スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 菰野ヒルクライム 参戦記 ~後編~


ペースを変えたいとき、残り距離・経過タイム・速度などの情報が無いと対策が立てられない
『時刻だけじゃ心細すぎるわ・・・』と前を向くと、前方にローディを発見した
序盤に千切られてから目にしたローディはこれで3人目 人を見たのは10分ぶりである!
有終の美を飾るべく、私はペダルを強く踏み込んだ!!!

きゅるるるる~ ぷすぅ~ (`ω´)ん~

・・・

今のって、選手生命の危機じゃなかった?ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ

『ぷすぅ』やなくて『にちっ』やったら、夫婦そろってレース引退やったぞ・・・
引退どころかチーム解散の危機やないか・・・

とにかく『腹痛』と『踏んばる』は相性が悪いので、ゴールまでやさしいペダリングを心掛けたw
的確な誘導で速やかな下山を済ませると、既にリザルトが貼ってあった
雨ばっかり降るけどエントリーしてしまうのは、気持ちの良い運営だからなのだろうな
しかも細部が改善されて毎年良くなっているところが素晴らしい!

私の記録は37分45秒であった
これは、メカトラブルだった去年を1分半下回るタイムだ
さすがの私も想定の範囲を超える低迷ぶりに少しビビった瞬間だった
しかし、反省しているヒマがあるなら練習すれば良いので凹んでいない
つるみんさんの期待にも応えないとアカンしねw

他メンバーの頑張りで『SUNZOKU B』は5位入賞という結果であった
チームTTという視点で見たら、私は大いに反省すべきだ
『遅い奴はチームTTに顔を出さず1人で走れ』ってのは違う
そもそも、調子良くても今回のメンバーについて行けない
これは事前にわかっている事なので、嫌ならメンバーに入りを許可しなければ良い
反省すべきは練習不足で会場入りした事だ
この状態でチームTTされると、役に立たないどころか士気が下がる
記録と精神の両面で重りになる奴はチームTTに不要だ

という反省があっても結果は結果( ̄ー ̄)ニヤリッ
皆で勝ち取った入賞だもんね~ヽ(・ω・)ゝキラーン
誰が速いとか関係ないもんね~ヽ(・ω・)ゝキラーン


おぉ ボチボチ10時やないか・・・
シレっと表彰式に向かった私は落ち着いていた
驚く事なかれ!ザクさんは表彰式に馴れているのである(・3・)~♪
数えてみれば『人のふんどしで相撲をとる』のはこれで4度目である
2016 菰野(チーム)・大台ヶ原(ペア)・高梁(ペア)

2位という好成績を収めた『SUNZOKU A』と共に、表彰式へ向かうと彼がいなかった・・・
近々『SUNZOKUの弾丸』と呼ばれる事になるであろう漢、カメさんである
スタートから凶弾のごとく撃ち出された漢は目にも止まらぬ速さでゴールを射抜く!
そのヒルクライムに誰もが魅了され、尊敬の念を禁じえない優れたクライマーである!!
だが、鉄砲玉が自分で戻ってくる事は無い・・・
2度目くらいまでは『カメさん大丈夫かな・・・』と心配した
3度目で『そのうち下りて来るわw』と慣れてきて、今回は回収車で下山する予感すらしていたw
今回は何のトラブルだったか知らないが、彼もまた皆の期待に応える勇敢な漢なのだ
回収車が表彰式に間に合うという結果も含めて、期待に応える漢はカッコいいと改めて思う!
私も見習って大台ヶ原で80分を切ろうと思う(そして自分で下山する( ̄ー ̄)ニヤリッ
こうして、楽しかった菰野ヒルは終った

【追記】
振り返ってみると、やっぱりチームTTは難しいわ
『速きは正義、遅きは悪』は誤りだから、個々にベストを尽くせば良いというのは正論だ
でも、これは速い人の理論であって、自分だけ遅いと気後れするのは当たり前だと思う
だからと言って『チームTTには2度と出ないぜ』スネちゃうのもつまらない
結局、速くなるしか無いんだよ

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

第5回 菰野ヒルクライム 参戦記 ~前編~


菰野町役場に到着したのは午前4時を過ぎた頃だった
駐車場でエンジンを切るとフロントガラスを叩く雨の音が大きく聞こえる
舌打ちをしながらスマホの雨雲レーダーと車窓を交互に見比べていると白々と夜が明けてきた
外に出ると隣に駐車していたローディが鉛色の空を見上げている
『とりあえず止んだけど、毎年こんな天気ですよね』などと話していると菰野のレースという実感が沸いてきた

LINEで『SUNZOKU B』チームは6時20分に集合と連絡が入っていたので、6時前に用意を済ませアップしてから会場へ向かう
山頂行きの荷物預け、ゼッケンや計測チップの取り付け終わるとチームTT(チームタイムトライアル)の集合時間になった
チームTTは3~4名を1チームとして各チーム3位のタイムで勝敗を競う競技である
弱虫ペダルよろしく、チームで3位の記録を引き上げるのがチームTTの醍醐味である
エースが驚愕のタイムを出しても意味が無く、4人で回すとか3位をサポートするとか戦略があってしかるべき競技なのだ
それぞれの想いを胸に7時00分にレースのスタート地点までの移動が始まった

菰野ヒルクライムのチームTTは縦並びで2チーム毎にスタートする
maCさん・しんいちさん・YAMADAさん・私が縦に並んで、もう1チームが横に4人、2行4列の一団で登坂を開始した
序盤は急勾配が続く そして私は千切れた
(;゚Д゚) (゚Д゚;) (;つД⊂)ゴシゴシ (゚Д゚)え?
そんなに驚かなくても良いだろう 1分くらいで千切れたんだってば・・・

そう、これがチームTTの恐ろしいところだ
無能がひとり混じっていると戦略も何もあったものではない
そもそも戦略なんてものは、個々に力があって始めて成立するのだ 
パックで走ってゴールするしか無い『SUNZOKU B』のメンバーは視界から消えていった
スタートから200mで要らない人になってしまうと後が大変である
勿論レースに来たのだから最後まで頑張って登ろうという意志はある
でも、リザルトと無関係が確定すると同じモチベーションでは登れない にんげんだものw

10分ほど登っていると『これはレースなのか?』という考えが浮んできた
これは得意のネガティブヒルクライムではない
物理的に視界から全員が消えてしまったのだ 前も後ろもw(゚ロ゚)w

思い返してみれば、チームTTでスタート前にトイレに行ってたのウチのチームだけだったような・・・
準備できたチームからスタートする方式だから、後ろから来るチームは無いだろうし・・・

残りどのくらい距離があるんだろうね?などと思っていたら前方にトンネルが見えてきた
トンネルで中間くらいと聞いていたので時計に目を落とすと、スタートから18分くらいだった
ザックリ時刻を見ているだけではあるが、少しペースを上げて35分台でのゴールを目指したい!

ところがである しばらく進むと白い塊が見えてきたのだ 雪である・・・
コースは除雪されているけど、路肩や景色に雪が積もっているではないか!
昨年のように冬場に走りこんでいれば、どうって事ない気温だと思う
しかしヌクヌクとサボっていた私にはキツかった 練習はウソをつかない
慣れない寒さで体が固まり、とうとう腹まで痛くなってきた(´;ω;`)

時計を見ると28分だった
ペースが落ちているから、36~37分くらいでゴールする事になりそうだ
その時、オレンジ色のジャンパーを着たスタッフが、パンパンと手を叩き応援をしてくれた
 ス:頑張って!もう少しです!
 ザ:もう少しのハズないでしょうが!(心の声

拝啓 スタッフのお兄さん
このたびは応援ありがとうございました
確かに7.8kmのレースと考えると、残り2kmは『もう少し』だと思います
残り少ない距離を踏ん張れと応援して下さる暖かい心に感謝します
ただ、私は既に6kmほど登ってきているのです
クライマーからすれば『ゴールは近い!』と思ってから2kmあると地獄なんです
十三峠で言うと中間ヘアピンからラストスパートするようなモノですよ!
水呑地蔵で上を見た瞬間に終っちゃうでしょう・・・
それとですね 遅いから気付かないのかもしれないけど、既に頑張っているんです
ヒルクライムを応援する時は、ウソでもこう言って下さい
『スゲー速いやん!!!』
敬具

つづく

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

第11回 那智勝浦町 熊野古道ヒルクライム

どうも、ザク豆腐です

こっちに書きますたw
teamSUNZOKU のブログ


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

高梁ヒルクライム ~歴史は繰り返される~

高梁ヒルは開会式で自転車を持って整列して、そのままパレードランに入る
スタート地点にトイレはなくパレード区間の途中に1ヶ所用意してある
そして、パレードランの後は時間になればスタートする

つまり、トイレを済ませて開会式で前のほうに並ぶ事が前方でスタートする絶対条件なのだ
NETタイムなのでいつスタートしても関係が無いという意見があるかもしれない
しかし、前方でスタートするには2つのメリットがあると考えている

1.遅い集団を避ける必要が無い
私も初レースでは一番後ろからスタートした
どんどん追いぬかれると危ないし、迷惑をかけてはいけないという気持ちもあった
自信が無いと後ろのほうからスタートしたくなるのは当然である
また、勾配の緩い高梁ヒルは多くの初心者が混じっていると予想できた
後方だとスタートの混雑の中で、抜く方も抜かれる方もリスクを生じるのだ
集団に引っ掛かってる間に前方集団が逃げていくかもしれない

2.トレインを選べる
レースでは脚の合う人でトレインを組む事が多い
緩勾配だとドラフティングの恩恵も大きく、乗れるか否かで結果は大きく異なってくる
チームに脚の合うメンバーがいない私はどこかのトレインに乗る必要がある
前方でスタートして飛び出す事で、私を追い抜くトレインで脚が合いそうなのを選ぶことができる
逆に後方でスタートして混雑に巻き込まれると、ゴールまでひとり旅の可能性もでてくる

そうなのだ・・・ 戦いは開会式の前から始まっているのだ!
また、この大会を良く知るチームなどはチャンピオンクラスでエントリーしてスタートからトレインを形成していた
上級者になると、戦いはエントリー前から始まっているのだΣ(゚Д゚;)アラマッ


このレースをどう走るか?という事になるが、ブログでも公開したとおり予想タイムは計算上31分34秒
これはトレインやレース展開も考慮した数値なので、かなり近い結果になると予想された
私はサイコンを付けていないが、タイム・距離・速度はだいたい感覚でわかっている
昨日、コースを下見した事で31分30秒前後という予想は確信に変わっていた
しかし、チーム最下位には31分を切らなくてはならない事もわかっていた
どこかで勝負してリスクを背負う必要があった

あとはどの程度リスクを背負うか?と考えていた
計画ではペアで62分30秒(ザク:31分30秒 きゃのん:31分00秒)である
他ペアのタイムを63分30秒と予想していたので、60秒以上タレると優勝があやしくなる
30秒の短縮を目標に60秒の保険をかける その範囲でチャレンジすれば良いだろう
後はレース中に判断すれば良い

きゃのんには『平坦の鬼みたいなのを追いかけないこと』とだけ伝えていた
あまりにも緩い勾配なのでスプリンターが飛び出す可能性がある
しかし15kmも走れるはずが無いので無理に追いかける必要は無い
飛び出したのがルーラーなら負ける可能性もあるが、それは力不足なので仕方ないと思った
これはヒルクライムの勾配ではないw


ロードB(31~40歳)は200名ほどで、安全面の配慮から100名2組でのスタートになった
スタートからしばらくは前方に位置どり、いくつかのトレインができるのを待った
乗れないトレインは見送り、自分よりちょっと速そうなやつに乗ってみた
しかし、速すぎて付いていけず私のところで切れてしまった(´;ω;`)
これ、無理だわ・・・ と降りた
私の後ろを走っていたCannondaleが集団に追いつこうと加速して行った
いや、スマンな 邪魔して悪かった(´ε`;)

次のトレインにも乗ってみたが、少し速いと思った
そして再び分断してしてしまった
いや、スマンな ワザとではないのだ(´ε`;)

そんな事をしていると、チームジャージに抜かれた
やはりわかり易い・・・ 

ちょしさんであった
少し追いかけてみたが、牽き殺される予感がしてペースを戻した
すると、すぐにカメさんが上がってきた
 カ:乗っていきますか?
 ザ:はい 乗っていきます

カメさんに付いていくと、ちょしさんに追いついた
ドラフティング恐るべし!である
しかし、ツキイチですらついていけずに、あっさり千切れてしまった
あぁ切ない(´;ω;`)

そのまま走っていると、先ほどのCannondaleが落ちてきた
ほら、無理するから(誰のせいだ・・・
右通ります(`・ω・´)ゞビシッ!!

昨日の下見で距離と通過タイムは頭に入っている
ここまで5km 30~40秒ほど先行している
31分切りも視野に入ってきた 残り10km脚は終らない!

後、注意すべきは下りだけだな(; ・`ω・´)
このレースにはたった1ヶ所だけ存在する下り
追い越し禁止なので、レースに大きな影響はない
正確には下りではなく、下った後がすごく苦手なのだ・・・
いつも、登りのリズムが崩れて呼吸とペダリングが合わなくなってしまう
葡萄坂、鉢伏80号などにもその傾向が見られる
対策として、レースの週(月)~(木)フラワーロードを往復してみた
一定の効果はあったと思うが、レース本番ではどうだろうか・・・

下りでも、軽くペダルを回して止めないようにして!
ここで幸運が訪れた! 『頑張って』との声援と共に5号さんが追い抜いたのである!
ついていけるとは思わないけど、同じように回していればリズムは取り戻せる!
私はペースを取り戻した!

残り5kmで予定より20秒先行している
31分切りは難しいけど、31分ソコソコでゴールできる!

しかし、ここまでだった・・・
予定よりハイペースで走った分だけ予定より早く疲れてしまった
最後に少しだけ登ってゴールした
タイムは31分40秒をオーバーしたくらいだろうか?

でも、単独なら32分30秒だな・・・
牽いてくれたり声をかけてくれたチームのメンバーや協調したCerveloの力があったから!
ついでに犠牲になったCannondaleも(; ・`ω・´)
こうして、高梁ヒルクライムは幕を閉じたのである!

~終わり~


もしもし、ザクさん 結果は?(;^ω^)


ザ:結果ではない! 頑張る姿が美しいではないか(; ・`ω・´)
~終わり~

・・・
わかったよ もう(´;ω;`)


●ミッション
 ①きゃのんと協力して優勝
 ゴール直後、きゃのんにタイムを告げると『またアカンかったな(;´Д`)』と同情された
 だいたい予想どおりと言うに言われず(; ・`ω・´)
 きゃのんが作った4分の貯金を私が2分食い潰すというお約束の結末
 急斜面だけではなく、緩斜面でも弱いという事を拡散する事になってしまった(´;ω;`)

 ②teamSUNZOKU 脱最下位
 またビリだった
 平均勾配2.6%のコースでMTBにも負けてしまった
 しばらくはドコを走ってもビリだろうな・・・
 脱最下位に拘った理由は来シーズンのチーム戦を見越してのことであった
 安定のビリならソロで参加しないと胃に穴が開くかもしれないし(´;ω;`)

 しかし、速くなる為の環境には恵まれている! このあたり悪運が強い!
 昨日から『速い人に相談して練習方法を再考すれば自分も速くなれるかもしれない』と考えている
 特に鳥飼さんは『個人的に話たい』という言葉を忘れてはいけないw かなり期待している!(本当に!
 

●結果
 【ロードレーサー男子B】31位(完走191人) 31分43秒
 【男女ペア】優勝(11組) 61分58秒(ザク:31分43秒 きゃのん:30分14秒)

●teamSUNZOKU表彰台
 【ロードレーサー男子B】3位 カメさん
 【ロードレーサー女子B】優勝 きゃのん
 【女子総合】優勝 きゃのん
 【MTB男子16歳~】優勝 YAMADAさん
 【男女ペア】優勝 MS-06K(ザク・きゃのん)
 【チーム】準優勝 SUNZOKU C(ちょしさん・カメさん・ヒムロックさん←最強の助っ人)

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

高梁ヒルクライム ~SUNZOKU狩り作戦~

HC大台ヶ原カップルクラス優勝
うっかりすると速い夫婦と勘違いしそうだけど然にあらず
優勝するカップルはどんなタイムで走るんだ?
リザルトを見たクライマー達は驚いた事だろう・・・
この優勝が私の貧脚ぶりを世に知らしめる結果になった

これはイカン(´;ω;`)
ザクさんイメージアップ作戦を実行しなくてはいけない!
そもそも、何故こんなにも遅っそいイメージが染み付いているんだ・・・
考えられる理由は下記2点である

理由1.きゃのんが速い
男女ペアでエントリーする場合、男性・女性それぞれで争うのが普通
争いの結果を合計して順位が多少入れ替わる事に面白さがある
凄く速い男性が女性をカバーする、夫婦で仲良く走るなどのケースもある
しかし女性が稼いだタイムを男性が食い潰しながら優勝するとか聞いた事がない
『穀潰し』みたいなイメージはここから来るのだ・・・
しかも、決定的に遅いワケじゃないから優勝できたりする
リザルトの一番上に衝撃的な結果が載るから余計にインパクトがあるのだ・・・
女性を働かせて遊んで暮らす『ヒモ男』を連想するのは無理もない話
趣味として夫婦でレースを楽しんでいるだけなのだが・・・

理由2.デッカイ猫が描かれたピンク色のジャージ
teamSUNZOKUのジャージが派手である
最近はレースに参加するとチームの誰かが表彰台に乗っている
そして『SUNZOKUにもいろんな人がいるよね』という程、大きなチームでもない
目立つジャージで『凄く速い人』と『まぁまぁ登れる人』が混在している 
そんなイメージだと思う
その中に『普通の人』が混じると際立って遅く映ってしまうのだ・・・
どのレースに出てもチームで最下位なので『SUNZOKUの遅い人』で間違いはない
そこに『ジェロニモ臭』がするのだろう
ジェロニモは超人ではなく、超人に憧れる人間なのだ・・・

家庭でもチームでも落ちこぼれ、ブログで愚痴をこぼす
幸か不幸かブログを見て下さっている方が多いから『貧脚のザクさん』が拡散するのだ・・・
そこにHC大台ヶ原のリザルト(ザク:1時間28分 きゃのん:1時間19分)でとどめを刺したという図式だ

これらを払拭するには存在感のある結果を出す必要がある
しかし、大台ヶ原から3週間で突然速くなれるはずもない・・・
ザクさんイメージアップ作戦として、ミッションを課すことにした

①きゃのんと協力して優勝
 ペアのタイムは62分30秒(ザク:31分30秒 きゃのん:31分00秒)と予想した
 30秒差くらいなら『ヒモ男』ではなく『共働き』くらいに映るだろう
 きゃのんさんは速いね! ザクさんもよく頑張ったね!
 賞賛の声が聞こえてくるwww

②teamSUNZOKU 脱最下位!
 平地に近い緩斜面なので私に向いているはずだ!
 このコースでビリならどのコースでもビリだろうw
 そして私以外は当日受付!
 徹夜明けで弱っているメンバーを叩くのだ!
 リザルトに体調は書いてないぜ!(卑怯な・・・


10月01日(土)
私ときゃのんは朝早く岡山に向けて出発した
国産ジーンズの生産が盛んな岡山で『桃太郎ジーンズ』を入手する為に!
目的地は倉敷市の児島地区に在る『児島ジーンズストリート』である!
10時過ぎに到着して、400m連なる商店街を見てまわった
お目当ての『桃太郎ジーンズ』は恰好良かった
白い2本線がザ・桃太郎ジーンズである!
しかし、購入しなかった・・・
ちょっと追加すればPISSEIのセットアップだか、OAKLEYのサングラスが買えてしまう!
そんな事を考えてしまったからだ
ホイールに10万出せてもジーンズに2万は出せないぜ!であるw

昼食を済ませレース会場のある高梁市に移動して受付を済ませた
試走するつもりでウェアを持っていたけどやめた 
児島見学で疲れていたから(ヽ´ω`)グッタリ
車でコースを下見した感想は次のとおり
 パレード区間が10km以上あるのでアップは必要無さそう!
 15kmのコースで登りは最後の600m 対策は必要く頑張るだけ!

宿泊先に立ち寄ってから高梁散策に出かけた
夕食には、鮎を食べた
時価の料理注文するには勇気が必要だ!
しかし、桃太郎ジーンズを購入していないので大丈夫だ!
こうして、OAKLEYが遠退いた(´;ω;`)
とても美味しかったので危ないトコだったけど、ノンアルコールビールで踏みとどまった!
ここで呑むとザクさんイメージアップ作戦に支障が出てしまう


10月02日(日)
当日は6時にチェックアウト 自転車の準備をして6時30分に会場入りした
SUNZOKUメンバーはすぐに発見できた やはり目立つ
何としても脱最下位作戦を完遂しなくてはならない!
俺は超人になるのだ! 頑張っている人間ではいけない!

開会式が終って、パレードランがはじまった
民家の軒先で、高梁ヒルクライムの旗をふって『がんばって』と声をかけてくれる
村をあげてイベントを応援して下さっている気持ちが嬉しい
天気の心配も無く走りやすい気温である! 体調も良い!

さぁSUNZOKU狩りの始まりだ! ヾ(゜Д゜)ノ ウケケケケ

つづく
内乱分子と化したザク豆腐! 結末はいかに!(リザルト出てるけどw

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。