Project1316_007(16分57秒)

10月中に17分切りという目標を達成できました
実は『17分切り』そのものはどうでも良いので感想などは無いんです
それは60進法に振り回されて一喜一憂する必要が無いと思っているからです
私は17分00秒の人と3秒しか変わらないんです 
位が上がったワケではありません

自分で評価しているのは更新を継続した事なんです
脚を休めて週末にピークをもっていくだけじゃ更新はできません
毎週結果を出すような練習と調整を2ヶ月継続するには苦労もありました
白旗を揚げる理由は何とでもなるんです
もう初心者じゃないとか、疲労が抜けない年齢とか、長袖になって装備が重くなったとか
だから、いいわけせずに期限付きの目標を達成したという事に満足していますw

1316_1024.jpg

結果を見れば前半飛ばしてタレながら我慢したっぽくなっていますね
でも、前半の走り方が私のペースです オーバーペースではありません
現時点で力が不足しているだけです 
近いうちに最後まで登れるようになるでしょう

なので、このプロジェクトはもう少し続けます
けど、最近は内容が偏っているので次回は十三峠を更新するコツみたいな事を書いてみます

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Project1316_006(ラップ表見直し)

前回の結果を考慮してラップ表を見直した
新しいラップ表に当てはめると履歴は下記のとおり

1316_1021_1.jpg

sec1(4分15秒→4分10秒)
それでも-5秒が並んでいる
これは前半に抑える事を意識しての事だから『目標を上回る速いオレ様!』は絶対にダメ
『目標タイムから遅れてはいけない』と焦って先行するから最後にタレているのだ
4分10秒に設定した意味を理解して正確に刻む事が大切である

sec2(5分05秒→5分05秒)
最も登りやすい区間で良い感じに登れている
この区間に苦手意識がなくなって十三峠のタイムは飛躍的に更新できた
ここは『頑張る区間』ではなく『つなぎの区間』と考えると登りやすいと思う
私は緩斜面が得意と思っていたが、どうやら間違いであったらしい・・・
そもそも得意とか不得意とか大それたものなど無いのだ(´;ω;`)
ギア選択を誤っているから勾配が上がるとしんどかっただけなのだな
今は回せるギアを選べばどこを登っても同じ、回せるギアが無くなると終了
もう少しレベルが上がると得意な勾配が出て来るかもしれないけどw

sec3(3分40秒→3分40秒)
最初はsec1削った5秒をここに追加しようと考えていた
脚を貯めて13分00秒でsec4に入って残り4分で勝負だ!とか解かり易いしw
いつも遅れ始める区間だから時計を合わせるならここだろう
しかし、時計を合わせる為ではなく、17分を切る為に目標を考えている
途中でタレる事を許すと踏ん張りが効かなくなる
また、目標では5秒短縮だけど実は5秒の余裕がある
これまで9分10秒で到達していたsec3に9分15秒で到達すれば良いのだから!
5秒を活かして無理なく3分40秒を刻めば17分はすぐソコだ!
この『無理なく』がとても難しいのだが・・・

sec4(4分00秒→4分05秒)
4分05秒としているが17分から逆算した結果の数値である
TTでは4分00秒を目指して登るつもりである
ギリギリ届かない臭がするので『虎の子の5秒』になる可能性もある


今回ラップ表見直すにあたって、A~Cの3パターンを検証した
そしてAに可能性があると結論付けた

1316_1021_2.jpg


DJTPから見て下さっている人はさすがに飽きてきただろう
自分でも『十三峠の記事はもうエエってば・・・』と思っている
早くクリアして他所を走りに行ける事を願って止まない今日この頃であるw

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Project1316_005(この調子だ!)

十三峠17分切りを目指してからの記録を並べてみた

1316_1017N.jpg

中間ヘアピン9分10秒これはもうお約束となっている
『前半に飛ばしすぎだ』と大騒ぎしながらいつも同じタイムw
しかし『騒いでるだけでいつも同じ乗り方か?』と問われれば答えは否である
結果としてゴールでは20秒ほど更新できている

『Sec1の加減か?』と思ったリもするが、こちらも4分05秒に安定している
自分でもビックリだが、今回はずいぶん抑えて入っているのだ!
抑えても速いザクさん!スゲーな! と言いたいのではない
頑張っても頑張らなくてもあまり変わらない と言いたいのだ
まぁ頑張らないといえば御幣がある 頑張っているからw(どないやねん・・・

一線を越えてペダルを回しても疲労ほどタイムは縮まらないという事だ
それに対してタレた時の減速はアッという間だから無駄な疲弊は避けるべきだと思う

●十三峠に稼ぎどころは無く ロケットスタートに意味は無い

では、脚をためながら速度を維持するにはどうすれば良いかである
後半に備えて中間ヘアピンを10分で通過していては17分切りは見えてこない
かなりシンプルだけど下記が解決方法である

