プロジェクト大台ヶ原_017(DNS)

今回はブログを見て下さった方へ、結果を報告する為に記事を書いている

HC大台ヶ原をターゲットに定めてから、何としても80分を切りたくて、ライバルに勝ちたくて
レースの結果が華々しい成果になるか、残酷な現実に終わるかを決めるのは自分自身だと理解していた
だから目標タイムとレースまでの日程が脅迫的に襲ってくる事に希望と恐怖を覚えながら信貴山を登っていた

ところが、レースが1ヶ月に迫った夏、突然その日は訪れた
病院から帰道『追い込んだ練習ができないって事だよな・・・』と呟いた
その言葉を口にした瞬間、昨日までの直向きな情熱が綺麗に失われていることに気付いた
重圧から開放された安堵感 目標と実力が乖離している事への矛盾点 理由はわからない
ともかく苛立たしさはなく、急激に興味が薄れるような感覚であった
そしてDNSを決めた

9月に入って自転車を再開できる状況になった
1ヶ月の静養を挟んだのでペダルが重く、今でも『のどか村』が遠い
今後のヒルクライムは未定だが、復活したらまた遊んでやってほしい

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

プロジェクト大台ヶ原_016(底打ち ~反転の兆し~)

調子が悪いと気分が乗らないのは仕方ない事だと思います
しかし『気分が乗らないから自転車にも乗らないぜ』は、一線を退く事を意味します
ザク氏って前線に登場した事あったっけ (´゚д゚ )ノ` マユゲトレタ
という意味ではなく、意識の話です

流石の私も、レースで勝てない事はわかりました
これまで表彰台を目指していたけど、現実と離れすぎてシラけちゃった感じです
いや『4位もビリも同じ』って考えの是非を論じるつもりは無いんですよ
表彰台を目指して立派に戦い、実現している猛者も実在しますからね
『戦うからには頂点を目指す』ってのは普通の考え方だと思うのです

ただ、そこに重点を置きすぎると自身のレース参戦の意義に矛盾が生じます
その他大勢に紛れる為に、時間と金を使うって何なの?ってのは言いすぎですw
でも、漠然と中途半端な結果を繰り返す事に意味はなく、ターゲットレースを絞るべきです ※1
結果を出したいレースに絞って、キッチリ準備を進めなくてはいけません
※1『絞るべき』は私であり、レースの目的は個々に自由

その『出したい結果』を『表彰台』に特化すると『YOUは何しに大台へ』になるのです・・・
『表彰台は無理だけど、順位を上げる為に準備をする』のであれば、エントリーするレースが違います
これまでのレースでも、勾配が緩く距離が短いレースの方が好成績を収めています

順位は参加メンバーしだい!ヒルクライムは己との戦い!去年のオレを越えて行け!
まだ、コッチの方がわかる気がしますね
レースで80分を切るぞ!ってプロジェクトですけど、本当は単独走で85分を切れた方が嬉しいです
当日のレース展開で拾った一撃より、いつでも登れる地力が欲しいのですね

つまり、これが私の解なのです
 『順位』という結果に拘るなら、短距離・緩勾配のレースに照準を絞る
 『地力』という結果に拘るなら、そもそもレースに出る必要が無い

じゃあ、来年はどうするの?と言われると、やっぱり『HC大台ヶ原をターゲットにする』と答えます(笑
『順位』と言ったところで、第三者が見ればリザルトに埋もれているのでレース選択の要因にはなりません
『地力』という点では、レースという期日があったほうが集中して練習できます
つまり、拘りを持っているようでレースなら何でも良いんだろうと思います

それでも『HC大台ヶ原』と答える理由は『80分切りという現実的な目標を達成できていない』からです
富士ヒルのブロンズリング同様、達成すると興味が無くなるので今年次第でターゲットは変わりますがw
何にしても、この『目標を達成できていない』という想いが、私の考える『一線』なのです

じゃぁその為に『今何をすべきか?』というと、やっぱり『練習』なんですよね
調子の悪さ・実力の無さを嘆いているヒマがあるなら1本登って来い ガン( ゚д゚)ガレ
そんな感じで2日間のどか村周回をグルグル回っておりました

残念ながら『進まない・すぐに疲れる』の状況ではありますが、気付いた事がありました
不調も底打を打ったなコレは・・・ 2週間すればいきなりタイムが伸びるぞ・・・
今週末に感覚と記録が合うくらいになって、来週にそれを定着させて、週末に練習会で揉んでもらえば・・・
覚醒するじゃねか(*ノωノ)ぃゃん…

相変わらずサイコン無しの非効率な練習をしていますが、おかげさまで感覚だけは研ぎ澄まされています
とりあえず、19分40秒くらいの『のどか周回(左)』は、明日で18分30秒になるでしょう

何と言うか登ってれば状況は変わりますね ヒルクライムだから当たり前ですけど

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

プロジェクト大台ヶ原_015(80分?ぶっちゃけ無理でしょ)

仕事もなんとか一山越え、腰を据えて練習ができる環境が戻ってきました
少しずつ削ったタイムですが、落ちるのはアッと言う間ですね
自転車どころじゃないって時期もあったから今は乗ってるだけで嬉しいです
しかし、いよいよ厳しくなったのが80分切り
それでなくても、ムリっぽい雰囲気だったのに止めを刺されてしまいました
偉そうな事を言って申し訳ありませんでしたm(--)m

単走で89分だった時は、あと2~3分更新しておけば本番で狙えるって感覚でした
絶対に届かないって程の目標じゃないって思ったんですよ その時は・・・
今考えると、普通に練習・更新を続けるという前提が甘かったと思います
先月から今月にかけて、多忙を極めるを通り越した時期がありました
忙しいって字は心を亡うと書きます
こうなると、たまに時間が出来ても乗らなくなってしまいます
乗らなくなると、遅くなるので益々練習から遠のいてしまいました
仕事や家庭があって趣味が満喫できるのだから『普通に練習』って幸運なのですね

幸いにも環境が整ったので、もういちど大台ヶ原を目指す事ができそうです
しかし、80分切りを目指すには少し遅すぎました
『三日見ぬ間の仇桜』というやつですね

こうなると目標が難しいです
去年みたいに『オレがやらかすと戦犯』みたいな切迫感も無いですしね
無理を承知で80分を目指しても、自身が冷めた目で見ているので闘志が沸いてきません
カマトト目標もくだらないけど、適わぬ夢もくだらないものです
過去の自分を越えると茶を濁したところで、『それがどうした?』としか思えません
しっかり準備して、全力で戦うってのも上に同じ

やっぱり、人だかタイムだか『ターゲット』を撃破したい困った性格なのですよw

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

SUNZOKU錬に行ってきた


唯でさえ暑いのに耳障りな声を出すな(゚Д゚#)
蝉の聲に苛立ちながら向かったリビエールホールにメンバーの姿が見えた
練習用やワンピースなど種類が増えたチームジャージが妙に新鮮だ
茹だるような暑さの中、山を越えてとんかつを食べに行く
さしずめ『teamSUNZOKUの熱い夏!』と言ったところかw

私は走行会やイベントに参加する性格ではない
集団走行は好きだが、人見知りをこじらせているので談笑タイムが苦手なのだ
チームなら平気という事でも無く基本的に『お地蔵様』である
それでも『ザク氏だからw』と程好く放置してくれるのでチーム錬は楽なのだ
ただし、楽なのは人見知りを放置してくれるという部分だけ・・・
今回は、1号さん、YAMADAさん、novさん、masabowさん、コンソメさん、つるみんさん、ちょしさん、かめさん
出発前からピンチである・・・
これは大袈裟な話ではなく、真面目に危機的な状況だ
とんかつライドでレースみたいな走り方はしないから、ついて行けてしまうのだ・・・
これは、他のメンバーが7~8割で走っている所を1人だけ9割で走る事を意味する
ある意味、全くついて行けない方が楽かもしれない・・・
お見送りに来て下さったしんいちさんに手を振って、裏ぶどうへと出発した

こうなると頼みの綱はコンソメさんの不調である!
詳しく無い私が見ても、平地でポテンシャルを発揮するバイクに登りでの失速を期待するしかない
名付けて『本当は速く走れるけど、コンソメさんと平走作戦』伸るか反るか!結末はいかに!
しかし、運命の裏ぶどうに入った瞬間、コンソメさんは彼方へと消えてしまった・・・ 裏切り者め(゚Д゚#)
ふぅ、逆恨みしたところで状況が改善するワケじゃないぞ・・・ どうするオレ・・・
スタートから2kmで最後の力を振り絞らんとアカンのか?
そんな事したら、のどか村で自主解散する事になってしまうわ・・・
刻々と脚が削られていくのがわかる・・・ 詰んだ(;ω;)
その時である! 神が降臨したのは!!!
よく見ると降臨したのは前を走るYAMADAさんのボトルであるが、どちらも同じ事である!
しんどくて脚をつくのではなく、ボトルを拾う為に脚をつくんだよ! オレは!
ボトルを手渡した時『ありがとう』と言ってくれたYAMADAさんに『こちらこそ』と心で呟いた瞬間だった

のどか村からフラワーロードを越えると、白石畑へ続く下りがはじまる
ここで懸念事項が的中した 千切られて迷子になったのである
下りが下手な私は無理して追いかけると『突っ込む』『転ぶ』の2択しか無いような気がする
道を知っているという油断もあって、のんびり下っていると完全に千切れてしまった
普段通っている道を進んでルートを外れ、先に白石畑スタート地点に到着してしまったのである!
しかも『メンバーは先に登ったのだろう』と判断して後を追う気満々であった
しかし『先に登らないわなぁ』と考え直し、後戻りして何とか合流する事ができた
慎重に下るのは悪い事ではないけど、遅すぎると面倒な奴だと感じた出来事であった
アベレージが・・・系の走行会には参加しないけど、迷惑をかけない程度に練習が必要だろうか・・・
いや、待ってもらおう 下手なオレに『速く下れ』と言う方がどうかしているw

それから、白石畑を登ったけどキツかった 精神的に・・・
炎天下で山を越えた先に待っているのが『とんかつ』これは間違っている!絶対に!
しかし、予想に反してとんまさの前にはスペースがない程、ロードバイクが停まってた
『暑い時にとんかつが・・・』と言っている感性がオッサンという事なのかもしれない
少なくとも『おっさんテーブル』に座っていた面子には共感して頂いているとは思うのだが・・・

※おっさんテーブルとは・・・
 とんまさで2テーブルに別れた時、私が座っていたテーブル 他は 1号さん、YAMADAさん、novさん
 もう1つのテーブルは『青春テーブル』と呼んで頂けると良いだろう

しかし、まぁ次に『とんかつ』が食べられるは大台ヶ原が終わった後になるだろう
不調続きで、記録もヤル気も低迷していたけど、もう一度レースを目指そうという良い気分転換になった

勝負はここからだ!


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

げに恐ろしきストラバ・・・

おひさしぶりです!ザク豆腐です!

『三郷の王様をめざす』とか言うてたくせに11分42秒とか遅すぎないか?
そんな声も聞こえてきそうですが、それは気にしてないのですよ
満腹で暗い夜道を登るのだからベストから1分遅れくらい許容範囲です
王様から2分以上遅れてますけども(;´Д`)アウ

おかげさまでストラバにも慣れてきました
はじめる前は、方々にセグメントがあるから疲れそうと思っていました
しかし、実際は狙ったセグメント以外は興味がないので疲れませんね
狙ったセグメントですら更新云々が気になるのは先の話です
ヒルクラTTに載せてきた記録と開きがあるので、もう少し調子を上げてから挑戦します
そんなワケで、ストラバはログをとって喜ぶオモチャとして楽しんでおります
今後ストラバは『倒すリスト・叩くリスト』を整理する為のツールと進化を遂げる事でしょう
ターゲット以外に興味は無いのか?と問われるとそうでもなくスター区間を登った人のログを見ます
昨日は『GOTO氏が三郷を9分38秒で登っておるぞ!』と独りで盛り上がっておりました
流石に『ザク豆腐と申します!是非、牽いて下さい!』とはコメントしませんでしたけどw
そうなんです!ストラバはヒルクラTTと違って結果に対してコメントできるのです
でも、ちょっと前までは不要な機能という理由で気に留めていなかったのです
何となく、賞賛専用コメントみたいな意識があったのだと思いますね
 カ:更新おめでとうございます!
 ザ:ありがとうございます!今後もカメさんを目標に精進します!
う~ん 無いわ・・・ 茶番だコレは・・・
王様を目指すのに12分切れましたやあらへんで・・・
結局ストラバって興味のあるセグメントの情報を拾うツールなんだよなぁ
それ以上でも以下でもないわ~
そんな感じで惰性でログをとっていた夜錬の後で事件は起きました
 カ:しっかり走らんと非効率でっせw
 ザ:1km距離を伸ばしますわ!タイム据え置きでw
う~ん 無いわ・・・ 王様を目指すオレがサボっているログを公開するとか・・・
三郷~のどか村を20分以内×2本登る事にした私は、ハイテンションで夜錬に向かう事になりましたw
結果は1本目は18分くらい、2本目はDNS(雨が降ってきた)でしたけど8~9割で登れました
サボらなければクリアできる高くない目標だけど、今日は確実に2本とも20分を切ります
特別な結果を出すには普通を繰り返すしか無く、現在は普通の努力すらしていないという事だと思うので・・・

私が『GOTO氏スゲ~な』と閲覧してるという事は『ザク氏何してるねん・・・』を閲覧されているという事なのですよね
ストラバ・・・ げに恐ろしきアプリなり・・・

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

ザク豆腐

Author:ザク豆腐
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR