ブログってやつは( ̄ー ̄)フッ

どうも、ザク豆腐です

2014年10月にブログを開いて15ヶ月が経過しました
書き方がわからずポチポタの二番煎じで書き始めたブログですが、ようやく自分の言葉で書けるようになったような気がします
自分の言葉で書きはじめると生駒エリアのTTコースとO.H.C.メンバー個々の速さを把握していないと意味がわからんという『狭いブログ』に変貌を遂げましたw
そして『狭いブログ』を書く事により、読者が常連さんだけになったので随分書きやすくなりました
それは細かい描写が無くても読者が内容を理解して下さるからです
最近は『ニューバイク』『MT富士ヒルクライム』とか一見さんが増えそうなタイトルをつける時にナンボか細かく書く程度ですねw
もはや『ビギナー応援ブログ』ではなくなったように思いますw

それでは何故『狭いブログ』にシフトチェンジしたのか?
おそらく私が自分の為にブログを書いているからだと思います
初心者をターゲットにブログを書くことで『今更聞けない質問』にコメントを頂く事ができました
コメントは読者も閲覧しているため知識を共有できてブログに少し値打ちが付きました
その結果O.H.C.以外の人も読んで下さるようになりました ありがたい話です
しかし私はいつまでも初心者と言うワケではありません!
得たい情報が『ヒルクライムのノウハウ』から『生駒をどう登るか?』に変わってきたのです
『狭いブログ』は『地域ブログ』と言い換える事ができるのですw
現在は、具体的な目標を公開する事で退路を断ったり情報を得たり速くなるツールとしてブログを書いています
『狭いブログ』にも適切なコメントを頂いており感謝しています
適切なコメントを頂けるのは、私の文章がわかりやすいから( ー`дー´)キリッ
・・・ではなく『丁度いい速さ』だからだと思いますw

トップクライマーなら持論を基に積み上げたものを伝えたり、更に上を目指すような内容になるでしょう
勿論、興味深く『拝読』するのですが『拝』の字が示すとおり最初から尊敬と敬意なんですよね
遅ぇヤツには敬意を示さん!ではなくて、速い人に対しては最初から受け身になってしまうのです
自分が目指す結果をすでに出している存在なので疑いの余地が無いというかw
だから『凄いですね』『〇〇さん目指して頑張ります』くらいのコメントしか思い浮ばないのです
もし自分がそんなコメントをもらったら『いえいえ そんなことありません 一緒に頑張りましょう』と返信するでしょう
これは『尊敬・羨望』に対して『感謝・協調』を返信するのだから正しい姿だと思います
しかし困った性格である私はこのルーティーンを面倒に感じるのでコメントしません

逆に明らかに練習不足だろう・・・暴飲暴食してるだろう・・・という人が『速くなりたいです』と書いている事があります
練習なんて自由だから腹が立つとかはありません あぁそう速くなりたいのねと思います
だから『最初は皆遅いです 足をつかずに登れてスゴイじゃないですか! きっと速くなりますよ』とコメントするでしょう
いや、このルーティーンは無駄なのでコメントしませんねw
勿論、ウェア買いました♪ ホイール買いました♪ 今日も飲みに行きました♪ 速くなりたいです♪ みたいな場合ですよ
速くなる為の努力をしている人にはガンバレ!俺はこうやったから参考にできる部分があれば!ってコメントします

そう考えると私の練習と速さはツッコミどころ満載なのでしょう
速い人から見れば練習量が不十分で方法も微妙 遅いけど話にならんというレベルではない
あぁもう、そうじゃないだろう!と物申してやりたくなるというレベル
初心者から見れば頑張ったらザクさんくらいにはなれそう
素材が違うと諦める必要が無い 平均くん超えを目指すには参考になるレベル
レースで先頭集団には千切られ後方集団を突き放しているから客観的に見ても『丁度いい速さ』なのだと思います

私みたいに情報収集を目的にしている人もいれば、日記、メモ、活動報告などブログは自由です
何を読むか、あるいは読まないかはパソコンの前に座っている人が決める事なのでw
書く事によって気付く事もあるので、興味のある人は書いてみるのも良いと思います
面倒くさい?大丈夫です やめるのも自由ですからwww

 ↓ そしてココを押すと喜びますw ポチっとお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

富士山国際ヒルクライムに出るか?

どうも、ザク豆腐です

このオッサン まだ言うてますでw

富士山国際ヒルクライム
 全長11.4km 標高差1200m 平均10% 最大22%

そりゃ心配にもなるスペックです
いや、最大勾配を大袈裟に騒いで『激坂は大変!』アピールをするつもりは無いのです
今更『22%とか登れるかなぁ・・・』とか言うても誰も聞いてくれないでしょうしw
同じ22%の鉢伏峠は34×21Tでしたから、DURA-ACEだと23-25-28Tと3枚残ってます
試走できないので『この激坂がどこまで続くねん!』みたいな事はあると思います
それでも足をつくほどの事にはならんでしょう

それじゃ何が心配なの?という話ですが・・・
こんなトコ集団で下山して大丈夫なの?
適当にエントリーして蛇行するビギナーがいたらコワイ!
雨が降ったら滑るだろ? など

これまでブロンズをゲットする為に努力したから富士ヒルにも思い入れがあります
しかし、それは偶然であって国際ヒルを登る自信が無かったから富士ヒルにエントリーしたのが全てのはじまりなのです

必ずブロンズをゲットしてやる!と挑んだ昨年の富士ヒルは82分11秒でした
今年は【Basso】Lagunaから【BMC】SLR01に乗り換えている事、ケガをしていない事などを考慮すると5分くらいの更新が予想できます
77~78分でゴールして来年までに1Kmあたり7~8秒速く登る方法を探究すれば良いような気もします
私自信そうするだろうと思っていました

ところが、今年は思わぬ出来事がありました
国際ヒルとハルヒルの日程が重なったのです!
私の中でハルヒルは伊吹山ヒルに似たイメージがあります
都市からアクセスの良い場所で開催されるトップクライマーからビギナーまでが参加する大きなレース
おそらくビギナーはハルヒルに流れる事でしょう!
私が所属する鳴かず飛ばずレベルのクライマーも分散する事でしょう!
そして5月開催!
蛇行するビギナー、急勾配での渋滞、梅雨時期の開催 様々な懸念材料が取り除かれていくではありませんか!

もっとも今年はレースに特化した練習をするつもりはありません!
良く言えば目標に向かって努力する性格ですが、裏を返せば目標が無いと何もしない性格でもあるのでw
困ったことに季節に関係なくターゲットレースが終ったら乗らないんですよね・・・
今年に限ればレースは楽しいイベントであって、目標はDJTPなのです
そうは言ってもレースが近づくと練習に力が入る!
でも、目標ではないからレースが終っても継続して練習する!
おぉ!我ながら完璧な作戦だ!
だったら富士ヒルをイベントとして楽しんだら?なのですが、シルバーリングがある限り目標にしかならないのですなw


しかし目標DJTPの方はどうしたもでしょうなぁ
もうゴメンなさいしちゃうか・・・

逆に堂々と登るキッカケになるかも!
ザクさんはそう思ってるよ!
ありがとうトプローさん!
ありがとうトプローさん!
サーティン パス

結局ザクさんは富士山国際ヒルクライムに出るんですか?
これからは何があっても、前を見て進んでいきたいですw


 ↓ たぶん出るw ポチっとお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ぼちぼちレースの日程を考えないと


どうも、ザク豆腐です
ニューバイクも買った! チームにも入った!
暖かくなったら菰野ヒル、伊吹山ヒルに向けて頑張ろう!
そして、その後は・・・ 
そう、高取城・戦国ヒル・・・ Σ(・∀・;)
う~ん、4月後半から真夏まで何も出ないのも寂しいですな(;´Д`)
ここに富士ヒルを入れたら丁度良いけど、4年連続ってのも芸が無いと思うのです

真っ先に候補に挙がるのが富士国際ヒル!
ただ夫婦で参加するとなると勾配22%とかが問題になるのです
自分だけ軽いバイクに乗り換えて『激坂レースに行くぞ!』も鬼ですからなぁw
そもそも遠征なんて年に何度もできるモノでは無いのに『また富士山か・・・』みたいな気持ちもあるのです
勾配などを考えると箱根ヒルで前後泊という選択もありますな!
やっぱり、富士山からあまり離れてませんなぁ(;^ω^)

( ゚д゚)ノ ハイ!シツモーン!
あれ?ザクさんは葛城山で十三峠17分の練習に励むとか言うてなかったっけ?
( ^ω^)おっ
良い質問ですね! 十三峠は十三峠 レースはレースです!(答えになってないでw

皆さんはどうやってレースのスケジュールをたてているのでしょう?
私はエントリーサイトとかキーワード検索で見付けたレースから適当に選んでいます
ちっちゃいレースまで含めた2016年レーススケジュールがあれば嬉しいのですが・・・
一周して富士ヒルとかにするならボチボチ宿を押さえる時期だし、あまり考えてる時間も無いですよねぇ
どうしようかな(;´Д`)


 ↓ ん?大台ヶ原?アレは無理ですw(フリではない! ポチっとお願いします!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

夜錬で〇〇を歌ってみたwww

アカン寒すぎる 夜錬したくない(´・ω・`)ガッカリ
月曜日からノーライドで迎えた昨日(木曜日)の夜
金曜日は会議もあるしおそらく乗れないだろう・・・ 5日休脚はもはや休脚とは言わないだろうし・・・

ノーライドの罪悪感から開放される為に寒空の下に飛び出したのは20時を過ぎた頃でしたw
練習という意識も無いままダラダラと三郷を登ります
サイコンをつけていないので定かではありませんが7~8km/hくらいのペースで酒屋の角を通過しました
ライトで照らされた道は鈍い輝きを放って凍結を知らせてくれます

この環境でもローラーという選択肢が無いのだから、余程のことが無いと乗らんのだろうな

そんなことを考えながらいつもより右側を走行しました
去年の冬は朝錬だったので凍結時の走行ラインが頭に入っているのです
府道に合流してからこの後の予定を考えます 候補は3つ
『①三郷ルートを3本』『②のどか村までを2本』『③葡萄坂まで往復』

のどか村が凍ってたら下りが怖いから三郷ルートを3本を登るか?
いや、確実に2回で帰ってしまうな・・・ 凍結具合いが酷くなければのどか村まで行こう
短い距離を何度登っても十三峠の水呑み地蔵でタレるだけやし(;^ω^)

ダラダラ登ってるのだからタレるとか関係無いのですが『④三郷ルートを2本』を避ける為、自分に言い聞かせましたw
のどか村まで登っても体が温まる事はなく、鼻水が出るだけです
今来た道を折り返すと候補は2つしか無いようです
『⑤のどか村までを1本』『⑥のどか村までを1本 + 三郷ルートを1本』
今週1回の練習でそれはアカンだろうという判断で『③葡萄坂まで往復』を選択しました

人見知りで暗い性格なのに、はなうたクライマーであるザクさん!
葡萄坂に向かう下りで何気なく選んだ曲は feels like HEAVEN でした!
♪Oooh きっと来る きっと来る 季節は白くぅ~

これリングのやつやん! Σ(゚Д゚;)ギクッ

のどか村から信貴変電所(葡萄坂のゴール)まで山道をご存知の方なら共感いただけると思いますが・・・
夜錬であの辺を通過する時にリングはあきません!
白い着物の人が這ってたらどうしよう(´;ω;`)
うぉ草陰がカサカサいうてるやないか(´;ω;`)

・・・40歳も近いのに乙女か! アホらしい(*´Д`)

びびった自分に照れるという恥ずかしさを感じながら葡萄坂を下りました(楽しそうやなw

♪Oooh 限りない 輝きを~
おぉ誰か登ってくるぞ!寒いのに物好きなwチョップさんか?いや、違う人やなw
しかし、手がつめたい 感覚が無くなってきたな・・・

大県南のコンビニで時計を見ると既に9時でした
もう登りたくなかったけど、来た以上は帰るしかない!
『③葡萄坂まで往復』という選択は正しかったようですwww

寒いだなんだと文句を言いながら1時間かかって家路についたザクさん!
サイトに登録しようと嫁のスマホを覗くとソコに十三峠で夜錬を終えたチョップさんの記録が!
寒いのに物好きなw

ザクさん?そもそも今日の記事は必要やった?

 ↓ ガハハ、必要な記事など書いた事が無いわ! ポチっとよろしくお願いしますm(- -)m


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ニューバイク ~はじめてのTT~

どうも、ザク豆腐です
満を持して投入したニューバイク!ですが実は全然乗ってませんでしたw
私は寒い時期に一生懸命走るとすぐにヒザが痛くなるので決して無理はしません
悲惨な状態で3月を迎える事の無いよう太らない程度に登っている程度です
メシを食うにもコンビニに行くにも気を使うし、カロリーを消費するだけならSLR01じゃなくても良いというのがその理由です

土曜日は木津にあるレガルというパン屋に行って岩船寺を登ってきました
せっかくTTコースを走るのだからと一応タイムを計ってみました
タイムはそれ程でもなかったのですが登っていてそんなにしんどく無かったです
ザクさん、全力で登ってないからしんどくないんでしょ( ̄ー ̄)フッ
そうなんですけど、正月明けはそれでもしんどかったので調子が上向いていると感じました

考えられる要因は2つです
ひとつはサイコンを外した事です
私は数字に振り回される性格なのでスピードやケイデンスなどは表示されない方が良いみたいです
パワーメーターなどを見て効率的に登る方々からしたら愚かな話だと思いますがw
ヒルクライムにおいて私がサイコンを見る時はどんな時か?
実は疲れた時だけなのです 目標タイムに向けて必要な速度を計算する為にw
集中して登っている時は全く見ません 疲れている時はサイコンとにらめっこしながら登るのです
下を向いて走る事になるから余計に疲れたり、更新に届かないとサボったりロクな事がありませんw
私の場合、サイコンを気にせず集中して登る方が結果も良いみたいです
現在はコーナンで買ったストップウォッチ付き腕時計をハンドルに巻きつけています
もうひとつは正月太りが解消された事です
家に帰って体重を計ると62.6kgでした
シーズンに入ると62kg、レースは61kgなのでボチボチ絞れてきたようですw

明けて日曜日
午後からのどか村まで登ることにしました
2日続けてロングライドは疲れるし、晴れているのに登らないと罪悪感があるし、食べて動かないとまた太るしw
昨日状態が良かったし、そんなに寒くなかったのでSLR01で登ることにしました
SLR01のシート位置が低いのですが、トルクレンチを買うまでさわりたくないのでそのままの状態で乗りました
それにしてもラグーナよりシート位置上げているのに低いと感じるのは何故なのでしょう?
カカトが全くペダルに届いていないので低いはずがなく、慣れないバイクで前乗りのポジションになっていたり、ラグーナとサドルの形状が違ったりと複数の要因があるような気がします
ちょっとはニューバイク慣れておくかな・・・ 程度で出発したのですが三郷のスタート位置に移動すると何故かヤル気になっていましたw
初TTで無残な記録は残せない(#`ハ´)
いつもどおり、最初の緩斜面を34×21くらいで登りました
酒屋の角で57秒 まぁいつもどおりです
ココからが違いました!
大学門に向けて、ギアを落としたけどフロントはアウターでいけます!
縛りじゃなく、適正なギア選択でアウターなのだからこれは楽ちんですw
2分54秒で大学門を通過! 良いペースだけど余裕があります
大学門を過ぎたあたりからインナーに落とし急斜面に対応しました
自己新からそんなに遅れてないのに結構余裕があるぞ!
コントロールしやすいフレームなので流しながらも減速する事もなく合流をむかえました
自己ベストから4秒遅れながら余裕がある! もらったな!
そう思った瞬間・・・
先ほど食べた肉うどんが喉もとまで上がってきています
欲張って食べた厚揚げがアカンかったのか(´;ω;`)
少しペースを落とすと胸焼けは治まりました
残っている脚を全て使って渾身のラストスパート
しかし、自己ベストには10秒及ばずでした
この時期にコレを繰り返すとヒザが壊れるので次のTTは暖かくなってからですね
ホームコースの更新を手土産に、十三峠に挑戦できるのはいつの日でしょうか?
私の挑戦はこれからはじまります( ̄ー ̄)フッ


 ↓ 早く暖かくなるといいのにw ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

SLR01インプレ(DURA-ACEってどうなの?)

どうも、ザク豆腐です!

今日はDURA-ACEとULTEGRAの違いについて書いてみます
いや、ザクさん105ですやんΣ(´Д` )
はい、クランクだけの話ですw

長いクランクを使いたくて、やまちゃんに譲って頂いたULTEGRAのコンパクトクランクとついでに変えたペダル
以前『長いと可動範囲が広がりよく回るけどすぐに疲れるぞ!』という内容を記事にしました

今回ニューバイクに試乗して気がついたのですが、『すぐ疲れるぞ』の原因は『長さ』だけでなく『固さ』にもあったようです
105と比較すると軽くて固くてよく回るのがULTEGRAなのですな!
ULTEGRAの時点で十分な剛性があるので仮にDURA-ACEが更に固いとしてもそれが原因で速くなるとか無いように思います
DURA-ACEの衝撃的にスムーズな変速は感動すら覚えますが、電動ULTEGRAでもキッチリ変速できるので変速性能という点でも差は無いでしょう
厳密に言えば差があるのでしょうが、剛性を確保してパワーロスなく登る、変速のミスを防ぐなどホビーライダーが草レースに出るならULTEGRAで十分です
『ナンボか軽くする為に大金を積んでDURA-ACEにせんとアカンのか?』と聞かれると『ULTEGRAでエエから差額で軽いホイール買っとけ!』と答えるでしょうw
ただ、私が次回ニューバイクを考えた時、そのような選択はしないと思います 
高級なカーボンホイールを試せば言う事が変わるかもしれませんが、LWCくらいが手元にある場合はDURA-ACEで組んじゃうよ!と思っています

走るという機能においてほとんど差が無いだろうに何故?
さては、最高級のコンポに乗ってるという征服欲を満たす為だけにΣ(´Д` )

私は『ええかっこしい』なので否定する事もできませんが、それだけでも無いんですよw
昨日のブログに少し書いた『リアルに路面の状況を感じる事ができる』という部分がその理由です
数値で現われるものでは無いし、現われたとしてそれを活かせるでもありません
だったら何故? なのですが答えは明確で『楽しいから』
楽しいだけでDURA-ACE組むのは勿体ないと言われれば返す言葉も御座いませんが趣味ってそんなモノでしょうw

そういえばSLR01のホイールって何を履いてるの?ですがDT Swiss製のやつです
BMCがスイスのブランドだから、スイス製のホイールを履いてるのでしょうかね?
カンパとか比べ物にならんくらいラチェット音がデカイですね 
ZONDAより登れるけど、これでレースという感じではなさそうです
最初はアクシウムでレースしていたクセに贅沢になったものですなw
ホイールに関しては精査できておらず、SLR01に限って鉄下駄ってコトも無いだろうからしばらくこのままで練習しようかと思っています

 ↓ 調子を上げてコッソリ十三峠を登ってみたいw ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ニューバイク ~購入から試走まで~

どうも、ザク豆腐です

今年は新しい相棒と共に戦っていきます
多くの方が予想どおりだったのではないですかね?

BMC 2015 SLR01 DURA ACE
SLR01_1.jpg

SLR01_2.jpg

バイクさえ軽くなればスグに戦闘力が上がる。
そんなモンでもありませんぜ・・・ なインプレをw

スペック等はネットにあるし説明できるほど詳しくないのでインプレを中心に書いていきます。
馴れないハイエンドバイクを手にして舞い上がっているので、意味不明な部分は御容赦下さいませ。

9日
自転車をひきとりに行きました。
初対面の印象は『偉そうな自転車』でした。
『オマエに俺を使いこなす事ができるか?』と言わんばかりです。
ゴメンな 真の力は引き出せんやろうなw

試しに持ち上げてみると軽いコトw
DURA ACEのペダルを含めても余裕で7kgを切る軽さ!
やまちゃんのシートポスト事件以降、特殊形状のカーボンにビビリまくっていた私は最初に締め付け具合いを聞きましたw
指定トルクだと下がっちゃうからまぁこれくらいかな? などと説明をうけながら店員と交代で締め付けたりしてみました。
テンションが上がってしまい 必要ないのにBMCのロゴが入ったボトルや鍵まで購入しましたw
そのままドヤ顔でLineに画像を送って家路つきました。
コレ見ながら酒が飲めるよな・・・ と思いましたが酔っ払って壊すとシャレにならんので横の部屋に置いときました。

10日
BBからシートまでをラグーナと同じ高さにシートポストを固定しました。
冬場は寒いから要らんな。と最近履いていないBONTRAGERのシューズを引っ張りだしました。
季節外れの薄着で出発しました。 軽さを満喫する為に修理用具などを入れたリュックをきゃのんに預けました。
すぐに追いつくからのどか村に向けて登りはじめといて、と言って乗り始めた瞬間にシートポストが根元まで下がりました。
締め付けが弱すぎたようです(´;ω;`)
アーレンキーもリュックに入っていたので、きゃのんがのどか村を往復する間ずっと三郷のスタート地点で待っていましたw
再度シートポストを調整して上りましたが、2回シートポストが下がりましたw
パキっていくのが怖くて締め付けられんけど、これやってたら違う壊れ方するで(´;ω;`)
心配していたクランクですが172.5mmなので違和感がありませんでした。
シートポストの調整が忙しくてインプレどころでは無かったので、仕切りなおして白石畑に向かいました。
ところが予想に反して風のように進みません・・・
3年間乗り続けたラグーナと感覚が違うのでとにかくしんどいのです。
いや、違うな・・・ シートの高さが合ってないとかハンドル位置が高いとかはあるのですが、それとは別の違和感です。
おそらくこれが『剛性』とか『固い』とかいうやつなのでしょう。
『固い』と言っても『しなやか』であるので、跳ねるような感覚はありません。
路面の状況が足に伝わってくるけど、自転車そのものは挙動を乱さず安定しようとする感覚です。
ゴツゴツした感じは無くスーッと進むしコントロールしやすいけど足はリアルに路面の状況を感じている。
コレ、すぐに疲れるんですね・・・
現時点ではSLR01をまわせる脚が無いというかですね。
もしかして、背伸びして身に余るバイクを買ってしまったのでなかろうか(´;ω;`)
そんな事を考えながら白石畑を登っていました。
ラグーナの方が楽やで・・・などと毒を吐きながら勾配が上がる区間にさしかかった時、歴史は動きました。
意味のわからん加速をしたのです。
ポジションを変えたとかではなく、勾配が上がるから強く回そうとしたらグイっと伸びたんです。
その区間が終わって勾配が下がるとやっぱりしんどい。
軽いバイクにすると重力やら何やらで、無条件で楽に登れると思っていた私には衝撃の出来事でした。
楽に登るは『軽さ』よりむしろ『やわらかさ』が重要みたいです。 ダラダラ登るのはラグーナの方が楽です。
楽さはホイールを変えた時のほうがよくわかりました。
SLR01は速く登る為のバイクみたいですね。

11日
ラグーナで伊賀上野まで行きました。
豚トロ丼を食べている間、SLR01を外に置くのが怖かったのでw
やっぱりコッチが楽です。


皆様、ニューバイクを検討する時はその目的をよく考えねばなりませんぞ!
土日に楽しく乗るのが目的なのに『軽いな!フラグシップモデルだから良いだろう!』とSLR01を選らんだら大失敗ですよ。
極端に乗り手を選ぶバイクやなぁ という印象ですからwww

目的がTT及びレースなら悪くない選択だと思います。
後はバイクの性能を引き出せる私の努力ですね。

 ↓ ついに買っちまった! ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ProjectDJTP_007(秘密の作戦会議)

どうも、ザク豆腐です

今日はニューバイク書いてません
ご足労おかけしました m(- -)m

さて、白旗の揚げ方を検討していた私でしたが、ニューバイクによって希望の光が差し込んできました!
おおよそ『冥土の土産に教えてやろう』みたいな発言をしたり、止めを刺さずに『勝利の宴』を行う悪党がどのような結果になるのか知らないワケではありませんがw
追い詰めるどころか離される一方なので対策など考えた方が良いでしょう

●現在の自己ベスト
18分57秒(昨年富士ヒルで追いこんだ直後の記録)

●伊吹山ヒルまでの取り組み
2月から三郷2本のペースで登っていましたがケガをした膝に配慮して体幹トレを中心に練習しました

●富士ヒルまでの取り組み
金剛山RWに週末6週間通いました 2周目くらいから記録が伸びましたが体幹トレを3ヶ月継続した効果が出た時期なのかもしれません

●7葛までの取り組み
和泉葛城山に2ヶ月通いました 富士山で悲願を達成して体幹トレを止めました この頃がピークでした

●7葛以降の取り組み
奈良県全コース制覇に向けいろいろな峠を登りました 記録には興味がありませんでした


富士ヒル後は和泉葛城山にハマっていましたが、この時期に十三峠を更新しておくべきでした
体幹トレに効果があったか?と言われたら、私の感覚では『やらないよりやった方がマシ』というレベルでしょう
空いた時間に取り入れるなら良いのですが、体幹トレを中心に練習を組み立てるとか効果が薄いです
そんな時間があるなら登れ!回せ!と思いますねw
更にそんな時間があるなら、ストレッチなど怪我をしないケアを優先させるべきです
必要な体幹などフォームを意識して登ってれば勝手についてくると思います
雨や休脚日の空いた時間に取り入れる程度で良いでしょう

今年は怪我をしない対策をしているので今のところ順調です
具体的には寝起きの朝錬を止めて夜錬に切り替えた、トリガーポイントの解消を徹底するなど!
暖冬の影響もあって昨年と比べると2ヶ月程度仕上がりが早いです

去年はブロンズゲットが最大の目標だったので6月で燃え尽きてしまいましたw
4~6月とそれ以外の姿勢があまりにも違った気がします

それじゃシルバーはターゲットにしないのか?という話ですが・・・ 
去年みたいに富士ヒルに特化した練習はしません
アレをやるとレース後、廃人になるのでw
今になって思えば脱ビギナーの90分って絶妙な設定ですよね!
簡単じゃないけど練習しだいで誰でも狙える見事な設定です
次のラインが75分とか無茶言うたらイカンで!という話ですがw
参戦すれば77~78分くらいの予想です(5分短縮やな!
とにかくじっくり積み上げて地力をつける年にするので、調子を乱高下するような練習は避けたいです
とか言いながら狙ってみたいw でも燃え尽き症候群が心配だwww 3年連続で参戦したからボチボチ違うレースが良いような気もするwww
とにかく、絶対に押すなよ( ̄ー ̄)フッ

●秘密の作戦
おそらく師匠は私がせっせと十三峠に通ってジワジワと差を詰めてくると思っているハズだ
十三峠を5本登った事に意味を感じているかもしれないが、あれは正月太りを解消しに行っただけ
思いつきのハーフマイル計測で十三峠を選び、移動が面倒で反復しただけだが深読みしているに違いないw
結果を残すのは十三峠だけど力をつけるのは和泉葛城山と決めている!
路面が良い神通を高ケイデンスで練習して、暑い夏には牛滝の木陰を登るのだ!
必要以上に調子を上下させる事無く、ゆっくり確実に強くなるのだ!
残念ながら速くなるに近道は無い せめて師匠に余裕で勝てると思わせておくのだ!
そしてザクさん口ばっかりやな・・・ と油断した頃にガブっと噛み付くのだ!
我ながら名案だ!!!

 ↓ もらったな( ̄ー ̄)フッ ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ニューバイク ~購入に至るまで~

どうも ザク豆腐です

今年もヨロシクです
去年から騒いでいたニューバイク!購入の決意を固めました!
オッサンがチャリを買うだけの話ですが、個人的にはビッグニュースですw
今日は購入に至るまでの経緯をひとつ!

●買わなかった理由
それ程速くない
これがニューバイク購入までに時間がかかった最大の理由ですね
良いバイクなのに遅いのが恰好悪い?ザクさんの考えそうな事だな( ̄ー ̄)フッ
いや、そうでは無いのです
趣味ってそんなものだから気に入ったバイクに乗るのは問題ありません
山で軽いバイク見ても速い遅いは気になりません ただ羨ましいだけですねw

じゃぁ何が問題なのか?
高級な自転車を買って思ったほど速くならんかったらどうしよう・・・という不安です
何と言うか『それ程速くない』の『それ程』が微妙なんですよ
『ちっとも速くない』なら機材をグダグダ言う前に練習しようとも思えるのですが客観的に見ると少しは登れるザクさんw
・・・
いいの!登れるの!(# ゚Д゚) ムッ!

物品を購入する時には目的があって、それを満たさない買い物はムダ銭と判断せざるを得ないのです
軽い・恰好良いは付加された特典であって目的はあくまでも速く登る事です
それって、ザクさんのサジ加減でしょ( ̄ー ̄)フッ
そう、そのとおりなんですよ
考えてみれば、私にとってバイクの重さは逃げ道でしかなかったと思うのです
機材が軽くなると更新できるとか、俺はもっと登れるはずだとか・・・
私の感覚で『それ程』という言葉には『本当はもっと出来るんやけどな』という意味が含まれているんです

→速くなりたいと願いながらも、遅い理由を残しておきたかった

●買う理由
『速くなる』の指標が変わった
頑張ってもザクさんじゃ入賞ムリでしょ・・・速いって何?
これまでの答えは自己の成長 つまり比較対象が『過去の自分』だったのです
この場合、機材は変わらない方が都合が良いんですよね
レースにも出てますけど去年と同じ機材で順位が上がると成長したなぁと実感したりしてw
準備不足で参戦した熊野古道ヒルはカーボンを履いて去年より順位がよかったです
努力が身を結んだワケじゃない・・・ちょっと複雑な気分でしたね
同じく十三峠で記録が出た時、何本登ってもダメだったのに機材が変わるとアッサリか・・・って
そこで完結していれば潔いのですが、その記録が『心の自己ベスト』だったりもしてwww
そこで、戦う相手を『過去の自分』から『トプ師匠』に変えてみたんです
こうなると遅い理由なんて残す必要がありませんね(相手はドグマやしなw
今年は富士ヒルシルバーとか十三峠17分とか、そんなに重要じゃ無いんです
トプ師匠に勝てればそれで良い(`・ω・´)ゞビシッ!! 

でも、機材が変わったらレースで成長を実感してニヤケられんようになる?
こちらも悠長なコトを言うてられなくなってきたのです
SUNZOKUに入れてもらったから!
『同じSUNZOKUやな!頑張ろうぜ!』とか言うてるメンバーに『チームでエントリーするから入ってくれ!』と言わせるのが最終目標です!
・・・
いいの!今から速くなるの!(# ゚Д゚) ムッ!

→トプ師匠に勝つ!SUNZOKUの平均くんに勝つ!



で? ザクさん何買うの?
CARBONEX【YONEX】に手を出せば男前やけど、どうせ【BMC】SLR01 ULTEGRA【Cervelo】R3のフレーム買いの2択でしょ?
えっ!勇気を出して海外通販【Canyon】ULTIMATE CF SLX 8.0?
もしかして、CARBONEX【YONEX】を買う前フリ?
まさか、最寄りのショップにメンテを依頼するとかの理由で【COLNAGO】に手を出すの?
意表を突いてDIAMANTE【BASSO】とか?

 ↓ せっかく引っ張ってるんだから、わかっても言うたらアカン事! ポチっとよろしくお願いします

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR