに足を向けて寝られません
どの方角にいらっしゃるかわからないので適当に寝ていますがw

結局、自転車って自由なんですよね 趣味だから!
その中で『登りの速さ』を求めているのですが、自分の中に2種類存在するのかもしれません
 過去の自分と勝負する『ザク豆腐』
 他者と勝負する『SUNZOKU23号』

面白いものですなw

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。