●ペダルは回すのみ 踏んだらアカン

踏まずに十三峠を登れるんか?であるが、ある程度登れるような気がしてきた
回すって事はゼェゼェハァハァになるって事だから回し過ぎもダメだろう
それが私で言う『一線』というやつで、これさえ越えなければ問題が無い
また、越えて回したり踏んだりしたところで結果には繋がらない
サボらず頑張らずで『一線』の手前を継続する時間を延ばせると記録は自ずと付いてくる

継続する時間を延ばすには練習しかないだろう
1日に2秒ずつ更新できれば、週末には17分切りが狙えるw
ウソみたいだけど、ヒルクライムって本当にそんなものだ
『奇跡はない』これは『練習したら誰でもある程度は速くなる』という意味でもある
幸いにも『ある程度』の壁は17分切りより先にありそうだ!

週末こそ!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Project1316_004(ラップ表見直し)

昨日のブログでも書いた前半突っ込みすぎ疑惑
今日はこれを検証してみましょう

もしも『十三峠ヒルクライム』というレースがあったらどうする?
それが知らないコースだったらどうする?
これを考えてみると解決がはやそうです
そもそも、17分というラップ表を作成しませんけどw

レースなら維持できそうな出力を考えて一定のペースで登ろうとします
確実に登れる出力で作成すると涙でラップ表が見えないので17分から逆算してみました
この数値を現在の目標と比較すると次のとおりです

1316_1012_1.jpg

やっぱり突っ込み過ぎやないのかコレ・・・
それでも、Sec1を4分26秒で入るとか考え難いのだが・・・
11秒『余裕』を見て4分15秒って妥当な目標設定じゃないのか?
いやいや、一定のペースに『余裕』って意味がわからんなwww
とりあえず前回の結果を検証してみましょう

1316_1012_2N.jpg

うん、11秒ではなくて24秒の『余裕』ですね これは行き過ぎですな!
Sec4でタレてると思ってたけど、実はSec3もタレていたというw
徐々にタレて力尽きているという分析は間違いです
正しい分析は下記のとおりです
 Sec1:抑えてるつもりだが、まだ行き過ぎ(-24秒)
 Sec2:実は既に疲れてはじめている(+5秒)
 Sec3:既にタレているが、目標設定が易しくて気付いていない(+19秒)
 Sec4:通過タイムが目標どおりなのでスパート!必然的に力尽きる(+19秒)

十三峠を攻略する為に、我慢するトコはしないとアカンのですわ
おそらく『Sec1が稼ぎどころ!』って焦ってる時点で敗北は確定しているのです
『後半に上げていく』って感覚で良いんでしょうね
だからって、4分26秒で登るって事でもないと思います
今の実力なら17分ペースの『一定』は無理なのでやはり落ちますしね
少し余裕をもって終盤に入って根性見せるしかないでしょう
次回はこんな設定で走ってみます

1316_1012_3.jpg

数値は出したけど、Sec1~2はどうでも良いのです
Sec1が4分20秒ならSec2を5分05秒で調整すれば良いのです
ただし、Sec1を4分05秒より速いペースで入らないこと!
Sec2までの合計を9分20秒に納めること!
Sec3はある程度行ってしまいましょう!
ガーッと行った結果Sec4に跳ね返るかもしれませんが、次回の課題とします

もうサイコンが要るんじゃないのかwww



にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

Project1316_003(あと20秒)


10月09日(日)

1316_1009.jpg

徐々に疲れて力尽きている
今回と前回では、Sec2まではほとんど同じ
今回は後半の走り方を変えてみた
テーマはSec4でタレを防止するにはSec3をどう登れば良いか?
脚を貯めた前回(Sec3:4分00秒)、Sec2の流れに乗った今回(Sec3:3分48秒)
検証の結果、Sec3を12秒削ったところでSec4では7秒しかタレない事がわかった
むしろ、ゆっくり走っても後半期待通りに加速できないという言うべきかw
Sec4に加速が期待できないのであれば、Sec3をもう少し攻めてみるという手もあるな・・・

また、後半に調整をする為に前半の見直す必要は無いだろうか?
中間ヘアピンを4kmコースの2.3km地点と考えれば、9分46秒で通過すれば良い
勿論、Sec1の緩さを考えると9分46秒では遅すぎるけど、9分12秒は突っ込み過ぎな気もする
今回ははじめて、府民の森を16分00秒で通過した
水呑み地蔵から府民の森まで14km/hで頑張っているのに、その後が9km/hである
ここを12km/hで我慢できれば17分切りである
『府民の森まで!』ともがいた結果だから仕方ないけどラスト200m 12km/hで頑張れないものか・・・
次はがんばろう!

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR