菰野ヒルクライム~課題~

どうも、ザク豆腐です
自分だけではなく機材も仕上げて挑まねばならない!
これが最大の反省点です
しかし、その影に隠れて課題が山積みの大会だったのです・・・


課題① 夜練に切り替えた影響
現在は起きぬけでトレーニングするリスクを避ける為、夜に練習しています
具体的にリスクとは、ケガとパンクによる遅刻です
夜練へのシフトで効率が上がりタイム更新に繋がっています
但し、レース直前まで継続してしまったのは誤った判断でした
いきなり『早朝に山を登れ!』と言われても体が対応できませんでした
せめてレースの前くらいは朝に登れる準備をしておかなくてはいけません

課題② 減量の影響
今回は60.8kgでレースをむかえました
体脂肪率は不明です(タニタの体重計は下限がある)
軽いほうが有利である!と減量しましたがこれが失敗でした
絞ってこその減量ですが私の場合痩せただけ
いつもレースの週に一気に落とすのですが今回は徐々に落としました
その結果、体力まで徐々に削られるという不本意な結果に・・・
宣言しているとおり、今年はターゲットレースを決めずに年中トレーニングを継続します
ピークでレースを迎え、直後に調子を崩すような減量をするつもりはありません
62.5kgに安定させレースは61.5kgにするなど、管理を徹底しなくてはなりません
軽いほうが有利ですが、痩せれば良いというものではありません

課題③ 寒さ対策
今回はチームTTでエントリーしておりレース開始が7:15でした
これは個人戦より先のスタートでとても寒い時間帯でした
少しでも軽く薄着で登りたいところですが、自分のスタート時間なども考慮しなくてはいけません
重量や保温性などをよく考え、最善の選択をしなくてはなりません

課題④ ペース配分
今回は、配分も何もあったものではないわ!でした
しかし『機材の調子が整っていればついていけたか?』というと無理だったと思います
実力に天と地ほどの差があって・・・ではありません(差はありますがw)
大前提としてパンチャーは似非クライマーです
効率を無視して攻めるところと休むところを区別しなければ残念なタイムに終ってしまいます
同じパンチャーとなら脚が合うか?というと、脚を使いたい区間が違っていたりもしますw
個人戦では乗り換えを繰返して対応するのですがパックで走るとペースを乱す人になります
私が最近記録を更新しているのはサイコンを外したからです
十三峠でそれなりの区間タイムを刻んでおりますが、区間内の配分はメチャメチャですw
スピードや残距離に縛られず好きなように走ってゴールで時計を見る
ふざけてるの?と思われそうですが、実走を繰り返した結果です
ただ、心拍計だけはあった方が良いような気がしていますね
チーム戦でどのように走るかが悩ましいですが、しばらくは個人戦なので後々考えますw

課題⑤ 機材への馴れ
SLR01のステムが高いと気付きながら放置しています(Lagunaより1cmくらい高い)
直前に低くしようかとも考えたのですが、試走して煮詰める時間も無さそうだったのでやめました
SLR01とLWCの組合せにしたって、普段からもう少し乗っていれば気付いた事なのかもしれません
また、Lagunaが9.0kgに対して、決戦仕様のSLR01は実測で6.4kgです
軽いのですが、普段と違いすぎて違和感がありました
今週末は決戦仕様で試走してみます
決戦仕様でFRATに行くと有らぬ誤解を招きそうですがw 

 ↓ 内容が良い時だけ押して下さい(心境の変化www

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

菰野ヒルクライム

こっちに書いたったw

 ↓ ポチっと押してから見に行ってくだされw m(- -)m


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

やれやれ、困ったお嬢さん達だ(`・ω・´)シャキーン

どうも、ザク豆腐です!
ヘーゲルの弁証法まで引用して自身を鼓舞している菰野ヒルクライム・・・
そのプレッシャーから自分だけが千切れる夢を見るのではないだろうか・・・
ガラスみたいに繊細な心を持つクライマーの宿命というやつだな・・・
おぉ!何となくかっちょええぞ( ̄ー+ ̄)

予想どおり、昨日『菰野ヒルクライム』の夢を見ました
どうやら表彰台の私に誰が花束を渡すかを奪い合っているようです
ほら、コンソメさん達も待ってるし・・・( ̄ー+ ̄)
やれやれ、困ったお嬢さん達だ( ̄ー+ ̄)

はぁ・・・私が選ぶのですか?
へぇ、綾瀬はるかさん・広瀬アリスさんですか 菰野町も今年は気合が違いますね!
ごめんね はるか・・・ よし、いい子だ(`・ω・´)シャキーン

形はどうあれ、夢に出てるのだから繊細なザクさんに疑いの余地はありません!
重ねて言います 疑いの余地はなく、異論も受け付けません!


それにしても、れすとまんさんが仰るとおり速いとモテるのですなぁw
Σ(・o・;) ハッ!  
昨日、ブログにコメントさせて頂いた内容で曖昧な部分があったのですが思い出しましたで!
ご婦人がれすとまんさん様に黄色いをあげていたのは『ごまさんスカイタワー』です
高野山からノンストップでTTする勇姿を見る事が夢だと言っておられました!
そりゃもうモテますで~ 釣糸垂らしに行ってみてくださいませw

 ↓ ザクさん・・・釣り針がデカすぎる・・・ ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

菰野ヒルまで3日であるが

どうも、ザク豆腐です!

昨日『死ね死ね団』を例にあげて、昔のヒーロー物は設定がハードという話題にふれました
ハードではあるけど解り易かったよなぁ・・・ それに比べて最近のは難しいよなぁ・・・
『最近の』で頭に浮んだのが『エヴァンゲリオン』ですがTV版は1995~1996年なので20年前の作品なのです
月日が流れるのは速いものですなぁwww
瞬間的に映像を変化させる映像手法で複線を張るなど斬新な演出が魅力的な作品でした
オープニングテーマ曲である『残酷な天使のテーゼ』もこれまでのアニメとは気質が異なっていました

哲学に興味が無い人に『テーゼ』は正しく理解されているのだろうか?
要らぬ心配をした覚えがありますw
テーゼとはヘーゲルの弁証法の命題を意味します
また、テーゼの矛盾や否定をアンチテーゼ、テーゼとアンチテーゼの統合をジンテーゼと呼びます

全てのものは矛盾を含み、必然的に対立を生み出します
その対立によって互いに結びついているものに優劣はありません
つまり暗黙的な矛盾を明確にすることで発展させていくという理論なのです

弁証法の例
 テーゼ:ヒルクライムは山で練習するものだ!
 アンチテーゼ:天候次第で休脚日だ!
 ジンテーゼ:ローラーを買って室内練習を可能にしよう!

否定の否定は二重否定ではありません 統合です
互いの欠点を補って最高の結果を出して進化できるものです

私は菰野ヒルのチーム戦もそのようなものだと考えています

チーム『SUNZOKU A』では・・・
 テーゼ:maCさん、コンソメさん、たつろーくんが速い
 アンチテーゼ:ザクさんは遅い

これを二重否定すると『3人で順位が決まるからザクさんは千切れても関係ない』という結論に達してしまいます
しかし、そうではないのです

 ジンテーゼ:ザクさんがいるからタイムは保証されている 他の3人は勝負の局面でリスク犯して挑戦できる

そんなワケで『4位やからザクさん関係ないやん』と違いますのんやで!!!
がんばれザクさんw 


 ↓リザルトが出る前に記事にせんとアカンのは大人の事情w ポチっとよろしく!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

菰野ヒルまで4日であるが

どうも、ザク豆腐です
トプ師匠が昨日書いておられた記事!

要約するとこんな内容だったと思う
つりじゅんさん、masabowさんは緩斜面でDOGMAに乗ったオレ様の敵ではない!
やまちゃん?ザク豆腐?誰だそれ?
富士ヒル70分?笑わせんな( ゜д゜)、ペッ
スゲェ流石だ!なんと豪気なwww

予想外に走れちゃったよ (・ω<) てへぺろ
みたいなのはもういいかな・・・と思っているので私も強気な目標設定してみようと思う!
もしもトプ師匠が富士ヒルに出なかったら損な話ですがwww

とりあえず今年と去年、2月以降~レース前までのベストタイムを比較する

三郷
 2016年 11分45秒 SLR01(DT SWISS R20)
 2015年 12分58秒 Laguna(ZONDA)

十三峠
 2016年 18分29秒 SLR01(DT SWISS R20)
 2015年 20分09秒 Laguna(ZONDA)

葡萄坂
 2016年 15分48秒 Laguna(ZONDA)
 2015年 16分08秒 Laguna(ZONDA)

多武峰
 2016年 16分58秒 Laguna(ZONDA)
 2015年 17分35秒 Laguna(ZONDA)

鉢伏峠(80号)
 2016年 19分42秒 Laguna(ZONDA)
 2015年 20分19秒 Laguna(ZONDA)

去年は富士ヒルのみをターゲットにしていたから『菰野ヒルが終ったら頑張ろう』と思っていた
菰野ヒルに向けて仕上げたという事でもないが『1年中強くなる』をスローガンに冬から始動している
今年は格段にレベルアップしているように見えるが実は仕上りが早いだけである!
だから、普通に登るだけで間違い無く更新できる安心レースなのだw

それより注目すべきは機材の差だ
三郷・十三峠は金の力で更新している 
コレはもう『死ね死ね団』もびっくりであるw

『死ね死ね団』とは
『愛の戦士レインボーマン』に登場する秘密結社
ショッカーよろしく世界征服を掲げているのに日本にばかり攻めてくるヌルい設定とは一味違うw
彼らは日本に嫌がらせをする為だけに存在する組織なのだ
入信するだけでお金を貰える新興宗教を設立して作為的にインフレを起こして世の中を混乱させたりもする
金で人の心を汚すとか実にリアリティがあるw

本題にもどるが、去年36分24秒だったから、2分短縮で34分24秒
レースが去年と同じレベルなら46位→28位(105人)くらいを目標にしたいところだ!

しかし、この目標だと『(・ω<) てへぺろ』になってしまう確立が高いのである・・・
三郷・十三峠は手を抜かずに登ったと思う
4.0kmより短い距離で1分以上更新しているのに7.8kmで2分とか保険をかけすぎな気がするw
更に当日はDT SWISS R20じゃなくて、LWC 38mmを装備する
更に1分更新して33分24秒、こうなったら33分を切るつもりで挑みたい!
こうなると46位→21位になるので現実味すら無くなるが、今回は強気な設定なのでコレで良いのだ!

菰野ヒルクライム
 2016年 32分59秒 SLR01(LWC 38mm)
 2015年 36分24秒 Laguna(ZONDA)

チームデビュー戦として楽しい1日にしたいですな! 


 ↓ 参加の皆さん頑張りましょう お手数ですがポチっとお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Mt.富士ヒルクライム(予測)

どうも、ザク豆腐です

今年はエントリーしません (`・ω・´)ゞビシッ!!
ザクさん?何の予測です? (;゚ Д゚) …!? 

はい、もちろん富士ヒルのタイム予測です!
エントリーしてないから保険をかけること無く予測できてしまうw
去年の記録は82分11秒でした
緩勾配だと1kmで20秒くらい速くなってるから24kmで8分短縮

富士ヒル予想:74分11秒
~ 完 ~


いや、ブロガーとしてコレはアカン (; ・`ω・´)

十三峠の4倍説で検証してみましょう
十三峠:18分29秒だから単純に4倍すると・・・
富士ヒル予想:73分56秒

ヤビツ峠(名古木~頂上)の2倍説では?
いや、登った事ないからわからんな・・・
と思ったら最近masabowさんが登っておられる!
ほう、長距離運転・冬装備・強風の3点セットで37分14秒
力関係からすると、私でも、前泊・軽装備・小春日和ならそれくらいで登れるでしょう
富士ヒル予想:74分28秒

ほら、やっぱり74分11秒やないですか!
4月から追いこんで1分短縮するから目標タイムは73分程度でしょうな

O.H.C.なら、やまちゃんなど『ザクさんに勝てるか否かはコース次第!』な人はシルバーを狙って欲しいです!
シルバーを狙うなら20km地点で64分が指標になります
現段階で金剛山RWをサラ足33分切り、本番までに2本連続合計が65分くらいに仕上がれば獲れるように思います
参加される皆さん! 頑張ってください!!!

それにしても、エントリーしていないと予想って楽ですな( ̄ー ̄)ニヤリ

 ↓ エントリーしてれば目標76分ww ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ProjectDJTP_010(SLR01試走)

土曜日の朝Lagunaに空気を入れているとブレーキに糸が巻きついているのを見付けました
『先日の夜練で道に落ちていたのだろう』と取り除くと、その糸はタイヤにつながっていました
よく見るとタイヤの横側から束で何かがはがれています
タイヤは後で買いに行くとして、SLR01で走りに行く事にしました
本当は金剛RWに行きたかったのですが、寒そうなので近場を走る事にします
良い機会なので、十三峠をSLR01で登ったらどんな感じなのか試してみよう!と大竹7へ向かいました

トプ師匠を目指すと言いながらプロジェクト開始から1秒も差が詰まっていない十三峠
しかし、チャレンジはもう少し暖かくなってからでよいからサボらず回してデータをとることにしました
『手は抜かないけどいつでも出せるタイム』くらいの強度で登りはじめます
調子は良くも悪くもありませんが、フラワーロードでアップは終っているのでスムーズに登る事ができました
前半は心肺が終らないように少し重いギアでゆっくり回しました
中間ヘアピンで時計を見ると9分45秒でした
10分09秒で通過して18分49秒でゴールする予定だったので25秒くらいペースが速いようです
そのうちの20秒はSec1です まだまだ突っ込みすぎているようですね
とにかくSec2で25秒先行しているのは事実なのでタレなければ18分24秒でゴールできる計算になります

どうやら私にとって中間ヘアピン9分45秒は18分を切る為には丁度良い設定のようです
18分24秒はSec3(4.1倍)Sec4(3.7倍)で算出しており、タレる気満々の設定なのでw

Sec3では軽ギアをクルクル回しました
結果から言えばコレは不要です
複数のペダリングを組み合わせると負荷分散できますが、極端な事をするとペースを乱します
軽くしたギアを重いのに戻す気にはなれずSec4に入ってもそのまま登りました
そのままゴールすると18分29秒でした
タレたというより、ペースを保持しました
府民の杜からペースを上げなかったから5秒届かなかったです
『SLR01で全く更新できんかった』というのも切ないので記録としても丁度良かったのではないかと思います

何はともあれトプ師匠まで1分圏内に入ってきました!
師匠も時期を見て本気で登れば更新されると思いますが、それは私も同じことです
しかし、本気でタイムを出し合っても結局は50秒遅れているような気がしますのでやはり強敵ですなw
いまさら力不足を嘆いても仕方ないので、春先にフル装備で18分を切ってそれから続きを考えようと思います

 ↓ しかし18分切りでは焦らんのでしょうな・・・ 目標は高く!! ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

伊吹山ヒル2016予測

どうも、ザク豆腐です

伊吹山ヒルまで1ヶ月です 
今回は目標などを記事にしてみようと思います

(;^ω^) いやいや、レースに限定した練習をしないって言うてましたやん!
(;^ω^) 目標を設定って、そこに照準を合わせた練習をするって事でしょ 
m9っ`Д´) ビシッ!! また、キサマか・・・ って増えとるやないか!

まぁ予測して楽しむだけなので放っておきましょうw
私は距離と勾配から予測する為、予測タイムとして妥当な数値が出ます
現在の自分の力を分析してペース配分を決め、予定どおりに登るのだから当然ですね

ところがこの方法には少し課題もあるのです
 課題1:暖かくなる時期などは一気に記録が伸びるので正しい現状分析ができない
 課題2:事前に決めたペースで登るから当日の体調で脚が余ったり足りなかったりする

去年の伊吹山ヒルの目標は45分で結果は40分48秒でした
 現因1:冬装備の記録をサンプルに現状分析を行った
 現因2:レースでガーミンの電源を入れ忘れ、適当なペースで登ったら予定を大幅に上回った

過去のデータを基にした分析を、当日のコンディションが上回った良い例です
予定どおりにガーミンを見ながら登ってたら余力に気付いて後半ペースアップしても43分だったと思います

試しにサイコンを外してみたら関西ヒルクラTTでも自己ベストが出るようになりました
おそらくサイコンを見なくて良いからフォームを乱す必要が無く登り易くなった分の更新ですね

う~ん どうやって伊吹山ヒルの予測をしよう(;´Д`)
そこで参考にしたのがHANAKENさんのブログです
ショートコースの結果からフルコースのタイムを予想するという内容! 面白い事を考えるwww
この計算に当てはめると、昨年ショートコースを40分48秒だった私は、フルコースだと64分07秒です

この64分07秒を基準に今年の目標を考えてみます
今年は去年と比較して体調が良い分仕上がりが速いです
成長や上積みを考慮(60秒更新) 64分07秒 → 63分07秒
ZONDAからLWCに変わっている(60秒更新) 63分07秒 → 62分07秒
LagunaがSLR01に変わっている(60秒更新) 62分07秒 → 61分07秒

う~ん、こうなると60分を切りたいものですw
チームジャージなので頑張る(60秒更新) 61分07秒 → 60分07秒

そう!ジャージだ!!!!!∑(゜∀゜)
半ソデ半パンで会場入りしない(10秒更新) 60分07秒 → 59分57秒

去年は半ソデ半パンで会場入りして、とにかく寒かったんですよね!

それを逆恨みして騙されたと騒いでおりましたがあれは誤りでした 
男前が女性にささやく言の葉は『甘い時間を共有する為の優しい魔法』なんですよね!
言うに事欠いて『弄ばれた』とか騒ぐヤツは不届き者なのであります
novさん 申し訳ありませんでした (´;ω;`)ウッ…

とにかく60分を切れるように頑張りますw

 ↓ みなさま良い準備をされていますか? ポチッとよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

菰野ヒルまで20日であるが


どうも、ザク豆腐です

今年はレースに特化した準備をせず1年を通じて確実に強くなる練習をします
これはレース後にしばらく乗りたくなくなるような練習はしないと言う意味です
具体的には体重を管理して登れる状態にする程度に留めます

なんですけどねw わかってるですけどねw
やっぱりレースとなると舞い上がってしまいますな(ノ´∀`*)

過去を振り返ってみましょう

【第1回】菰野ヒルクライム2013 記録:44分39秒〈96/121〉
私のヒルクライムはここからはじまった 
レース前の予想順位は79位
上・中・下に分類したらギリギリ中に引っ掛かるだろうというカオスな理由
初レース故に受付で心拍数が上がり、ゼッケンをつけて心拍数が上がり、選手と呼ばれて心拍数が上がりw
スタート直後の急勾配を猛然と駆け上がり試合終了 結果は96位
哀れザクさん 菰野に散る(´・ω・`)ガッカリ…
リザルトは50位までが1枚目、100位までが2枚目、121位までが3枚目
『2枚目に載ったから良いわ』とつぶやいた事を覚えている
そうとう悔しかったらしいw
ここで奮起して練習に励むと男前とうふなのだがスネてヒルクライムから遠ざかっていく
しかしレースに向けて高いロードバイクを買ってしまったので嫁に『やめる』とは言い出せない
何も買えなくなるばかりか、信用を失ってしまう
苦肉の策で『登りばかりが自転車では無い』とロングライドに目覚める事になった


【第2回】菰野ヒルクライム2014 記録:43分35秒〈51/065〉
ロングライドからヒルクライムに戻った理由は嫁に負けたからw
私がロングライドで出かけている間、嫁さんは箕面を走り回っていた
逆瀬川で大敗した事を逆恨みしてヒルクライムの練習を再開した
実は十三峠も負けたままであるから、本来はトプロー師匠の前にきゃのん師匠を倒さなくてはならない
しかし平等に争うにはきゃのん師匠に軽量バイクを用意しないとお話にならない
しかしBMCと連続して軽量バイクを買う経済力は無い!
よって、さっさと葬り『機材の差だから軽量バイクを購入してからガンバレ』と申し渡す予定である
本題に戻るが、この年は豪雨のため半数がDNSのレースとなった
当時のレベルを考えるとDNSが妥当な判断だと思われる
しかし悲しいかな判断基準まで初心者レベルで出場を強行する
エントリー料が勿体ないとかそんな理由だったw
出場者は雨をも恐れぬ猛者とエントリー料が勿体ない軍団に二極化された
天候が良ければ40分程度だったのではないかと思う
『雨やしな』とつぶやいた事を覚えている
ザクさんの周りだけ雨が降っているワケではないのにw


【第3回】菰野ヒルクライム2015 記録:36分24秒〈46/105〉
昨年は富士ヒルのブロンズリングをゲットする年であった
更に冬場に膝を痛めていたので練習不足で参戦することになった
予想順位は半分よりちょっと上くらい だいたい当たってたw
これで膝は完治したと判断できた!
菰野ヒル以降に練習の強度を上げて悲願のブロンズリングに到達したのだ!
燃え尽きたザクさんは、更なる高みを目指すことはなく浮かれて後半を棒に振ることになったw
7葛とか奈良県全コース制覇とか方向が反れたのはブロンズリングが原因である
6月にして今年はコレで良い!と思ってしまったからw


今年はどういう状態で菰野ヒルを迎えるか?
昨年までと大きく異なる点と言えばチーム戦でエントリーしていることです
交代で牽くの?チーム内で壮絶な千切り合いをするの?ですがこれは乞うご期待!
チーム戦は3位の記録がそのままチームの順位になります
少なくとも『オレ4位やから関係ないもんね(゚Д゚ )ムハァ』にはならんように気合を入れていきます

↓ 4位かもしれないけど気持ちの問題です(さてはチーム内でも戦う気やなw ポチっとお願いしますm(- -)m

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

SUNZOKU練~金剛山RW~

3月5日(土) チーム錬に行ってきました

メンバーは下記のとおりです
1号さん、HANAKENさん、カメさん、ちょしさん、masabowさん、バード君、つるみんさん、コンソメさん、しんいちさん、novさん、ザク豆腐

ええ、これはマズいですぞ ヽ(;´Д`)ノヤメテー
いまさら金剛山RWの速い遅いは良いんです 
早く着いたら待っててくれればエエだけなのでw
それじゃ何がマズイの?って、勿論下りですよ!
ついて行こうとは思わないけど、千切られすぎて迷子にはなりたくない
予想どおり、千切られて道を間違えそうになり、焦ってご迷惑をおかけする事になりました
でっかい事故とかにならなくてよかったですが、運が良かっただけですな
そこからは諦めて千切られる事にしましたw
しかし、私のように『速い人は下で待ってたらええねん』と開き直る人ばかりでは無いと思います
レベルの違う人が集団で走ると、どうしても下手クソが無理をする事になります
良い季節に自転車ライフを楽しむ為にも上級者が配慮してあげてください
そして、私と同じヘタクソな皆様は無理しないで下さいね
迷惑をかけたらアカンと無理をして落車とかすると逆に迷惑がかかります(他に言い方はwww


さて、本題のSUNZOKU練ですがコチラは良い練習になりました
金剛山RWの結果は33分16秒で41秒更新でした
これまでの記録は昨年の富士ヒル前の追い込みで出した記録です
BMCであるという優位性を差し引いても季節やグリーンロードの疲れを考慮すると悪くない記録です
悪くないというか良いですねw
でも、良い練習になったというのは記録が良かったという意味では無いのです!

今回は登り方の勉強をするべくスタートからつるみんさんについて行きました
スタートしてすぐに思った事、それは・・・
遅せぇ(;゚д゚)ァ....

1人で登る時は稼ぎどころとガンガン攻める区間を『速い』ではなく『遅くない』ペースで登っておられるのです
30分を切るような人は火が出るような勢いで飛んで行くと思ってました
しかし、そんな様子は無く坦々と登って行きます
3.5Kmの旧道との合流点手前の下りでスッと離され、その後姿を見る事はありませんでした
自転車に腕時計を巻きつけているだけなので、正確な距離はわかりませんが中間あたりで確認するといつもと同じタイムでした
でも足も呼吸も残っています
私が一生懸命登れるのはせいぜい1~2分なんですね
今までは、これをスタート直後に使っていたのだと気付きました
勿論ペース配分の大切さは知っているのですが理解はしていませんでした
『スピードを維持する』『ケイデンスを維持する』『パワーを維持する』
私の感覚ではすべて不正解だと知りました
理由は簡単です
無理なものは無理だから(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

一定のペースでゴールまで安定したペダリングをする
そんな事ができるくらいならProjectDJTPなど余裕で完遂して『トプローくん頑張りたまへ』と踏ん反り返っておりますw

思い返してみると答えはずっと前に出ていたんですけどね
ヒルクライムをはじめた頃はペダルを踏みつけて太ももの表がパンパンになっていました
それではすぐに疲れるだろう・・・という事で裏ももを使ったり、上半身を使ったり練習しました
そして使う筋肉を変える為にダンシングの練習もしました

そうなんです 部位によって進行は違えども同じ筋肉を使い続けると疲労は蓄積するんです
それなら複数のペダリングを用意しておけば良い!
という事で私のファイナルアンサーは『スタミナを維持する』です

トルク型がダメだからケイデンス型に転向する
実はこの考えを改め2月から織り交ぜて登っているのです
ダンシング・シッティングではなくシッティングに複数のペダリングを取り入れています
シートポジションや使う部位を変えながら1ヶ所に決定的なダメージがかからないようにする旨ですね
高ケイデンスって心肺にくるから、しばらく重いのをゆっくり踏んで呼吸を整えようとか、とにかく分散するのです

複数の引き出しをもつ練習をしてボチボチ更新はできていたのですがその配分ができていませんでした
緩斜面が稼ぎどころと無理をしていたんだと思います
今回のSUNZOKU練で、速い人でもゆっくりスタートするのを見て安心したんですよ( ・ω・) ㌧
翌日、多武峰で試したら30秒ほど更新できましたから間違いないと思います

練習して地力を上げるのが基本ですが、私レベルだと乗り方を変えるだけで一気に更新するという事もあるみたいです
伸び悩みを語るには若輩者すぎるぜ!オレはまだまだ速くなるというお話でした!

何?チーム練の詳細がわからんですとな? SUNZOKU公式ブログをお待ちくださいませm(- -)m

 ↓ ポチっとよろしくお願いしますm(- -)m

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR